リアル・タウン・ジャパン〜買主側に安心な不動産取引を〜

買主側(バイヤーズエージェント)専門の不動産仲介会社です

全体表示

[ リスト ]

道路について

基本的な事ですが、戸建物件を選ぶ場合にまずどんな道路と面しているかを確認しましょう。道路には公道とか私道とか県道とか市道等と色々なカテゴリーの呼び方がありますが、重要なのは建築基準法上の道路であることが最低条件です。建築基準法上の道路ではない場合、原則的に建物の建築ができません。また建築基準法上の必要な間口は2m以上ですが、都の安全条例では旗竿地の路地上部分が20mを超える場合の間口は3m以上の間口がないと建物が建ちません。よって該当する都道府県の条例をチェックする必要がありますね。
また、基準法上42条2項道路というのがあり、幅員が4mに満たない場合、対象地にセットバックしなければならない場合があるので注意が必要です。
これらは案内する不動産屋さんに質問してご確認する事をお薦めします。
理想は市道や区道として役所に認定されていて、建築基準法42条1項1号道路に該当する道路に接面する土地を選びたいです。幅員4m以上の通り抜けで、不特定多数が通る普通の市道等はこの42条1項1号であることが多いです。ただ、たまに見た目では普通の市道等に見えても、42条1項5号(位置指定道路)になっている場合があって、この場合、原則的には私道ですので、建物を建てる敷地以外に、私道部分の一部の所有権又は共有持分等が必要になりますし、その私道に面している所有者の方から掘削承諾を取る必要がある場合も出るので注意が必要です。
幅員についてですが、住宅の場合、理想は6mだと思います。4mでは街区の雰囲気が窮屈ですし、エリアとしての付加価値が出にくいと思います。また、幅員が広すぎると車の交通量が多く、居住環境が低下することが多いです。ただ、机上の数字はあくまで判断材料とすべきで、実際は現地で雰囲気を感じることが重要です。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事