My London Note By REIKO MITANI

☆美味しいお菓子とロンドンのご紹介☆

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


昨日はシードケーキを2種類焼きました。 このシードケーキとは、キャラウェイシードを使うのが本来の『シードケーキ』ですが、最近はスターバックスでも、多くのレシピ集でもキャラウェイシードの代わりに、ポピーシードを使用しています。(写真上) 初めてシードケーキを家で作った4年前は、その独特な香りに抵抗を感じてしまい、それきりになってしまったのですが、先日発見した古典的なレシピの方はとても美味しく出来ました。   

このシードケーキは、中世の頃から親しまれているお菓子で、チャールズ・ディケンズの『デビットコパーフィールド』や、アガサクリスティーの『バートラムホテルにて』等、本にも度々登場します。 今回両方作ってみて、私も夫もキャラウェイ入りのケーキのほうが気に入りました。

そして今回はキャラウェイシードケーキの写真と共に、シードケーキが出てくるバートラムホテルのアフタヌーンティーの様子を抜粋して締めくくりたいと思います・・


セリナ夫人:ロンドンでマフィンを食べられるのはここだけよ。つまり、「本物の」マフィンね。  あなたご存じ?去年アメリカに行ったらマフィンと「呼ばれる」ものが朝食に出てきたの。でも、実際あれはマフィンではないわ。レーズンが入っているティーケーキの一種ね。 
私が言いたいのは、どうしてあれをマフィンと呼ぶのかしら・・

  給仕 :奥様何かお取りしましょうか?ケーキはいかがですか?

セリナ夫人:ケーキ?

  給仕 :美味しいシードケーキがありますよ、一番のおすすめです

セリナ夫人:シードケーキ?もう何年も食べていなかったわ。それは「本物の」シードケーキよね?

  給仕 :もちろんです奥様。もう何年も前からずっと同じレシピで作っております。喜んでいただけること間違いありません。


と、何も変わらないそしてそのあまりにも昔のままを保存するバートラムホテルにミス・マープルは怪しいと思い始めるのです・・  この作品はマープルシリーズで私の一番好きなものです☆

イメージ 2


 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

きょう、NHKBSで、「バートラム・ホテルにて」が放送されました。
このホテルで、こんな会話が交わされていたんですね。
このシードケーキ、すごく美味しそう!(^^)

2010/3/23(火) 午後 11:29 トッティー


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事