ここから本文です
サンライズエクスプレスのブログ
のんびりとクロスシートで旅するのが大好き〜♪ 旅に撮影に何でもありの鉄道ブログです。 コメント大歓迎です!
2017.8/27 たびてつ4からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/34833242.html

イメージ 1


車窓には高梁川が広がっていますね。10分くらいで井倉に到着ですね。

イメージ 2




イメージ 3

ここから、こんな感じの道を10分くらい歩いて“井倉洞”の駐車場の入口に到着です。駅から10分くらいの立地なのに、観光客というか誰も歩いていなかったですね。まあ、駐車場には車は止まっていましたので、皆さん車で来るのでしょうね。

イメージ 4



さて、井倉洞は高梁川上流の鍾乳洞で、古くは阿哲峡と呼ばれていたみたいです。石灰岩地帯に長年雨水等が浸食してできた全長は1200m、日本三大鍾乳洞のひとつで岡山県指定天然記念物にも指定されていますね。

駐車場脇にはD51もありますね。

イメージ 5

イメージ 6


過去に伯備線で活躍していた車両でしょうか? 写真でしか見たことはありませんが、D51の三重連とかすごかったですね。

フェンスに囲まれているのが、ちょっと残念なんですが保存状態は良いほうですね。井倉洞に来る楽しみの一つでもありますね。

駐車場から井倉洞の入口までの間は少し歩きますが、井倉狭のきれいな渓谷を見ることができますので、苦にはなりませんね。渓谷に剃って入口まで歩いて行きます。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 7


この景色、良いですね〜♪ ずっと見ていたくなりますわ。

2017.8/27 たびてつ6につづく

この記事に

開くトラックバック(0)

2017.8/27 たびてつ3からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/34833133.html

津山からは姫新線の新見行に乗車します。

イメージ 1

津山12:46→新見14:26
[姫新線]861D普通 キハ120系1両<青春18切符使用>

この12:46発に乗らなければ次の列車まで約2時間待ちぼうけになってしまいますので、ちょっと無理して観光時間を切り詰めたんですよね。

まあ、最初のプランでは東津山までは行かずに“津山まなびの鉄道館”と“津山城”をゆっくりと見てくる予定だったのですが、パラさんの一言から少々時間が厳しくなりそうと思いつつ変更したプランを作ったんですよね。まあ、それでもなんとかうまくまとまったかと思いますわ。

この新見行きなんですが、やっぱりというか混んでいましたね。ちょうど部活帰りの学生さんでいつも混むんですよね。案の定、最初は立ち席でした。まあ、だんだん空いては来たんで、車窓の撮影も出来るようになりましたね。

美作追分です。

イメージ 2

イメージ 3


中国勝山です。

イメージ 4



イメージ 5

相変わらず長閑な景色が広がっていますね。ここを過ぎたら、たいがいボックス席にも空きが出そうな感じなんですが、この日は違いましたね。多分、私のような18切符ユーザーでしょうね。そんな訳でロングシートに座っていましたわ。まあ、狭いキハ120のボックス席に3人よりロングシートの方が足が伸ばせるという利点もあるのですが。

イメージ 6

刑事では、対向列車との交換もありましたので数分の停車もありましたね。

約1時間40分くらいで新見に到着です。ちょっとだけ時間があったので駅前にちょっとだけ出てみました。


最初、駅前のお店で“ゆずりは餅”というお餅を買おうかと思っていたのですが、残念ながらお休みでしたね。前に食べて美味しかったので、また食べたかったのですが。ついでに駅近くの川まで歩いてみました。

イメージ 8


イメージ 9

さてさて、伯備線に乗り換えですね。

イメージ 7

新見14:50→井倉15:01
[伯備線]856M普通 115系3両<青春18切符使用>

伯備線は黄色い115系ですね。

2017.8/27 たびてつ4につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/34840814.html

この記事に

開くトラックバック(0)

2017.8/27 たびてつ2からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/34830306.html

さて“津山まなびの鉄道館”を出てから、“津山城跡”に向かいました。15分歩いて到着ですね。

イメージ 1

入り組んだ階段を登って行きます。どこのお城もそうなんですが、敵の侵入を防ぐためにこんな造りになっていますね。

唯一復元されている“備中櫓”です。

イメージ 2


天守閣などの建物は明治7年に取り壊されたそうです。残っているのは石垣のみですね。

春には約千本の桜が咲き乱れ西日本随一の桜の名所になっていますので、春になったらお花見に来たいですね。

イメージ 3

また、この櫓のあたりからの景色も最高ですね。津山の街を見下ろすことが出来ますね。



入口脇にはレトロな図書館もあります。

イメージ 4




“津山城跡”を見た後は、バスで移動しました。

観光センター前11:18→東津山駅前11:27
[コミニュティバス]路線バス<100円>

イメージ 5


コミニュティバスで約5分、レトロな城下町を抜けて東津山口までやってきました。

イメージ 6

ここで、まず訪れたのは“いなば化粧品店”です。ここは、Bzの稲葉浩志さんの実家ですね。稲葉さんのお母さんが経営されていますね。

今回、パラさんが津山を訪れるなら“いなば化粧品店”に行ってみたいといっていたのでプランに組み込みことにしたんですよね。

イメージ 7

看板にも稲葉さんの顔がデザインされていますね。

店内は撮影NGでしたので店外だけ撮影させてもらいました。ちなみに、店内にも稲葉さんの写真がたくさん貼られていましたね。

せっかく東津山に来たのならと、お昼ご飯は“橋野食堂”にしました。

イメージ 8


ここ“橋野食堂”って津山のB級グルメのホルモンうどんが美味しくて有名なお店なんですよね。

ただ、津山駅からちょっと遠いのと、東津山駅からなら歩いていける距離なんですが、東津山って列車本数が少ないんで行くのに躊躇していたんですよね。

イメージ 9

もちろん頼んだのは“ホルモンうどん”です。ピリ辛の味付けが美味しかったですね。

そして、やっぱりというか到着したときには先客がいまして混雑していましたね。正直、次に乗る列車が時間ギリギリだったんで、食べている途中にタクシーを呼んでもらいました。

橋野食堂--:--→津山駅--:--
[タクシー]<1000円ちょっと>

食べ終わると同時ぐらいにタクシーが到着しまして、帰りは津山駅までタクシー利用です。10分弱で津山駅に到着しました。なんとか次の列車に間に合いそうですね。

イメージ 10

いつの間にか、津山駅前にはC11が保存展示されていましたね。

2017.8/27 たびてつ4につづく

この記事に

開くトラックバック(0)

2017.8/27 たびてつ1からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/34827391.html

津山着で、まずは10分くらい歩いて駅の裏手側に廻り“津山まなびの鉄道館”に行きます。この鉄道館には、鉄道館になる前の津山機関区のときに敷地外から見たことはあったのですが中に入るのは初めてですね。

イメージ 1


この“津山まなびの鉄道館”は現存する扇形機関車庫の中で京都の梅小路機関車庫に続く2番目の規模を誇りますね。

収容車両も鉄道館になってから格段に増えましたね。

イメージ 2

イメージ 3


D51と、DE50にDF50など扇形機関車に似合いますね。キハ181系に58系なんかも好きな車両ですし、いい感じですね。

全部は紹介できませんが、展示車両を一部だけ紹介していきます。

DE50 ここにしかいない1両ですね。

イメージ 4


そしてDF50、最終配置は高知だったみたいですね。四国特有?の前面補強の形状も見て取れますね。

イメージ 5


キハ181系にも、ちょっと前からヘッドマークが付きましたね。字幕“やくも”のキハ181系 かっこいいですね。

イメージ 6


キハ58系 最後は“みまさかスローライフ”なんかで活躍しましたね。できることなら、またキハ58系に乗車して旅してみたいですね。

イメージ 7

イメージ 8



C57の動輪も、鉄道館になってからの展示ですね。

イメージ 9


そして、やっぱりコレ↓DD16のラッセル。

イメージ 10


30分くらいで見学を終える予定でしたが、職員の方による熱心な説明・解説に1時間くらい滞在していたかと思います。

やっぱり、ここ良いですね〜♪

2017.8/27 たびてつ3につづく

この記事に

開くトラックバック(0)

“たびくらぶ”の2回目です。実はこの(8/27)の旅は18切符消化の為に元々1人で行く予定だったのですが、メガネ君が前回参加出来なかったこともあり、どうしても行きたいと言うことで少しプランを組み換え“たびくらぶ”に組み入れることにしました。

そんな訳で、私は“青春18切符”使用ですが、他の2人は“岡山香川休日おでかけパス”を使用します。

このおでかけパスは、岡山・香川県内のJR線の快速・普通列車の普通自由席が土・日曜日・祝日の1日乗り放題で2500円という切符です。別に特急料金や座席券を買えば、特急列車や指定席・グリーン席なんかにも乗ることができます。利用当日の販売はありませんので、前日までに購入の必要がありますがお得な切符には違いありませんね(“岡山・香川おでかけパス”は2017.9/30で販売終了しています。再発売に期待ですね。)。

2017.8/27(日)

この日は高松駅集合でしたので、朝一に高松駅に向かいます。

国分5:38→高松5:53
[予讃線]4102M普通 121系2両(2両目は回送扱い) <青春18切符使用>

イメージ 1


四国地区お得意の2両目回送扱いのワンマン運転ですね。普通に2両目も開放して客扱いしたらいいと思うんですが。

鬼無から、きちんとパラさんも乗ってきましたね。今回は、前日にオールしているなんてことはなかったですわ。

高松着でパラさんがお腹がすいたということで、駅近のうどん屋さんで朝ご飯です。この時は、まだメガネ君は合流していません。メガネ君は屋島から高徳線で来るので6:05頃の到着になりそうですね。

イメージ 2

イメージ 3

“味庄”さんです。朝5時からやっているみたいですね。それで、うどんの玉がなくなったら終了ですって。この日も朝から暑かったら、冷たいざるうどんにしました。

さて、駅に戻ってメガネ君と合流です。一応6:30の集合にしていたのですが、みんな揃ったので改札を潜りマリンライナーに乗り込みます。

あれっ…? マリンライナー8号って“ナナマリさん”のはずなんですが5両? 後で分かったのですが、回送で5両編成が入線したあとに6:31にマリンライナー1号が2両編成で到着して、ホームにいる5両編成に繋ぐんですね。これで“ナナマリさん”の完成です(7両編成のマリンライナーだから“ナナマリさん”です。私が勝手に言っているだけですが…)。

高松6:46→岡山7:46
[予讃線・瀬戸大橋線]3108M快速マリンライナー8号 223系+5000系7両<青春18切符使用>

イメージ 4


最初こそガラガラでしたが、坂出を過ぎ瀬戸大橋を渡り児島・茶屋町と止まっていくうちにだんだん混んで来ましたね。日曜日なのにお客さんけっこう多いんですね。コレが平日ならもっとすごいことになってしまいそうですね。

イメージ 5

その混む前の瀬戸大橋からの朝日です。ギラギラと水面を照りつける感じ良いですね。

50分で岡山に到着ですね。ここから津山線に乗り換えます。津山線の津山行はキハ47型じゃなくてキハ40型の2両でした。まあ、同じようなものなんですが、キハ40型のほうが車内のボックス席が少ないんですよね。なんとかボックス席確保です。

岡山8:07→津山9:39
[津山線]944D普通 キハ40系2両<青春18切符使用>

イメージ 6


津山線は岡山を出て、ちょっといけば長閑な風景に変わりますよね。どうも、パラさんはこの長閑な田園風景や山深い景色がお好みのようですね。

金川で対向待ちのために数分の停車がありました。そんな訳で、ちょっとだけホームに降りてみました。神奈川ではありません。同じ読みでも、こう違うと…。

イメージ 7

イメージ 8



この先の車窓も緑が多いですね。メガネ君が天気が良くて良かったとしきりに言っていましたわ。確かに、天気良かったですわ。そして、何より暑かったですね。そんな訳で、朝のこの時間からすでに呑んでいましたわ(≧∇≦)b。

イメージ 9


建部を過ぎて福渡の手前で旭川を渡りますね。津山線は、この福渡の先までわりと旭川沿いに走っていきますね。しかし車窓にはそれほど見えませんが。

イメージ 10


岡山から1時間半くらいで津山に到着です。

イメージ 11



2017.8/27 たびてつ2につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/34830306.html

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事