ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

401号には物置があります。
そのドアには、洋館で使われていたアンティークドアを移植しました。

神戸・三宮の異人館にありそうな物です。身の回りですと、カフェや美容院、店舗などで置いているドアと、表現する方が分かりやすいかもしれません。
ですので、良い感じに塗装が剥げていたり、なんとなく傾いていたりします。

この感じこそ「本物の感じ」、とアンティーク好きの方はよく言われます。

ドアノブも、そのまま。丁番もそのまま。

ショップやカフェなどで使われているアンティークドアも、同じようにピタッとはまっていなかったりします。

大阪のアンティークショップや、神戸、元町のカフェに行ったときに、同じようなドアを見つければ、私の部屋にもあるぞと、ニンマリするかもしれません。

カフェやショップにしか無いような洋館のレトロドアでマンションライフを楽しんでください。
イメージ 1


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事