ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

レイマンション オーナーの臼井です。

只今、401号の改修(リノベーション)作業中です。

今回は、キッチンの無垢材について写真が届きました。

401のキッチンは、白いタイル張りの部分と、無垢の木製部分のダブル構造になります。

タイル部分では、野菜など具材を切ることになり、無垢の木製部分では、キッチン家電を置いたり、椅子と組み合わせて、軽く食事を食べれたりするそうです。
高さも、それぞれ別になっており、無垢の作業台部分は、食事も食べやすい高さになるそうです。

デザインは、無垢の木材とタイルが相まって、カントリー調だそうです。
小さな、カフェ風ですね。
イメージ 3


もう一枚、キッチンについて、写真が届きました。
なんと、職人さんのアナログテクニックだけかと思いきや、キッチンに使う照明器具も一流料理店や美術品にも使われる高品質LEDを採用するとのことです。

このLEDを使うことで、食材が美しく目に届き食事を豊かにしてくれるそうです。
簡単に書くと、食べ物は美味しく見え、お気に入りの食器はより綺麗に映るそうです(無垢の木材部分も?)。

イメージ 2



メーカーHPより
汎用LEDは赤色の発色が足りず、今回採用するLEDはしっかり発色されるように開発された物のようです。
他にも優れている点があるようなので、興味がある方はKKテクノロジーさんHPを。
イメージ 1



確かに、電球は大切です。
職人さんのアナログテクニックと最新の科学技術のミックス。
良きキッチンスタイルになればいいですね。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事