ここから本文です
サンライズエクスプレスのブログ
のんびりとクロスシートで旅するのが大好き〜♪ 旅に撮影に何でもありの鉄道ブログです。
2019.2/24 とりてつ1からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35320867.html

先ほどの多度津駅と多度津工場での撮影を終えて、どこかで代走の撮影でも出来たらなと思いながら車を走らせていましたら、ちょうどきれいに咲いている菜の花畑を見つけました。

そんな訳で、菜の花畑の脇で撮影をする事にしました。空の色はイマイチですが…。正直、天気は薄曇りなんですよね。


まずは上りの“南風14号”から。

イメージ 1

[予讃線 讃岐塩屋-多度津 44D南風14号]


続行の7200系“快速サンポート南風リレー号”です。

イメージ 2

[予讃線 讃岐塩屋-多度津 140M快速サンポート南風リレー号]


次に畑の反対側に移って普通列車を。本来は、こちらの方が順光なんですが、この日は薄曇りですのであまり気になりませんね。ただ、電線が邪魔ですが…。

イメージ 3

[予讃線 讃岐塩屋-多度津 1235M普通]

残念…。黒い車に被られました。先ほどまで撮影していた菜の花畑の向こう側に道路が有りますので。


続いて8000系の“しおかぜ+いしづち13号”です。

イメージ 4

[予讃線 讃岐塩屋-多度津 13Mしおかぜ13号+1013Mいしづち13号]

この時は大丈夫でしたね。


そして、また最初にいた側に戻って8600系“しおかぜ+いしづち18号”を撮影です。

イメージ 5

[予讃線 18Mしおかぜ18号+1018Mいしづち18号]

黄色い菜の花と黄色が主体の8600系のコラボです。ただ、もう少し晴れていた方が色が映えそうでしたが…。やっぱり黄色い115系とのコラボの方が良さそうですかね?

まあ、きれいな菜の花畑で撮影出来たので良かったですわ。だんだん暖かくなってきていますね。

ただ、代走は来ませんでしたが…。


さてさて、Yahooブログ終わっちゃいますね。運営側の事情なんでしょうが、これからどうしましょうか?

主に夏の海水浴シーズンだけ開設される牟岐線の田井ノ浜駅です。季節はずれながら、先日の撮影の時に訪れました。

イメージ 1

イメージ 2


1964年(昭和39年)7月11日 国鉄牟岐線の臨時駅として開業され、JR化と同時にJR四国の臨時駅になりましたので、歴史は古いですね。

冒頭にも書きましたが、主に夏場の海水浴シーズンだけ開設されます。駅を出ると、すぐに砂浜に繋がっています。

イメージ 4


2両編成がやっとのホームに特徴的な形をした2階建ての待合室がある見ていて楽しそうな駅です。訪れたのは季節はずれですの冬ですが、夏場は海水浴客でにぎわうんでしょうね。

イメージ 3


木岐方には田井ノ浜海水浴場の看板が有りますが、この看板の有る場所には踏切がありません。くれぐれも線路を横切るには注意して下さい。駅の反対側に踏切があり駐車場もありますので、海水浴にはそちらから入ったほうが安全ですね。


ちなみに、駅周辺の砂浜は近くの小高い山から見下ろすことができます。

イメージ 5

イメージ 6




ちょうど、長閑にローカル列車が通過していくところでした。

イメージ 7

こんにちは。

昨日の日曜日、午前中はぼーっと過ごしていたのですがお昼前にアスリーのカレーが食べたくなったので多度津方面へと車を走らせました。ついでに多度津工場にでも寄り道しようかと思いまして。

約1時間弱で到着です。着いたのが、ちょうどお昼頃でしたのでちょっと混み合っていましたね。それでも待つことなく食べることができました。

イメージ 3

イメージ 4


注文したのはエビやイカが入った“シーフードカレー”です。大きめのもっちもちのナンが嬉しいサイズです。カレーも程よい辛さで美味しかったですよ。


食べてから、多度津駅横で列車を見ながらちょっと休憩していたら4番線に入って来たのは、なっ…なんと2600系!

イメージ 1

[予讃線 多度津駅 ----? 2600系]

イメージ 2

[予讃線 多度津駅 ----? 2600系]

前面の電光掲示のヘッドマークは早々と“回送”を表示していました。全車が岡山行になった“しおかぜ”の“いしづち”代走でしょうか? 時間的には“しおかぜ+いしづち11号”の時間です。

まさか、多度津で2600系が見れるとは。驚きです!

その後、駅構内を転線して反対側の側線に留置されました。代走がある時は、だいたいこのあたりに留置されていますが…。

その留置された先には8600系も止まっていました。おまけにグリーン車付の3連の基本編成です。この列車以外にも代走があったみたいですね。

イメージ 5

[予讃線 多度津駅構内 2600系・8600系]

新型の車両2つが同じ線に並んでいますね。こんな構図で撮影出来るとは思ってもいませんでした。

良いもん撮影出来ましたね。しかし、何の代走だったのでしょうか?


この後、ちょっと多度津工場に寄り道しました。こちらには2700系がいるはずです。うまく撮影出来る場所にいてくれれば良いのですが。

イメージ 6

[多度津工場 全景]

イメージ 7

[多度津工場 2700系]

いました! 2編成並んで止められていました。

奥には8000系が連結器カバーを外された状態で止められていましたね。横は7000系です。

イメージ 8

[多度津工場 7000系・8000系]

手前のいつもの場所には2000系TSEがいました。

イメージ 9

[多度津工場 2000系TSE]

あと検収庫の中には6000系が入れられていましたわ。

イメージ 10

[多度津工場 6000系]

2019.2/24 とりてつ2につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35324775.html

2018.2/13 とりてつ1からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35317205.html

高松行きのマリンの後は“ナナマリさん”こと、岡山行きのマリンライナー12号です。

イメージ 1

[予讃線 国分-讃岐府中 3112M快速マリンライナー12号]

通常は5両編成なんですが、朝の岡山行に2本だけある7両編成のマリンライナーです。


その次は7200系+7000系の普通列車です。

イメージ 2

[予讃線 国分-讃岐府中 109M普通]

イメージ 3

[予讃線 国分-讃岐府中 109M普通]

今の予讃線では普通に平結されていますが、この当時は珍しかったですね。形式も違うしカラーリングも違うし、何より屋根の高さが異なります。


そして、今では平日のみですが8000系に変更されているモーニングエクスプレス高松です。この当時は2000系の5両編成で運転されていました。休日は今まで通り2000系の2両編成です。

イメージ 4

[予讃線 国分-讃岐府中 1092Dモーニングエクスプレス高松]

N+水色帯の5両編成です。


モーエクの次はPF貨物です。

イメージ 5

[予讃線 国分-讃岐府中 PF貨物]

割とカラコンが目立ちましたね。


これを撮影して、場所移動しました。同じ国分-讃岐府中ですが少し国分駅に寄った国道の高架から撮影です。こちらも、よく雪が積もっていましたね。

まずは、7200系+7000系の普通列車から。

イメージ 6

[予讃線 国分-讃岐府中 1218M普通]


そして、朝の“ロンモモさん”です。

イメージ 7

[予讃線 国分-讃岐府中 EF210貨物]

これを撮影して会社に出勤しました。短時間ながら、雪景色の良い撮影が出来ましたね。今年は暖かいので、なかなか雪景色にはあたりませんが…。実際には降ってほしいような、降らないでほしいような複雑な気分です。

昨年の雪の坪尻駅の記事を書いている時に、昨年の2/13にも雪が降ったのを思い出しました。この日は、山の上だけでなく平地でも積もっていました。ちょうど遅番出勤でしたので、朝から撮影に行ってきました。

すいません。昨年の記事ばかりで…。ブログをサボリまくっていたので、まだまだ記事の在庫があります。ちょっとずつ小出しに書いていきますね。


2018.2/13(月)
前の日の夜から寒かったので、ひょっとしたらと思っていました。案の定、朝起きると真っ白でしたね。これは撮影に行かないとと近場の国分-讃岐府中の撮影地まで車を走らせました。

まずは、台鉄ラッピングの8000系から。

イメージ 1

[予讃線 国分-讃岐府中 1004Dいしづち4号]

撮影地の近くに到着して車を止めたら列車の音がしていましたので、設定も何もしないままの撮影になりました。

雪煙を上げながら通過していきましたね。白い車体に黄色とブルーの帯が雪景色にマッチしていますね。そう、この時はまだ台鉄ラッピングの時期でしたね。


下りの“しまんと3号”

イメージ 2

[予讃線 国分-讃岐府中 2003Dしまんと3号]

2両ともNでした。

撮影地の小高い丘の上からの撮影です。後ろの山はうっすらとですが、下の田んぼは真っ白に雪が積もっていますね。道路は車が走った跡が分かるくらい轍が出来ています。その轍を歩いて駅に向かう人もいますね。多分、通勤の人でしょうね。私も、そこを車で走ってここまで来ました。


今となっては懐かしい(懐かしむにはちょっと早いでしょうか?)121系赤帯+水色帯の4両です。

イメージ 3

[予讃線 国分-讃岐府中 108M普通]

121系は7200系に改造されて形式消滅してしまいましたね。この時間くらいから太陽が顔を出しはじめましたね。車体のサイドがギラリと良い感じに照らされていますね。


次の改正で引退される予定の113系赤編成。

イメージ 4

[予讃線 国分-讃岐府中 1219M普通]

出来ることなら、ずっと走り続けてほしいんですが…。

この時、また曇ってきました。


121系に対して110Mは7200系の4両編成です。

イメージ 6

[予讃線 国分-讃岐府中 110M普通]

この時から、また太陽が顔を出し始めました。


8000系付属編成の“いしづち1号”です。

イメージ 5

[予讃線 国分-讃岐府中 1001Mいしづち1号]

先程の台鉄カラーに対して、こちらはオリジナルカラーですね。


そして、朝のもう1本の113系。こちらは青編成です。

イメージ 7

[予讃線 国分-讃岐府中 112M普通]

早朝に伊予西条を発車して来た列車です。朝に2本の113系が見れるのは嬉しいんですが、それもダイヤ改正までですよね。改正後は6000系があとを引き継ぐんでしょうかね?


高松行きのマリンライナーです。

イメージ 8

[予讃線 国分-讃岐府中 3107Mマリンライナー7号]


2018.2/13 とりてつ2につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35318898.html

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事