ここから本文です

書庫全体表示

4.不動産を買うタイミングに損得はあるか?
前回まで、主に物件の見分け方について書いてきました。
この章では、現在は「買い時」なのか否か、その見分け方についてお話しします。
ただ、考え方が「終の棲家を買う場合」と「買い替えを前提とする場合」で異なります。

(1) 終の棲家を買う場合
これは簡単で、『買うべきタイミングはありません。買おうと思ったとき、子供ができた、子供が大きくなった、そのタイミングで買えばいいと思います。
将来、売却することをほとんど考慮しないのであれば、その時点でいいと思える物件を購入するのが一番“幸せ”です。

この場合で気にしないといけないのは、住宅ローンの返済率に余裕を持つことくらいです。

(2) 買い替えを前提とする場合
先にも述べましたが、「マンション」には完全な所有権がなく、建替え等が難しいため、買い替えを前提にすることをお勧めしています。
その場合、最初の1軒の買うべきタイミング』というのは、やはり多少は考慮しないといけないのかなと思います。

イメージ 1
この図は、不動産の相場が上昇したり下降したりすることを表しています。
「買い替え」ということは、その決断をした時期の市況によって、
[相場が高いとき] 現在の住まいは高く売れるが、新居も値が張る。
[相場が安いとき] 新居は安く買えるが、現在の住まいも安くしか売れない。
ということになります。
要は、買い替えに相場はあまり関係ない、ということです。
#流動性に劣る物件でないことを前提にしますが。

ということは、最初に購入するときの相場は結構大事、ということになります。
相場が高い時に買うと、相場が安い時の買い替えが難しい場合があります。
住宅ローンの残債が、不動産の売却価格より多いと、追加での資金拠出が必要となる場合があります。

そう考えると、いくら「買い替えに相場はあまり関係ない」とはいえ、相場の天井で『最初の1軒』を買うのは慎重になった方がいいでしょう。

→ 次回、「タイミングを判断するデータの見方」

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事