NPO法人レッドリボンさっぽろ

NPO法人レッドリボンさっぽろの活動記録です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

こんばんは☆お疲れ様でございます!
アウトリーチ担当の沼田です。

6月17日-18日の2日間、当別町にある北海道医療大学の大学祭「九十九祭」に今年も出展して来ました。

2日間とも、1つの教室をお借りして、キルト展示やコンドーム展示、資料の配布等を行いました。
今年は、切り絵でレッドリボンの看板を作り、来ていただいた方にチェキとメッセージをこの看板に貼って頂きました。

また、18日は、ステージ発表も行い、学生さんや町民の方と○×クイズで基礎知識の確認しましたよ。

2日間合わせて100名近くの方にレッドリボンのバトンを渡せたかなーと思います!


また、今回の九十九祭2日間で
4,648円
の募金を頂きました。
当会の活動に使わせて頂きたいと思っています。


九十九祭当日、協力して下さった
服部さん、本庄さんと亮くん、青木さん、村形さん、秋山さん、
お疲れ様でした。
ありがとうございました!

また、青木さんと秋山さんは、車も出して下さり、助かりました。
ありがとうございました。

九十九祭に関わってくれた全ての方に感謝します。


今年の反省をし、来年つなげていきたいと思います。


最後に、今年度、初めて参加してくれたスタッフの秋山さんと服部さんの感想をご紹介します〜。
 
:+* ゜゚ *+::+* ゜゚ *+::+* ゜゚ *+::+* ゜゚ *+::+* ゜゚ *+::+* ゜゚ *+:

大学祭は学生時代以来で、話しには聞いていましたが地域の方々が非常に多くお越しになっていて驚きました。HIV/エイズを支援する団体なので来場された方には少し抵抗があるのかな?と思いきや、医療系の学校という事もあるのか、呼び込みをするとすんなり入って来て下さり、真剣に話を聞いて頂いていたのはちょっと意外でした。
ただ、我々には当たり前になっている医療の進歩による薬の進化や、それに伴うエイズ=死という概念は既に過去のものになって来ている事、そして即日検査についても知らなかったという来場者の方も多く、世間の人が思っているイメージとのギャップを改めて感じ、様々な場所で様々な人に情報を発信して継続することの重要性を感じ自分自身非常に勉強になった1日でした。
(秋山)
 
 
初めての九十九祭、初めての医療大、初めての当別町ということもあってわくわくした気持ちで参加しました。
わたあめ機の不調(気まぐれ)にも関わらず、大人から子供まで多くの人にレッドリボンの輪をひろげられてとても嬉しかったです。
キルトの展示でも来てくださった方が、それぞれクリスに思いをはせていて、心が暖かくなりました。
また学生さんも多く来てくれて、実際に活動に興味がある!うちの大学でもやって!という声もありました。この繋がりをどういかしていくかも今後の課題かなと思います。
またチェキは好評でメッセージを添えたレッドリボンツリーが1日目、2日目と出来上がっていくのはレッドリボンの輪の広がりを見ているようで素敵でした。
来年も多くの人にレッドリボンを知ってもらえたらなと感じました。
(服部)
:+* ゜゚ *+::+* ゜゚ *+::+* ゜゚ *+::+* ゜゚ *+::+* ゜゚ *+::+* ゜゚ *+:
 
来年は、あなたも、一緒に参加しませんか??


イメージ 2

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事