モンテ

九州はヤニ吸い多いな…www

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

http://fesoku.net/archives/9260918.html

ここまできたらわかりやすいバカとしか言えんな〜www

しかし、よくみたら、ブサイクばっかりなんやけど…www

なんで人気してるのか全くわからない…www

東方神起とか他の韓流アイドルの方がまだマシちゃうか?w
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-288.html

●女真族は百済の血筋として済州島に流され、熊野大社につながります。

これと敵対していたのが新羅につながる漢民族で、この漢民族に後から合流したのが客家人。

客家人がどこから渡来してきたかというと、ペリシテ人というパレスチナを拠点にしていたラクダのキャラバンで交易を行っていた民族です。●

済州島は大阪の生野区とも繋がりが深いw

●日本統治時代
1910年の韓国併合で大日本帝国の領土となり、1945年まで朝鮮総督府によって統治されていた。1922年に島と大阪をつなぐ直行便「君が代丸」が就航すると多くの島民が労働のため日本内地へ渡航し、彼らが集住した猪飼野周辺には後の生野コリアタウンの原型が形作られていった。●

これも面白いw

http://walkermini.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

ただ、集団ストーカーは…www

しかし、集団ストーカーってなきにしもあらずやとは思う

大半が糖質の妄想やとは思うんやけどねwww

その人が見たり聞いたり感じたりする事を100%信用する事など出来んからねw

北朝と南朝の上部は繋がってて
なんも知らん下っ端が争ってるとか、なんかパヨクとネトウヨの争いみたいやねwww

アラブのパヨクwww

http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-204.html

コミュニスト=テロ組織といっても過言では無い証拠がこちら

●今、注目のシリアが共産圏だったんですね?

憲法に「バアス党一党独裁による国家の指導」、「社会主義」を明記。

正式名称はアラブ社会主義バアス党(BASP)。現在のバアス党政権は、その他の社会主義、共産主義、民族主義政党と連立して、翼賛組織「進歩国民戦線」(PNF)を結成している。
1940年12月にニーチェ、マルクス、ヘーゲル、フィヒテ、ベルグソンの思想に影響[7]を受けたアラウィー派アラブ民族主義者ザキー・アル=アルスーズィーとその弟子たちがダマスカスで秘密結社「アラブ・バアス党」として結成。

2003年4月にアメリカの侵攻によりサッダーム・フセイン政権が崩壊すると、大半の党幹部が隣国シリアに逃亡した。5月にはアメリカ軍によりバアス党の解党宣言、連合国暫定当局により「非バアス化指令」が出され、バアス党の元幹部党員に対する公職追放が行われた。これにより、旧政権下で働いてきた公務員や教師、大学教授、裁判官、警官、医師らが一斉に失職した。

2010年4月28日、サッダームの誕生日に合わせてシリアの首都ダマスカスで、フセイン政権崩壊後初のイラク・バアス党の集会が開かれた。集会で演説したバアス党幹部のガズワーン・アッ=クバイスィー(Ghazwan al-Qubaisi)は、アメリカの「占領」を非難し、イラク国民の団結を呼びかけた。また、イラク現政府に対しても「全てのバアス党員とナショナリストの政治参加を妨害し、国民再融和から離れた」と批判した[12]。バアス党内の分裂についても否定し、サッダームを「英雄であり殉教者」と認定し、イラクの国民的抵抗を支持続けるとした。集会には約500人が参加し、シリア文化省が所管するホールで行われた。[13]

2011年10月、イラク政府は国内でのテロを企てていたとして旧イラク軍将校を含む620人もの元バアス党員を拘束し、加えて350人の元党員に対して逮捕状を公布したと明らかにした。●

なんだ、サダムフセインは、いわゆるアラブのコミュニストだったんやね〜www

バアス党って知らんかったけど、
マルクスとニーチェを取り入れたのなら、極右と極左とアナーキズムを同時に受け入れるまさにテロリストに都合のよい思想やねwww

バアス党自体が大量破壊兵器に匹敵する危険分子、ヘッセン陣営が
育てたニトロ爆弾みたいな存在やな〜w

テロとの戦いってのをもう、コミュニストとの戦いに変えたらどうかな?www

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事