ハイスタがアルバム出すそうですね





結論:失敗した気がします



イメージ 1

買った記憶が完全にないのですが自宅から石鹸見つけたのでこれを使いました

体洗う
ジーンズ穿く
ヒゲ・ハチノスを維持しながらウンコ座り(蹲踞)
シャワーで濡らす・石鹸を泡立てて手でやさしくナデナデ・シャワーで流す ←疲れて嫌になるまで繰り返す
水があまり滴らなくなったら扇風機の前に移動
5分ぐらい中腰で扇風機にあたる
辛くなったので脱いで天日干し

出来るだけウンコ座りor中腰を維持してヒゲ・ハチノスの維持に努めました  疲れた








その結果↓


イメージ 11

イメージ 2

イメージ 3


これ、天日干しで乾かした後の姿です   足は通していません   しっかりクセが残っています

ヒザは天日干し後でもまだ伸びています

…ハチノス、全然色落ちしていなかった…







イメージ 4

洗ったらヒゲなどの色落ちが少し分かるようになりました

油分が無くなりカサカサな質感






イメージ 5

洗濯前はテカテカしていた腿   糊が落ちて本来の青さ・生地のポコポコ感が戻りました








イメージ 12

ミミ付近  変な癖がついたまま洗ったのでしょう  変な色落ちしてしまいました

干している時に気付いて慌てて揉みほぐしましたが既にしっかりクセが付いていました





イメージ 6

それにしても糊落とし後1回の洗濯でここまでミミのアタリがクッキリ出たのは初めてです

乾燥機のおかげでしょうか?








イメージ 7

しかし天日干しのせいか変な洗い方をしたせいかパッカリングやミミのウネウネは無くなってしまいました

洗濯前よりもパッカリングが目立たなくなる異常事態

乾燥機は続けないとダメみたいですね…








イメージ 8

金属パーツは特に変化なし








イメージ 9

変な色落ちしたしパッカリングがなくなったし失敗したような気がします  これは困った







イメージ 10

ベルトループの色落ちも分かるようになってきました







素直に洗濯機・乾燥機を使えばよかったな〜と後悔しています

また、ハチノス部分は洗うことができなかったのでまだ糊が残っており色も黒いです


もし試したい方がいれば、シャワーではなくバスタブに水を張り、
変なクセがつかないように注意しながらナデナデする方がいいと思います

あとユニットバスの浴槽は小さくて大変でした(^_^;)


あまりオススメしません


ということで7〜9月の夏場は休憩です













撮影後足を通してみたところ、予想通りヒゲやハチノスはしっかり位置をキープしてくれ…














なかった









  




この記事に


一応毎月レポしているので



イメージ 1



イメージ 2


6月は暑くてあまり穿かなかったので変化なしです

前回より黒くなったように見えますが毎回撮影環境が違うので勘弁m(_ _)m






イメージ 3

ケツポケ入り口の縫製がベルトループのように盛り上がっているので上着とスレて色落ちしています

ここの縫製はウエアハウスらしいです






イメージ 4

丸まった赤タブを無理やりまっすぐに伸ばしてみました

どんどんボロボロになっているような気がします






イメージ 5

…洗濯したら絶対ズレそうな膝裏








イメージ 6

ミミ

太もも部分が色落ちしているように見えますが光が当たっているだけです






イメージ 7

裾も色落ちしているように見えますが光が当たっているだけです







イメージ 8

普段つけているベルト

バックルがめっちゃ黒ずんでる





イメージ 9

エッジが毛羽立っている箇所はコインポケットのリベットと当たるからです

床面を見ると他のヴィンテージワークスのベルトに比べて質が悪い気がします

稲フェスで安く買った昔のモデルなので気になりません





イメージ 10

一本一本裁断された後ぐるぐる回りながら染められるので色ムラが凄い

血筋(トラ?)もあります

味わい深くて好きです  革も伸びないしバックルもカッコよくて気に入っています






洗濯したいけど絶対ヒゲ・ハチノスがズレそう

なので穿いたままウンコ座りの体勢で石鹸で洗ったら面白そう (☆。☆) キラーン!!

そして穿いたまま扇風機で乾燥

濡れているときのほうが皺が定着すると思うので上手く行けば洗濯とクセ付けが同時にできそう


実験後レポートしたいと思います









お☆ま☆け




↑ハイスタ好きの方はこれ見ましたか?

ユーチューブのハイスタ動画見てるとインドネシアのファンのコメントやインドネシアに来てというコメントがあるので人気なのでしょうか?



イメージ 11




この記事に


遂にラスト!



ここからはマニアックな話^^




・補強 ほきょう ホキョウ hokyou

イメージ 13

見ての通りです

返し縫い(でしたっけ?)

とにかくホツレないように工夫されています

ヴィンテージレプリカだとどうしても決まった縫製になってしまうので新鮮に感じました






・沈み込むチェーンステッチ

イメージ 12

バックヨークとウエストバンドのチェーンステッチ

ステッチが沈んでいます

チェーンステッチはホツれると一気にホツれるので縫製糸が擦れるのを防止するための工夫でしょうか?

自分が持っている他のジーンズに比べて圧倒的に沈んでいます

なのでバックヨークの色落ちはウネウネではなく
盛り上がった部分が一直線に色落ちするような感じになるハズです






・前ポケのメリット&デメリット

イメージ 14
左:bridge 右:warehouse

色が違うのは気にしないでください(^_^;)

bridge展で試着したとき気になったのですが、ポケットに手を入れにくい…

何でだろうと思ったらポケット入り口のカーブが浅いのが原因かと

比べてみるとやはり浅い

さらに裏側のスレーキを2重にする補強により入り口が固くなりさらに手を入れにくい

逆に言えばポケットに入れたものが飛び出るのを防止するメリットがあるのかな?





・コバ こば koba

イメージ 15

上からサイドのステッチ、ウエストバンド、インシーム

その他なんとなくコバの幅が広いような気がしました






・おもしろいや〜つ

イメージ 1


コインポケットのリベット周辺の画像なのですが、赤の矢印部分

水平に走るステッチをすくっているというかステッチが上下に引っ張られています

…それだけです、ハイ…



イメージ 2

もう一個見っけ〜♪

それだけです、ハイ…




・ベルトループ

イメージ 3

↑これはwarehouse 

ま〜普通です



イメージ 4

↑bridge

バンザイ縫いをかなり引っ張っている

なのでカンヌキもウエアハウスに比べて下の方にある

それだけです、ハイ…







イメージ 5

フラッシャーというか封筒というか

中にはshingoさん手書きの手紙が入っていました

中身は内緒♪ こういうのはありがたいです^^





イメージ 6

デニムコースター

カフェイン中毒なのでコーヒー飲むのにピッタリ!

使いたいのですがモッタイナイ…






イメージ 7

02生地のサンプルももらいました




イメージ 8

金色のミミ




イメージ 9

固く目の詰まった生地です



イメージ 10

02生地




イメージ 11

01生地


ん〜よくわからん






ということで疲れました


denimbaさんのサイトは初期の頃からずっとフォローしていてbridge 1st 2nd 3rd SA と発売される度、欲しいなあと思いながら見ていました

これまでも購入する機会はあったのですがずっと自重していました

というのもbridgeは個人でやっているので、

注文が入る→生地織ります→裁断します→縫製します→金属パーツ付けます→完成しました→発送します

というように手軽に買えるものではなく、ある程度デニムを織って、ある程度まとまった数を縫製しなければならないもの(殆どのレプリカジーンズもそうですね)

欲しいときに作れるわけでも買えるわけでもない「ほぼオーダーメイドかつほぼ限定品」のようなジーンズ

そういった貴重な物をストックジーンズだらけの自分が物欲に任せて購入し穿かずに仕舞っておくのは作ってくれた人や他のユーザーさんに失礼なのではないか?と思っていました

で、なぜ今回購入に至ったかというと、bridge展でお二人と直接話ができた、試着できた、他に穿いてるジーンズがあることを伝えた、28インチの在庫が複数あった、ということでそろそろいいのではないかと…

つまりは物欲に負けたということです(^_^;)



今ウエアハウスを穿いていますが、出来るだけ早くbridge穿いて冬になったらウエアハウスと両方穿き込もうかなと思っています。

ヒロシ穿き?というのでしょうか?2枚重ねで穿くのも面白そうです^^



ということで久しぶりにいい買い物したな〜、いいジーンズ買ったな〜と思いました


いや〜疲れた


では

この記事に

開く コメント(10)


続きです





イメージ 2
驚愕のshingo special

裾上げ済みです

届いてビックリしました もはや真夏のホラー体験

これが噂の心霊スポットshingo specialか… 

何もしていないのにウネリまくるポルターガイスト裾

これに取り憑かれた人はshingo specialしか受けつけなくなるそうですヽ(^。^)ノ


今思えばオレンジとイエローの2色でお願いすればよかったな〜とちょっぴり後悔…

また、糊落とし後77cmになるように指定したのですが既に81cm… マイナス4cmで済むのだろうか…

長めに裾上げして2回ぐらいロールアップしようと思っていたのですが、
ウエアハウスのように10cm縮んだらまたホラー体験になりそうです

こわいよ〜こわいよ〜





イメージ 1
生地アップ1



イメージ 3
生地アップ2

説明不要の優秀な生地です
何となくですが作られた時期によって微妙な違いがあるような気がします
自分のは横落ち気味に弱テンション感が出ればいいな〜と思っています







イメージ 4
ウネるミミ


デラックスウエアほどではありませんが自然な雰囲気でウネるミミ

ダブルボランチさんのブログを読むと上手すぎるからこその悩みが(  

実際に見てみると苦労したんだろうな〜、と  なんだか愛おしいです^^

自分は注文の際、shingoさんに出来るだけ太めで不均一な物を選んで欲しいとリクエストしたところ、
全ての28インチを裏返して選んでくれました

体調が万全でない時期に裾上げやこういうリクエストしてしまい申し訳ないですm(_ _)m





イメージ 5

ウーム ご飯3杯コース(*´∀`*)

ただbridge展で見たところ、3rdはあまりミミの色落ちがあまり目立たないので穿く際は少し改造したいと思います







イメージ 6
革パッチ裏側







イメージ 7
色鮮やかな2色縫製







イメージ 8
隠しリベットもユニバーサル





イメージ 9
スレーキ





イメージ 10
レーヨンかな? denimbaのタグ




イメージ 11
リベット裏 ユニバーサル





イメージ 12
前たて裏側






イメージ 13
品質表示のタグ





イメージ 14
股の縫い合わせ 裏側





イメージ 15
裾上げのチェーンステッチはアウトシーム側から





イメージ 16
インシーム

チェーンではなくシングルでした

確認はしていませんが自分の持っているジーンズはほとんどチェーンステッチだと思います






イメージ 17
ピンクミミ

洗濯するたび色が落ちそうなピンク色

ミミは左右両方右綾 裏側に反り返っていてこれがミミの色落ちには重要らしいです








その3へ続く…

この記事に

開く コメント(0)



イメージ 1


bridge 3rd/01 28インチ



を購入しました


2nd28インチ・3rd28インチ・3rd29インチの3本を試着しましたが
3rd28インチ以外は腰回りに余裕があり股間部分が膨らんでしまうので即決でした

また、3rd28インチを試着した際shingoさんが「おっ、キレイだな〜」と呟いたのを聞き逃さなかった(☆。☆) キラーン!!

確かにとてもきれいなラインが出ていて自分でも思わずウットリ(*´∀`*)


bridge展に行く前は新生地の02生地を考えていたのですが、展示されているジーンズを見て気が変わりました

02生地の在庫もなかったしちょうどよかったです(←ちょっとだけ悩みましたが…)


太めのジーンズはたくさん持っているので最近は細いのが好みです





bridgeのサイトに行けばきれいな写真がたくさん見れますが一応自分でもレポートしたいと思います♪




イメージ 2
全体像


ウエスト 80.2
股上前  27.1
股上後  32.5
股下     81(裾上げ済み)
ワタリ   27.5
裾幅    18.5


細めです 
ほんの僅かにテーパードしていますが穿くとほぼストレート 
しかしスネ周りのバタつきが少ない優秀な形です







イメージ 3
腰回り


ローライズ過ぎずちょうどいい股上の深さ
太く荒いピッチの2色縫製が色鮮やかです






イメージ 21
フライボタンは4つ








イメージ 4
革パッチは…確認できない… せっかくなので糊落としまでこのままにしておきます









イメージ 5
ケツポケ

架け橋をイメージしたステッチと白タブ
僅かにRがかかったポケット入り口
荒々しいピッチの縫製がよくわかりますね







イメージ 7
麻糸と綿糸のコンビネーション

・ケツポケ入り口と架け橋のオレンジ糸はおそらく麻糸
・ケツポケの外周のオレンジ糸は綿糸
・架け橋のイエロー糸は多分…麻糸・・・かなぁ?

画像でどこまで表現できているか分かりませんが、麻糸は艶があり色が薄い印象です






イメージ 9
入り口の裏側はシングルステッチ

なぜか『29』の数字
28インチと29インチは同じ大きさのポケットを使っている、ということでしょうか???








イメージ 6
白タブ

両面タブの『スモールd』です^^
レーヨン製なので丸まってくれると嬉しいな〜






イメージ 8
ベルトループ

バンザイ縫い
中央も盛り上がっていて色落ちが期待できそう







イメージ 10
前ポケット表


イメージ 11
前ポケ裏


ぶっとい麻糸で特殊な縫いかた 糸切れし難くなるそうです
確かにbridge展で見たジーンズも糸切れしていなかった気がします
既にシワが寄っていてメシウマ(^○^)







イメージ 12
リベット

UNIVERSAL-DT- の刻印 DTって何???
艶消し加工

加工なしのほうが経年変化を楽しめるので残念…と思っていたのですが、
bridge展で見たジーンズは経年変化で塗装が剥がれ、鈍い光沢を放っていたのでこれもアリです!

ユニバーサルやスコービルなどの汎用パーツは好きではなく出来るだけ避けてきたのですが、ま〜しょうがない

ポケット入り口は麻糸
サイドの押さえの綿糸に比べて色が薄いのがわかると思います






イメージ 13
ミミがあからさまにはみ出したコインポケット







イメージ 14
股の縫い合わせ





イメージ 15
45度のVステッチ・長いベルトループ





イメージ 16
ボタンホールと前たて



イメージ 17
ボタン

一本爪のドーナツボタン
ブロンズカラー
アタリのつきやすい形のフライボタン





イメージ 18
コインポケット裏はミミ付き





イメージ 19
ポケット内側は切りっぱなしではなくしっかり折りこまれています





イメージ 20
スレーキはミミなし




長くなったのでその2へ続く…


この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事