食料品が豊富で安い!全国ネットの卸問屋さん。

業務店さんから、一般家庭まで通販で食料品が安い!激安!卸問屋のホームページ! エッチttp://www.red-pine.jp/

日本を取り巻く環境と、思わぬ落とし穴。

被災された地域の皆様にはお見舞いを申し上げます。
救助活動も自衛隊だけでなく、復活しつつある自治体と、全国からの自治体の支援や企業、ボランティア団体と多種にわたっていますね。
心のケアもそうですが、衛生面や日常生活に近い復興や健康管理が一刻も早く、順調に進み、一日も早い被災地の皆様の生活が確保されるよう、お祈り申し上げ、支援を出来る形での協力をしたいと思います。

また、被害を受けた皆様には心よりお見舞い申し上げる次第です。
この災害で亡くなられた方には、ご冥福をお祈り致します。と共に御遺族様等におかれましては、お見舞いを申し上げます。
 
復興支援と受け取られ方のギャップ・・・
今日はココ最近の『僕が今、被災地の方に出来る事…』シリーズと平行して感じている事をお伝えします。
 
 
実はココでは公開していませんが、別のブログでも一部プロジェクトチームを立ち上げ、災害復興支援に対する僕らの出来る事で、支援物資を皆さんにも参加して貰って、沢山送れる(問屋さんのパワーを生かして、安くて早くて、安全に、確実に・・・って)方法を検討し、進んでいます。
 
その中でも、先日、ご意見を頂いていた、名付けて・・・
 
『皆さんの善意と僕らの思いも支援物資を現地に沢山届けましょう!』って企画、順調に?カタチに成って行きつつあります。
 
これは、あらためて御報告を入れる積りで居ります。

で、支援の支援!活動は相変らず続けておりますが。。。
ココ最近で、普段のお客様からの情報で得た、思わぬ事態をご紹介いたします。

それは、僕の仕事では、国内だけのお客様ではなく、海外各国にもお客様を持っています。
アメリカ・カナダ・中国・・・・ようするに、ヨーロッパ諸国もオセアニアもアジアも・・・
で、震災直後は未だ海外向けのお仕事で、オーダーをこなしていました。
ココ最近は、物資の調達もままならないので、支援に力を注ぐ為に、そちらのお仕事を一時休止しております。
で、今日のお話とは。
震災より、かなり前に出港した、カナダ行きの荷物と、震災直後に出港したアメリカ行きの荷物についてのリアルタイムな情報をココでお伝えします。
 
カナダとアメリカ・・・
支援物資や、人材支援など、手厚くしてくれていると思います。。。が。。。
法律が出来たそうです。
それも急遽。
日本からの荷物について、震災前に出荷された物でも・・・
自国に到着が、震災後の物に関しては・・・
全て、税関で放射能汚染検査が義務付けられたようです。
現在、各国の港では、その検査の為、荷物が混乱しています。
震災よりも約1ヶ月も前に出港した商品まで、例外なく検査の対象に。。。
で、製造年月日がもとより、製造メーカーの工場所在地や、そこから出国までのトレーサビリティーを提出しないと、検査を優先的にはPASSできず。
検査に何日かかるか分らない。。。
どう言う事だ。。。ってジレンマを。
確かに、自国の国民に対するリスクマネージメントする観点から、確かに正しい網掛けかもしれません。
しかし、海外の報道をずっと確認する中で…
過剰な報道が多いのも間違いない。
但し、これは声を大にして言いたい!
今日、この様な海外メディアの過剰な反応と報道、政府関係の自国の保全に対する過剰とも思える対応を招いたのは、日本の政府の情報公開のレベルの低さと、指導力の無さでしょう。
明らかにするものは、いち早く明らかにする!
安全なのか、そうでないのか。
日本の地域の中で、何処はどうで、それ以外の地域がどうなのか。
正直、今の政府報道と情報公開や、指導力については、一切評価に値しない。
このままじゃ、日本の復興の妨げになるばかりだ。
世界地図で見れば、確かに日本の大きさは、凄く小さい。
そりゃ、福島と大阪がどんだけ離れてるか。
日本人から見た感覚と、世界から見た感覚は全く違うと言う事をシッカリと認識すべきだと思う。
国外退去命令を国から貰っていると言う、お国の人も正直、意外と多いこともこの数日で知らされた事実であった。。。
世界の中の日本・・・
その立場と、今僕たちが出来る事、ソレと平行して、しなければ成らない、通常の仕事や責務。
これをシッカリと考えて声をあげたくなった、ここ数日でした。

.


みんなの更新記事