どろんこ紳士

糖尿病からくる白内障の手術待ちのため、只今ブログの更新を休んでいます。ご免なさい!

全体表示

[ リスト ]

映画「マンダレイ」

イメージ 1

『ドッグヴィル』に続く、ラース・フォン・トリアー監督による“アメリカ三部作”の第2弾。アメリカ南部の農園を舞台に、奴隷制度を題材にした物語をミニマムな舞台装置の中で描いた心理サスペンス。主演は『ヴィレッジ』のブライス・ダラス・ハワード。 1933年、ドッグヴィルの町を去ったグレースたちは、アメリカ南部の大農園“マンダレイ”に辿り着く。彼女たちが訪れたこの地は、奴隷制度が未だに残る閉ざされた世界だった。グレースは黒人たちを助けようとするが…。(Amazonの作品紹介より)

 これを傑作と称する人もいます。監督はデンマーク生まれのユダヤ人。そんなバックボーンの監督が、飛行機嫌いでアメリカに行ったことがないのに、その国の奴隷制度や人種差別を描こうとするのだから、どうしても無理が生じてしまうのではないでしょうか? 傑作という人も、ボクとではバックボーンが違うので、その人の中では真実。「傑作」なのでしょう。
 でも、前作の「ドッグヴィル」の緊張感が素晴らしかったので、どうしても比較してしまいます。その緊張感を味わいたくて観たのですから。
 監督がアメリカ人ではなく、アメリカに行ったことがないことも後になって知りました。それを、さもありなん、と感じたのは、観ていて何かしっくり来ない居心地の悪さを感じていたからです。奴隷制度にしても人種差別にしても、当事国の問題提起とは思えない浅さを感じました。何となく歴史の教科書を読んでいるような・・・。

 主人公は前作「ドッグヴィル」の主人公と同じグレース。設定事物は同じなのですが、演じる女優さんが変わりました。それだけでも作品から受ける感じは変わるもの。前作のニコル・キッドマンは演技開眼と思えるほどの力演でしたが、メイキングで語っていたように、この監督との仕事は「もうこりごり」だったようです。観ていても厳しい演出が伝わるような作品でしたから。
 
 でも、何故、デンマーク生まれで、コペンハーゲンで勉学を積み、アメリカに来たことがないユダヤ人の監督が「アメリカ三部作」を描こうと思ったのでしょう? 作品よりその方を知りたいと思いました。
 この作品を観ようか観まいか迷っている人はいないと思います。何の参考にもならないとは思いますが、もしご覧になった方がいたとしても、この作品だけで監督の力量を計らないでください。
 また、傑作と捉える見方もあるのですから、ボクが見取れない「何か」があるのかも知れません。「価値観」とか「感性」とかを語ることは難しいものですね。



 映画評論家(昔は映画批評家と言っていたそうです)と自称している人たちは、自分の感性を切り売りしているので、それと自分の感性を計る必要はありませんね。自分が面白ければそれが「傑作」。最近、つくづくそう思います。
 評論家が商業映画のコマーシャルをして良いものでしょうか? その人の作品紹介の中には、そこからお金をもらっている作品が含まれているのですから、どうしたって公平ではなくなるでしょう。タミフルの研究・分析をしている科学者に援助している製薬会社と同じような心配だって…。

 それと、最近「オーラの泉」の感想を書かなくなりました。書かないだけではなく観なくなりました。お二人の別の番組も同様。ボクと感性が合わなくなってきたので、観ていても心地よさを感じなくなったからです。
 なので、水曜日の夜中が暇になってしまいました。だから、この日は「早寝日」にしようと思っています。

 久しぶりに長い文章を書いたので、何となくまとまりのないものになってしまいました。多謝!!


追伸:この映画、奴隷制度や人種差別だけでなく、イラク戦争についても言いたかったらしい。そういう時事漫画的な表現は、その時は面白いが普遍性を持たせるのが却って難しくなる。観る人がそのこと気付かなかったら、監督は観客の見方の浅さを非難するのだろうか? 
 作品を通して、人間を描こうとしたのだろう。それを必死で読み取ろうとする姿勢が必要なのだろう。その点で、ボクとは方向が異なっていただけ。
   感じ取りが浅いよ!って怒らないで下さいね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事