ねこかんす

新規導入機種の選定理由とか、まとめてみたりする。

CBR1100XX「ねこにこばん

[ リスト | 詳細 ]

管理人が乗るホンダCBR1100XX「ねこにこばん」について
記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

■ クラッチのスレーブシリンダを潤滑してみる

管理人のホンダCBR1100XXスーパーブラックバード「ねこにこばん」
長年の運用で、その油圧クラッチの操作に必要な握力が重くなったりすることがある気がするので、たまにはクラッチのスレーブ側の油圧シリンダも潤滑してみたりすることもある。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ クラッチの油圧シリンダー

CBR1100XXは、油圧式のクラッチ操作機構を装備していて、ワイヤー式のクラッチ操作機構のように、ワイヤーに注油が必要になったり、ワイヤーが伸びた分を調整したりする必要はない。
基本的に、手間がかからない、所謂「贅沢な」装備だったりするのが、完璧にメンテナンスフリーという訳でもない。
今回の場合、クラッチの操作に必要な力が大きくなってきたようなので、その対策として、スレーブ側のシリンダを潤滑している。

■ 作業とか
CBR1100XXスーパーブラックバード
イメージ 1


そのドライブスプロケットカバーに、クラッチのスレーブシリンダが取り付けられているので、
イメージ 2
ボルトを緩めた後、ドライブスプロケットのカバーを外し、


イメージ 3
スレーブシリンダを取り外す
画像中央の「棒」を押し込むと、この先のエンジン内部で「クラッチが切れる」ことになる。

スレーブシリンダを見ると、
イメージ 4
アルミの表面に錆が発生している。
周囲を磨いて、潤滑スプレーで潤滑しておいた。

■ 結果
スレーブシリンダの動きが軽くなり、クラッチの操作に必要な握力が下がった(ように感じる)。
たぶん、効果はそれなりにあったはず。






開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

■ CBR1100XXのエンジンオイルを交換

管理人が運用中のホンダCBR1100XXスーパーブラックバード「ねこにこばん」について
今回は、いつものようにエンジンオイルを交換しただけの話なのだが、他にネタがないのでアップしてしまう。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ CBR1100XXと、、活躍の場について(管理人の場合)

導入当初は主に北海道ツーリングを主用途として運用され、その後は比較的緩やかなカーブが続く道を、のんびり走ることを主用途として運用されている「ねこにこばん」
ここ最近は、時間的な都合から(短い時間内に走行距離を稼ぐために)高速道路を走る機会が多かったりするのだが、CBR1100XXは、高速道路を普通に走る分には非常に適した機種であることは間違いがない。
 
ただし、用途に適している事と、走って面白い事は、全く別の話であることも確か。
できることなら、高速道路以外の、緩やかに曲がりくねった道を、のんびり楽しく走り続けたいと思ってしまう、最近の管理人。
 
CBR1100XXが本来持っている素晴らしい能力の「ほとんど」を無駄にしてしまうその運用法。
「ねこにこばん」という名前は伊達ではないのだった。
 
(そんな用途なら、最近の250ccクラスの機種でも十分に楽しめるはずなのだが、いつもの厳しい諸般の事情により、当面は機種更新ができないので、もうしばらく「ねこにこばん」には活躍してもらわねばならない。)
 
 
イメージ 6
もうすぐ18年が経過
 
■ エンジンオイルの排出 (上抜き)
古いエンジンオイルを排出する前に、
イメージ 5
エンジンオイルの量を確認
 
イメージ 4
エンジンオイル注入口の穴に、オイルエキストラクター(オイルチェンジャー)のホースを挿入する。
(ちなみに、CBR1100XXの場合、オイルレベルゲージと注入口のキャップは別にある)
 
 
イメージ 1
オイルエキストラクターのポンプを手動操作して、タンク内を負圧にすると、
 
 
イメージ 2
ホースとパイプ内を古いエンジンオイルが通過して、丸いタンク内に古いエンジンオイルが溜まっていく。
 
ここで、
イメージ 7
オイルエキストラクターのホース(パイプ)を、エンジンオイルのレベルゲージ穴に挿入しておく。
ホースの先端基部洗濯ばさみを挟んで印を付けておく。
 
ホースをエンジン内に挿入する深さを変えながら、もっとも古いエンジンオイルを吸引できるポジションを探しておく。
イメージ 8
排出された古いエンジンの量
 
この際、
イメージ 9
オイルエキストラクターのホースと、オイルレベルゲージの長さを比較してみる。
 
 
イメージ 18
 
 
■ 古いのエンジンオイルの下抜き排出
「上抜き」で、エンジンオイルの排出が完了したら、
イメージ 19
エンジン下部のオイルドレンプラグ
 
オイルドレンプラグを取り外すと、
イメージ 10
エンジンオイルドレン穴から、残りのエンジンオイルが排出される。
 
今回、「上抜き」の後で「下抜き」を行ったところ、
イメージ 11
これだけのオイル容量が排出された。
 
 
イメージ 12
採取できた量はこんな感じ。
 
念のため、
イメージ 13
900ml容量のPETボトルに移してみた。
 
■ エンジンオイルフィルター
「上抜き」と「下抜き」を行った後で、
イメージ 14
エンジンオイルフィルターを取り外す。
 
 
イメージ 15
取り外したエンジンオイルフィルターのカートリッジと、排出された古いエンジンオイル
 
■ 復旧
 
イメージ 16
新しいアルミワッシャを使って、ドレンプラグを取り付ける。
 
 
イメージ 3
新しいエンジンオイルを注入し、
 
 
イメージ 17
オイルレベルゲージでオイルの量を計測。
異状が無いようなので、試走を済ませて作業完了としておいた。
 
 
今気がついたのだが、行った内容は、以前の
とほぼ同じ内容だったりする。
 
もちろん気にしない。
 

 「ねこかんす」 トップページ  http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
CBR1100XX「ねこにこばん」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/cbr1100xx_0000.html
 
 
 
 
 
 
参考 : ラジエターの保護に

CBR1100XX AGRAS ラジエーターコアガード

商品説明

《商品説明》
飛び石等からクラーのコアを保護します。
ステンレス製、エッチング仕上げ。
AGRASロゴ有りタイプと、ロゴ無しタイプ有り。

●適合年式:'99-'05モデル。
通常販売価格27,772円(税込)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

■ 理由をつけて走ってみる

先日、新しいヘルメット「アライのアストロプロシェード」を導入したばかりの管理人。
「その使い心地を確認してみる」という理由をつけて、ホンダCBR1100XX「ねこにこばん」で、そのへんを走り回ってみた。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で
■ とりあえず走ってみる
理由はつけてみたのだが、特に変わった事をする訳でもなく、ただ単に走るだけ。
イメージ 3
「ねこにこばん」@「ねこのすⅡ前えぷろん」
 
 
イメージ 1
アライヘルメットの「アストロプロシェード」
 
 
イメージ 4
ダンロップのロードスマート。
で交換したタイヤ。
トレッドの中央部分とサイド部分でゴム質が変えられているので、ほとんどまっすぐしか走らない「ねこにこばん」のような運用でも、「真中(だけ)減り」症状が出にくくなっている。
個人的には非常に管理人のバイクに適したタイヤだと感じている。
 
 
イメージ 5
その変のインターチェンジを目指して走り、
 
 
イメージ 6
そのへんの合流路で合流して
 
 
イメージ 7
走ってみる
 
 
イメージ 8
そのへんのインターで停まって、休憩
ちなみに隣はホンダCB1300SF
 
 
イメージ 9
休憩してばかりではヘルメットの試用にならないので走り出す
 
 
イメージ 10
観覧車がまわる、刈谷のハイウェイオアシスだったか。
 
 
イメージ 11
この日は強烈な横風が吹いていた。
サンシェードを動かしてみても、ヘルメットには特に影響は感じず。
 
 
 
イメージ 12
逆光でも、サンバイザーのおかげでそれほど眩しくない。
 
 
イメージ 13
 
 
イメージ 14
長島あたりのジェットコースター
 
 
イメージ 15
ジャンクション
 
 
イメージ 16
御在所PASA
 
 
イメージ 17
亀山
 
 
イメージ 18
 
 
イメージ 19
トンネル入口
 
 
イメージ 20
トンネル内
急な明るさの変化でも、サンバイザーを動かせば、視界の明るさを調整できる。
もし、手でサンバイザーを操作できなくても、ヘルメットを上下に動かせば、とりあえず前方の視界を確保できる。
(サンバイザーを使用しているとき、使用していないとき共に。)
この点では、眼球の近くにサンバイザーが位置する「インナーサンバイザー方式」(カムイやGT-Airのような)よりも融通が効くように感じた。
 
イメージ 21
夕陽
 
 
イメージ 22
暗くなってから
 
 
イメージ 23
暗くなってからは、サンバイザーを上げた(使用しない)状態で走行する。
前回の使用時にも感じたのだが、風切音はサンバイザーを使用する場合(シールドとサンバイザーを重ねた状態)よりも、サンバイザーを使用する場合(サンバイザーを上げた状態の方が静かだった。
 
イメージ 24
夜の観覧車
 
 
イメージ 25
そのへんの堤防道路
 
 
イメージ 26
タイヤ
 
 
イメージ 27
隣にセロー225W
 
 
イメージ 28
ホンダシャドウ?
 
イメージ 29
この日は紅葉で有名な寺も紅葉は見られず
 
 
イメージ 2
旧橋梁
 
 
イメージ 30
のどかな列車
 
 
イメージ 31
樽見鉄道らしい
 

■ アストロプロシェード

アストロプロシェードの使用感については、「可動式のサンバイザーが付いていない(普通の)ヘルメット」と大して違いがない。
もちろん、サンバイザーを使用すれば、日光等の眩しさを防ぐことができるという点は大きな利点。
あと、トップケースやシート下のトランクにヘルメットを収納する場合には、サンバイザーを展開中であれば、格納してから収納する必要がある。
 
■ 寒い時期には
寒い時期には、インナーサンバイザー方式(OGKのカムイ)の場合、外側のシールドは「ピンロック」を装着して(二重化してあるので)、呼気をシールドに吹き付けても、シールドは曇らないのだが、インナーサンバイザーに呼気を吹き付けた場合、インナーサンバイザーは曇ってしまう。
プロシェード方式の場合、呼気をサンバイザーに吹き付けることはないので、このような場合はサンバイザーは曇らない。
この点はプロシェードが有利だと思う。
 
■ 今後の確認事項。 雨の日は?
雨の日、インナーサンバイザー方式では「湿気が多くて曇り易い」という点を除けば、インナーサンバイザー方式にはそれほど問題はないだろう。
プロシェード方式の場合、眩しくてサンバイザーを降ろしていた場合、シールドとサンバイザーの隙間に雨水が入り込んで、前方が見難くなる可能性が考えられるが・・・ 現時点では雨の日にプロシェードを利用していないので、今後確認するつもりである。
 

「ねこかんす」 トップページ  http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
CBR1100XX「ねこにこばん」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/cbr1100xx_0000.html

 
 
 
 
 
 
 
参考 : 今回使用したヘルメット
 
!大特価販売中!

ARAI (アライ) ASTRO-PRO SHADE (アストロ・プロシェード)

メーカー希望小売価格:50,544円
通常販売価格35,380円(税込)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

■ 今回の目的は3個のヘルメットを実際に被って走って比較すること

先日、CBR1100XX「ねこにこばん」で高速道路を中心に少しばかり走ってみたので、概要だけアップしておく。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ 走ってみた・・・

今回は、特に目的地があった訳ではなかったりした。
 
イメージ 4
走行中の視界に近い画像
 
 
イメージ 1
少し頭を下げれば、大型化したGIVIのウィンドスクリーンのおかげで、高い防風効果が得られる。
 
 
イメージ 5
今回比較したヘルメット3個
・アライ アストロ プロシェード
・ショウエイ X-9
・OGKカブト カムイ
 
比較してみた感想等は、
 
ヘルメットの換装は、走行中には出来ないので、
イメージ 6
パーキングエリア等で交換することになる。
この日は日曜日で天気も良かったので、多くのバイク乗りを見かけることができた。
 
 
イメージ 7
走行中のバイク乗り達。
本当は手前のマツダ新型アクセラの方が気になっていたりした。
 
イメージ 8
ドゥカティ ディアベルだったか?
 
ヘルメットを何度も交換する都合で、
イメージ 9
今回は、パーキングエリア(PA)、サービスエリア(SA)等に入る機会が通常よりも多い。
 
イメージ 2
CBR1100XXとOGKカブトのカムイ
 
今回特に印象に残ったのは、OGKカムイの前方視界(開口部の上部)に曇り止め用のピンロックシートの端が入ってしまうこと。
ハンドルをVFR800用の純正ハンドルバーを流用して実質的にアップハンドル化したCBR1100XX「ねこにこばん」の乗車姿勢は、緩い前傾姿勢なのだが、進行方向・真正面を見ようとすると、ちょうどそこにピンロックシートでシールドが二重になった部分と、シールドのみの部分の境目が位置してしまう。
両者の間で屈折率も異なり、運転時には非常に邪魔に感じる。
 
ちなみに、スクーター(マジェスティS「ねこうめ」)や、オフロード系(XTZ125「ねこちやづけ」)等の「乗車姿勢が前傾姿勢ではない機種」に乗車している場合には、全く気にならないので、これからOGKのカムイを選定しようと考えているなら、利用予定の機種の乗車姿勢を確認してから購入した方が良かろう。
 
その他、管理人は「ひたすら走り続けるだけのツーリング」でも全く問題ないのだが、
イメージ 10
気になるモノを見かけたりすると、寄り道してしまうことも(たまには)ある。
かみごう名物カレーパン
(S&Bカレー 上郷サービスエリア下り線)
 
 
イメージ 11
たまご(目玉焼き?)入りカレーパン
 
走行中も、
イメージ 3
興味をひかれるものもあったりする。
 
 
イメージ 12
スズキジェベル250XC
 
お手軽に乗れる「スズキのジェベル200」は、管理人も「ほぼ日本一周ツーリング」で利用するなど、貧乏ツーリング等では重宝するのだが、脚回りのフニャフニャさには最後まで慣れる事ができなかった。
(低出力で重積載&坂道が苦手というのは、すぐに慣れた。)
これがジェベル250XCまで来ると、脚回りも格段に強化されて、より扱い易くなっているのだろうな。
(ちなみに管理人が過去運用していたのは、ヤマハのTT-Raid 今にして思えば、典型的な「売らなければ良かった機種」である。 スズキのジェベル250XCはDR250がベースだが、脚回りを見ると「200」とは造りからして違うので、フニャフニャということは無かろう。)
 
この手の機種は、
・車検が無く維持費が楽
・車体が軽く取り回しも良い
・実用上十分な出力や速度を発揮できる
・大型燃料タンクで航続距離も十分
・キャリアを装備して十分な積載性
という点で、非常に使い勝手が良い。
 
「最近、どうしてどこのメーカーもこのジャンルの機種を売っていないのか?」と思わざるを得ないのだが、管理人の感覚が市場とはずれているのだろうな。
 
強いて言うと、4ストローク単気筒エンジンで、街乗りでの実用十分な出力を得ようとすると、低速域でギクシャクしやすくなるので、どうせ買うなら、もう少し大型化した400ccクラス(あまり見かけないが、強いていえばホンダの400Xあたり?)を購入した方が良いという、メーカーの判断なのかと考えられなくもない。
 
管理人としては、CBR250R(MC41)のエンジンを積んだCRF250Lを試乗した際の印象から、最近の新設計エンジンであれば、低速域でもスムーズにまわるものができると思うのだが。
(せっかくのCRF250Lも、いまだに大容量タンクを装備したツーリング仕様は投入していない。 かつては「BAJA」もラインナップに加えていたホンダなのに。)
 
ヤマハはXTZ250や、テネレ250を持っていながら、国内には持って来ないし。
(全国チェーン店等が、テネレ250を少数でも良いので国内に販売してもらえれば、飛びつきたいキモチもある。)
 
確かに、ツーリングセローでも良いとは思うのだが。(航続力の余裕以外は)
 
 
最後はだいぶ脱線したようだがキニシナイ。
 
 
 

「ねこかんす」 トップページ  http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
CBR1100XX「ねこにこばん」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/cbr1100xx_0000.html

 
 
 
 
 
 
参考 : 予備レバーセット左右・・・
 
 
ALBA アルバ レバー BL-012-032-SL

CBR1100XX ブラックバード 97-00 ブレーキレバー クラッチレバー 左右セット カラー シルバー ALBA アルバ

適合
CBR1100XX ブラックバード [97-00] V/W SC35A
材質/特徴
カラー:シルバー セット内容:左右1本づつ計2本入り
ツーリングの際のスペアや補修用・日常ユースにお使いいただけます。レバーはバイクを操作する上で重要な部品ですので 、転倒などにより折れたり曲がったりした場合は早めに交換することをお奨め致します。
※注意※取り付けには専門技術者の下行って下さい。
装着後、ブレーキマスターピストン部分とレバーとの接地部分に適切なアソビがあるか確認して下さい。
メーカー希望小売価格:3,456円
通常販売価格3,248円(税込)

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

■ 北海道ツーリング1997 #10(10月3日) CBR1100XX & CBR1000F

「管理人」と、「管理人の先行試作型」が、「北海道ツーリング1997」に行って、帰ってきた際のおはなし。
管理人が北海道を離れる最終日は、たいていの場合「非常に慌ただしい」のだが、この年の「北海道での最終日」は、例年にも増して慌ただしく、やっと辿りついたフェリー乗り場で全くバイクを降りることも無く、そのままフェリーの乗船ランプに突入して、ぎりぎり間に合ったというような状態。
そんな「北海道ツーリング1997」の最終日、乗船したフェリーが小樽港を出発して、帰宅するまでをとり上げてみる。
本内容は管理人が行った活動の記録である。
文中の名称等は管理人が使用しているもので正式なものではない。
こんな記録を参考にせず、正しい情報を入手して、正しく活動されたい。
万一、参考にしてしまう場合には自己責任で

■ 1997年10月3日

船内用として若干の飲料・食料を買い出しした以外は、乗船準備らしい準備をしていなかった管理人達。
とりあえず、乗船して一息ついてから、食事を済ませて、北海道にお別れの祝杯をあげておく。
 
■ フェリー内
祝杯をあげたり、食事をしたり、風呂に入ったりしたのは間違いないのだが、全くその写真が残っていない。
それほど慌ただしかった今回のツーリングにおける北海道最終日。
 
朝になったら、北海道で購入しておいたイクラのパックを賞味してみる。
イクラといえば、普段は寿司の「軍艦」の上や、海鮮丼の上に載った小量のイクラくらいしかお目にかかれない何かと諸般の事情が厳しい管理人。
北海道でスーパーマーケット等に行くと、イクラがパックで売られているのをよく見かけるのだが、北海道のイクラが地元で売られているイクラよりも安いのかどうか分からないものの、「きっと北海道のイクラは安くて美味しいに違いない!!」と思い込んで、ついつい買いこんでしまう習性がある。
イメージ 1
この年も懲りずにイクラを買い込んできた管理人。
もちろん、自由に使える冷蔵庫が無いフェリー内。
日持ちがするものでもないので、急いで消費しなければならない。
普段はありがたがって食べるイクラだが、これだけの量があると、当然のように途中で飽きる。
結局、二人がかりでなんとか消費した。
 
■ 敦賀港にて
船内での写真はほとんど残っておらず、敦賀港に到着した管理人達。
イメージ 3
CBR1100XX
 
 
イメージ 4
CBR1000F
 
この後、翌日からの勤務に備えるべく、「ねこのすⅠ」までの距離を一気に走って、
イメージ 2
無事「ねこのすⅠ」に到着。
 
ひとまず、北海道から無事に地元に帰り着くことができた。
あとは片付け&明日の準備を行って就寝しておく。
 
以上で「北海道ツーリング1997」の本編は終了。
 

■ パノラマ写真とか

先日、「北海道ツーリング1997」中にレンズ付きフィルム(使い捨てカメラ)で撮影したパノラマ写真が残されていたのを発見したので、ここでまとめて取り上げてしまう。
 
■ 9月30日
9月30日の摩周湖あたりで、
イメージ 5
摩周湖
 
 
イメージ 6
霧の摩周湖と中島
 
 
イメージ 7
第3展望台?
 
■ 10月1日
イメージ 8
霧の屈斜路湖畔
 
イメージ 9
コタン温泉付近
美幌峠に移動し、
イメージ 10
美幌峠の上で
 
イメージ 11
記念撮影
 
国道39号線か、金山湖周辺か、狩勝峠あたりだと思うが、
イメージ 12
峠の途中で記念撮影
 
 
イメージ 13
しておいた
 
イメージ 14
狩勝峠
 
えりも岬に移動して、
イメージ 15
本編内でも紹介した風の館
 
 
イメージ 16
襟裳岬
 
■ 10月2日
今回紹介した、帰りのフェリー内で撮影した数少ない画像、
イメージ 17
後部デッキで休息中
 
 
イメージ 18
青空
 

■ その他

管理人と「管理人の先行試作型」は、何度か一緒に北海道ツーリングに出かけたのをはじめ、北海道以外のツーリングにも出かけていたりする。
そんな管理人と「先行試作型」について、今回北海道ツーリングから無事帰り着いた記念で少しだけ紹介してしまうと。
 
道の駅等で配布されていた資料で、
イメージ 19
「中部の道路整備の将来ビジョン」
 
 
イメージ 20
長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・名古屋市・建設省中部地方建設局
 
作成されたのが、
イメージ 21
1997年くらい
 
きっと、
イメージ 22
一家に一冊くらいはあるのでは?
 
その中の、三重県伊勢市おはらい町(おはらい横丁)を紹介する欄に、
イメージ 23
見覚えのある二人が居たりする。
 
 
忙しい人はもちろん、暇な人も全く興味がないだろうが。
 
 
 
 
 
機会があったら、経路図と「まとめ」を作る予定。

「ねこかんす」 トップページ  http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html
CBR1100XX「ねこにこばん」の部屋 http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/cbr1100xx_0000.html

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
条件付き送料無料
小分けが嬉しい!人気の北海道ブランドいくら醤油漬け。

北海道 いくら 醤油漬 (イクラ) 400g(100g×4個) 抽選会応募対象商品

小分けが嬉しい!人気の北海道ブランドいくら醤油漬け。<br>
■品名:北海道ブランドのいくら醤油漬け100g×4個、合計400g
原材料名
鮭卵、醤油、食塩、米発酵調味料、鰹節エキス、砂糖、ph調整剤、調味料(アミノ酸等)
原材料の一部に小麦含みます
■お召し上がり方:自然解凍してお召し上がり下さい
■消費期限:冷蔵保管で2日、賞味期限冷凍保管で90日。解凍後はなるべく早くお召し上がりください。
【ご注意事項】
※開封後は賞味期限内に関わらず、お早めにお召し上がりください。
※解凍後の再冷凍は風味を損ないますのでお避けください。
■発送方法:クール冷凍便【関東・東北・信越迄:送料無料|その他:別途送料400円|九州:別途送料600円|沖縄県・離島:別途送料1000円がかかります】
【ご注文をされた直後に届く確認メールには、送料は含まれておりませんので、ご確認ください。】
通常販売価格:3,980円(税込)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事