全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

久しぶりに、アイドルカードの箱開けをしました。
このブログで扱う、初めてのアイドルカードです。
というか、こちらのブログで開封記録を載せるのも初めてですね。

今回、開封したのは、
「アイドリング!!! オフィシャルトレーディングカード」

イメージ 1

彼女たちの出演している番組「アイドリング!!!」は、以前からCSで観ていました。
個人的には、初期から出演している一期生に思い入れがあり、
特に一押しなのが、
イメージ 2
アイドリング9号、横山ルリカ

ちなみに、二期生なら、
イメージ 3
アイドリング16号、「あみみ」こと菊池亜美

今回の開封で、どちらかのTシャツカードが引けたらいいなぁ、と思っていました。
もちろん、直筆サインが引けたら最高だとは思いますが、
今回の封入率では、直筆サインはカートンで数枚の確率。
しかも、20人のメンバーの中で2人のものを引く可能性など、限りなく低く……。
その分、Tシャツカードなら箱に1枚は入っているようなので、
まだ狙いのカードを引く可能性もあるかな、と。

まあ、狙いの2人のTシャツカードが引けなかったとしても、
1期生5人のうち、誰かが引けたら、今回の開封は成功という事にします。






そして、いよいよ開封。

全81枚のレギュラーカードは、数枚が足りないだけで、ほぼ揃いました。
9枚揃いのパズルカードを並べると、こんな感じ。

イメージ 4



そして、肝心のTシャツカードですが、結果は……

























イメージ 5

アイドリング8号、フォンチーのTシャツカードを引きました。
狙っていた通り、一期生が引けたので、とりあえず満足。
それでも、本当に狙っていたカードが引けなかったのは、やはり残念(笑)。
地道に、ネットオークションで探すしかないか……。

この記事に

開く コメント(8)

イメージ 1


MAKER: DONRUSS
BRAND: 「AMERICANA」
NAME :TYRONE POWER

***********************************************

ネットオークションにて入手

***********************************************

<主な出演作>
鉄血士官校 (1932)
ガールズ・ドミトリー (1936)
四つの恋愛 (1936)
勝鬨 (1936)
世紀の楽団 (1938)
スエズ (1938)
地獄への道 (1939)
雨ぞ降る (1939)
快傑ゾロ (1940)
血と砂 (1941)
剃刀の刃 (1946)
征服への道 (1947)
黒ばら (1950)
陽はまた昇る (1957)
情婦 (1957)  など



祖父、父が共に俳優である一家に生まれ、容姿にも恵まれた彼は、
20世紀フォックス社の若手人気スターとして売り出され、
数々のヒット作に恵まれた事もあって、ハリウッドでも屈指の売れっ子になります。

1940年に彼が出演した「怪傑ゾロ」は、
彼のような野性味のある二枚目俳優にとっては適役のようで、
古くは、ダグラス・フェアバンクス、
近年ではアラン・ドロン、最近ではアントニオ・バンデラスが演じています。

もともと舞台出身だった本人としては、
単なる二枚目俳優ではなく、実力派俳優としての道を歩みたかったようですが、
ハリウッドのスターシステムに組み込まれている立場では、
自分のやりたい事を自由に選べるような状況ではなかったようです。
今も昔も、若手人気俳優が悩み苦しむポイントですね。

それでも、30代〜40代になる頃には、
渋みや深みの加わった演技派として認められるようになり、
1957年の「情婦」の演技は高い評価を受けましたが、
そんな矢先の1958年、44歳の若さで急逝。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


MAKER: DONRUSS
BRAND: 「AMERICANA」
NAME :BOB DENVER

***********************************************

ネットオークションにて入手

***********************************************

<主な出演作>
「甘い暴走」 (1968)
「ティーン・ヒーローJ.J.」(1984) など


映画よりも、TVメインで活躍したコメディアン。
特に、1964〜1967年に放送された
無人島コメディ「ギリガンズ・アイランド」の主役ギリガン役で全米の人気者になりました。
「ギリガンズ〜」は日本でも放映され、
1966〜1967年に日本テレビで「ギリガン君SOS」の邦題で放送されていました。

嵐の中で座礁し、荒れ果てた無人島に流れ着いた男女数人。
何とか脱出しようとするが、毎回失敗してしまう。
大雑把なストーリーだけ書くと、どこか「LOST」っぽいのですが、
実際の中身は、一昔前のアメリカコメディらしい
ドタバタシチュエーションコメディだったようですね。
このカードの画像の顔付きからして、いかにもドジを踏みそうな顔付きです(笑)。

「ギリガンズ〜」のオープニングテーマ曲は有名で、
今でもアメリカ人は誰でも歌えるという噂。
日本でいうと、「ひょっこりひょうたん島」みたいなものか。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


MAKER: DONRUSS
BRAND: 「AMERICANA」
NAME : LORETTA YOUNG

***********************************************

ネットオークションにて入手

***********************************************

<主な出演作>
棚からぼた餅 (1928)
愛すればこそ (1929)
放蕩息子 (1930)
プラチナ・ブロンド (1931)
飢ゆるアメリカ (1933)
濁流 (1934)
十字軍 (1935)
スエズ (1938)
無宿者 (1945)
ストレンジャー (1946)
ミネソタの娘 (1947) ……アカデミー主演女優賞
荒原の女 (1948)  など



1927年、14歳で映画デビューすると、
1930年代には年間7,8本もの映画に出演する人気女優に。
しかし、その人気に反し、賞には全く縁が無かったようで、
ようやくアカデミー賞主演女優賞を受賞したのは、34歳の時。
キャリア20年目にして、やっと掴んだ栄冠に、
受賞スピーチでは、涙で声を詰まらせたそうです。

21歳の時、映画で共演したクラーク・ゲーブルと関係を持ち、彼の子を妊娠。
しかし、ゲーブルは妻子ある身であった為、妊娠を周囲に隠したまま、極秘出産。
晩年まで、彼の子である事を隠し続けたそうです。

晩年は、自分の冠番組であるTVドラマ「ロレッタ・ヤング・ショー」で活躍して、
エミー賞ドラマシリーズ部門の主演女優賞も獲得しています。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


MAKER: DONRUSS
BRAND: 「AMERICANA」
NAME : GENE TIERNEY

***********************************************

ネットオークションにて入手

***********************************************

<主な出演作>
地獄への逆襲 (1940)
砂丘の敵 (1941)
天国は待ってくれる (1943)
ローラ殺人事件 (1944)
哀愁の湖 (1945)……アカデミー主演女優賞ノミネート
呪われた城 (1946)
幽霊と未亡人 (1947)
草原の追跡 (1952)
野望の系列 (1961) など



1940年代を代表する美人女優の一人。
このカードの画像を見るだけでも、確かに美人である事は分かりますから、
スクリーンで演じる姿は、誰もが目を奪われるものだったのでしょうね。

こんな美人が華やかなハリウッドにいたら、周りの男達が放っておく訳もありません。
俳優ミッキー・ルーニー、大富豪ハワード・ヒューズなど多くの男達と浮名を流した後、
有名デザイナーのカッシーニと結婚。

「天国は待ってくれる」「ローラ殺人事件」の演技が評価され、
人気女優となった彼女ですが、プライベートでは夫と別居。
その別居中に出会ったジョン・F・ケネディ、大富豪アリ・カーン王子と恋に落ちるも、実らず。
結局、カッシーニとも離婚してしまいます。

1950年代以降の出演作は評価されず、女優としては頭打ちになりますが、
プライベートでは、1958年に石油王のW・ハワード・リーと再婚。

交際相手・結婚相手が全て有名人か大富豪。
華やかなハリウッドスターの世界というか……
いつの時代も、美人は得だな、という安易な結論に落ち着いてしまいます。



にほんブログ村 外国映画(洋画)
https://movie.blogmura.com/movie_foreign

この記事に

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事