ボクサーズロード2攻略

すべて表示

階級ごとの重視パラメータ、増量時メニュー

前項の記事に寄せられたoh2yes22さんの質問への回答を兼ねて書きたいと思います。

これはあくまで私の戦い方に即した意見なのですが、このゲームでは重量級ではスピードとスタミナの不足に苦しめられるものの、パンチ力が必要以上に付くという印象があります。
軽量級はその逆で、スピードとスタミナが必要以上に付き、パンチ力が不足していると感じます。

私はヒットマンスタイルで、なるべく被弾せず、ジャブとストレートを主体にアウトボックスで相手のライフとスタミナを殺ぎ落としながら、弱ったところを最後にラッシュで仕留めるという戦法を取っています。

この戦法だとまずよほどの格上でもない限り負けることはありませんし、かなり早い回でKO出来ます。
しかしパワー、スタミナ、スピードのどれ一つを欠いても成立しないのもこの戦い方で、その意味で軽量級ではパンチ力、重量級ではスタミナとスピードが相対的に低い点は黙って見過ごせないことなのです。

それでもどんな体格であろうと世界チャンピオンになったり防衛したりというレベルなら問題なくこなせるのですが、どうせなら自分の理想の戦いができるボクサーを実現させたいものです。

どうせ持て余すスピードとスタミナならば、その分の余裕をパワーに振り分けた方が賢いというものです。
ですから私は軽量級ではパンチ力重視・スタミナとスピード軽視、重量級ならその逆でちょうどバランスが取れると思っています。

フェザーは一般的には軽量級と中量級の間に位置付けられていますが、この階級もパンチ力重視の体格設定でいいエリアです。
スーパーライト〜スーパーミドルで中立、それ以上ではスピードとスタミナ重視を私は提案します。


増量時のメニューは一言で言えば「トレーニングに合わせない」です。
攻略本のP34〜37のメニューはトレーニングに合わせるあまり骨密度や塩分に配慮していないため、あまりおすすめはできません。

糖質・脂肪酸がだいたい妥当な量であること。
ビタミンD&Kとカルシウムが多めであること。
塩分が少ないこと。
この三つがもっとも大切です。

結局、糖質と脂肪酸と水分さえ妥当ならどんな食事メニューを組んでもトレーニング効率に大きな違いはなく、多少あったとしても3日で上がるところが4日かかるとかその程度のことです。
それならむしろ不健康や疲労に気を配ったメニューを組んで一つでも多くトレーニングを組み込めるようにすべきだというわけです。

私のメニュー例を参考までに紹介します。
Aマス寿司、ふぐさし×3、ヨーグルト×2
Bマス寿司、ふぐさし、タケノコの丸焼き×2、牛乳、煎茶
Cマス寿司、ふぐさし、ししゃも、納豆、りんご、煎茶
D水×2

A〜Cのどれか+トレーニング+Dを1セットにして組み込みます。
軽めのトレーニングならA、重めならCがいいでしょう。
トレーニング後には必ず水分を補給して疲労を最小限に抑えましょう。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事