ここから本文です
サンライズエクスプレスのブログ
のんびりとクロスシートで旅するのが大好き〜♪ 旅に撮影に何でもありの鉄道ブログです。 コメント大歓迎です!
2018.9/7〜10 たびてつ7からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35189805.html

2018.9/9(日)
この日は、朝の6時過ぎにホテルを出ました。早朝の出発でしたので途中のコンビニで朝ご飯のサンドイッチとコーヒーを購入して長崎駅に向かいます。

最初は、ホテルで朝食を食べてからもう少しのんびり出発できるようにプランを組んでいたのですが、ひとつ行きたい所が見つかりプランを追加したんですよね。その時にホテルの予約も朝食付から素泊まりに変更していたんですよね。

5分くらいで駅に到着ですね。改札で18キップにスタンプを押してもらい中に入ります。

イメージ 1


ちょうど6:25発の“かもめ4号”が出発していくところでした。私が乗るのは、その隣のホームから10分後に発車する旧線(海線)周りのキハ66・67系普通列車です。昨日のシーサイドライナーに引き続き、キハ66・67系乗車です。おまけに車内のシートモケットはオリジナルの紺色みたいですし。国鉄型には、やっぱりこの紺色のシートが似合いますね。

イメージ 2

イメージ 3


長崎6:35→諫早7:35
[長崎本線]224D普通 キハ66・67系4両〈青春18キップ使用〉

早速、この車内でさっき買ったサンドイッチを頂きました。4両だったこともありガラガラでしたね。まあ、平日は通勤や通学客で混むんでしょうね。

イメージ 4


20分弱で長与に到着しました。ここで下り列車との交換がありまして少し停車しますので、ちょっとだけ駅の外に出てみました。まあ、駅舎を見ただけですぐに列車に戻ったんですが。

イメージ 5


長与を出て少しの間は山の中を走っていましたね。緑に染まった山肌と稲田がいい感じです。

イメージ 6

イメージ 7


10分くらい走った所で海に出ました。ここから西諫早の手前までずっと海沿いを走っていましたね。良い景色ですね。曇っていたのが少し残念ですが。

イメージ 9

イメージ 8


長崎から、ちょうど1時間で諫早に到着です。旧線(海線)周りは時間はかかりますが、山あり海ありで車窓には飽きませんね。

2018.9/7〜10 たびてつ9につづく

この記事に

2018.9/7〜10 たびてつ6からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35184832.html

大浦天主堂の電停の横を通り過ぎて
、オランダ通りから東山手の方に向かって歩いて行きます。この東山手あたりは明治時代あたりに建築された洋風の住宅地が沢山残っているみたいです。

居留地内の7連からなる東山手洋風住宅群あたりから見ていこうと思っていたのですが、登る道を間違えたみたいで、登った先は“東山手十二番館”あたりでした。

イメージ 1

イメージ 2


この“東山手十二番館”は、東山手で現存する洋風建築では最古の遺構で、当初はロシア領事館として利用されていたみたいですね。その後、宣教師住宅になったこともあり、現在は東山手のミッションスクールの歴史を紹介する施設になっていました。当時利用されていたイスやテーブル、タイプライターなんかも展示されていました。良いですね〜♪ レトロな洋館。

ここから東山手洋風住宅群の方に戻っても良かったのですが、なんか面倒になりそのまま坂を下って行くことにしました。この辺りの坂すべてが“オランダ坂”みたいですね。

イメージ 3

イメージ 10


オランダ坂を降りてきて、メディカルセンターから路面電車に乗り“めがね橋”までやってきました。

イメージ 4


メディカルセンター --:--→めがね橋 --:--
[長崎電気軌道]路面電車〈電車一日乗車券使用〉

電停から少し歩いて“眼鏡橋”に到着です。

イメージ 5

( ^o^)メガネバシ。

橋と水面に映り込む姿を合わせると眼鏡に見えることから、この名前が付いたみたいですね。

なんとか日の入りまでに間に合いましたね。日本三大名橋のひとつに数えられる眼鏡橋、どうしても見てみたかったんですよね。

出島やグラバー園でちょっと時間がかかってしまい、後半が駆け足になってしまいました。もう少し時間の余裕が欲しかったですね。

さて、これを見て長崎駅前に戻りました。

めがね橋 --:--→長崎駅前 --:--
[長崎電気軌道]路面電車〈電車一日乗車券使用〉

この日は、長崎駅付近のホテルに宿泊だったんですが、ホテルに戻る前に長崎駅直結のアミュプラザ長崎内にある“皇上皇”さんで夕食にしました。

本場の長崎ちゃんぽんが食べたかったので最初は中華街に行こうかとも思っていたのですが、昨日の夜中出発だったこともあり早めにホテルに戻ってのんびりしたかったんですよね。そんなわけで駅付近でお手軽に済ませることにしました。

イメージ 6


注文したのは、もちろん、ちゃんぽん! 特製ちゃんぽんに餃子です。その前にやっぱりコレ↓

イメージ 7



イメージ 8

イメージ 9


スープの旨味が浸みたもっちり太麺に魚介や野菜が沢山載って美味しかったですわ。
(≧∇≦)b オイシイノ!!

お腹も満足して、ホテルに向かいました。駅から5分くらいのとこのホテルに宿泊です。

2018.9/7〜10 たびてつ8につづく

この記事に

2018.9/7〜10 たびてつ5からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35183266.html

出島の電停から1系統の電車で新地中華街に、5系統の電車に乗り換えて大浦天主堂まで乗車です。

ちなみに新地中華街の電停は乗り換え指定電停なんですよね。今回の私みたいに電車一日乗車券の乗客は関係無いんですけど、普通に運賃払って乗る人は乗り継ぎ券を発行してくれるみたいですわ。

出島 --:-- →新地中華街 --:--
[長崎電気軌道]路面電車1系統〈電車一日乗車券使用〉

新地中華街 --:-- →大浦天主堂 --:--
[長崎電気軌道]路面電車5系統〈電車一日乗車券使用〉

イメージ 1

( ̄∇ ̄)1ケイトウカラ 5ケイトウニ ノリカエダ。

大浦天主堂の電停を降りて、少し行った所から大浦天主堂の方に向かって坂を登って行きます。

イメージ 2

(・_・、)サカミチ...サカミチ...

坂の途中にはお土産物屋さんに混じって“祈りの丘絵本美術館”という、国内外の絵本の原画を展示する美術館がありました。

イメージ 3


1階の書店の“こどもの本の店・童話館”には、子供から大人まで楽しめる世界各国の約4千点1万冊の絵本が並んでいるみたいですね。また、ポストカードなんかも販売しているみたいですね。2・3階は美術館コーナーにもなっているみたいですわ。

イメージ 4


それから少し登った所にありました。“大浦天主堂”です。開国初期の元治元年(1864年)に在留外国人のために建てられた日本最古の木造教会です。昭和8年(1933年)に国宝に指定されましたが、戦争の原爆で昭和20年(1945年)に主祭壇が大破され、5年の歳月をかけて修復されたみたいですね。

残念ながら中には入らなかったんですよね。今思えば、中に入っていればよかったかと…。写真を撮ってグラバー園の入口の方に歩いて行きました。
(>_<)ヽイットケバ ヨカッタ。マタ ツギノキカイダネ。

グラバー園の入口で610円の入園料を入り入っていきます。

グラバー園は、長崎開港と同時に来日したトーマス・ブレーク・グラバーが文久3年(1863年)に建設した住居跡地ですね。当時から残る世界遺産の旧グラバー住宅、旧リンガー住宅、旧オルト住宅に加え、長崎市内各地に点在していた旧ウォーカー住宅など洋風建築6練を移築、復元して、現在は9練が公開されていますとパンフレットに。

確か、中学校の修学旅行で長崎に来た記憶があるんですが、あの頃は訳が解らないまま連れて来られたみたいな感じでしたので、大人になった今もう一度見てみたかったんですよね。割と香川県の中学校の修学旅行は北九州に来ることが多かったみたいですよ。ちなみに小学校は京都・奈良でした。

入口を入ると、動く歩道で上に上がって行きます。楽に登れるから嬉しいですね。その動く歩道からの眺めです。良い眺めですね。

イメージ 5


その動く歩道を降りたところに、池があり、池の向こうには旧三菱第2ドッグハウスがありました。ここから下って行きます。

イメージ 6



旧リンガー住宅です。長崎の産業発展に貢献した方みたいです。フレデリック・リンガーの旧宅です。三方にベランダがある南欧風バンガロー形式の建物ですね。

イメージ 7



それからちょっと行った所には、旧オルト住宅がありました。イングランド出身で財を成した方みたいですね。ウィリアム・オルトの邸宅です。

イメージ 8



そして、旧グラバー住宅です。築150年以上、トーマス・ブレーク・グラバーとグラバーファミリーが住んでいた現存する日本最古の木造西洋風建築らしいです。クローバー型の建物と手前の花壇の組み合わせ良いですね。

イメージ 9



これを見て下に降りて行きました。出口の手前にはお土産物屋さんも兼ねた長崎芸能館がありました。中には、長崎のお祭りの長崎くんちや長崎ランタンフェスティバルで使う龍踊や御朱印船が展示されていましたわ。これを見てグラバー園を出ました。

2018.9/7〜10 たびてつ7につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35189805.html

この記事に

2018.9/7〜10 たびてつ4からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35181565.html

長崎駅前から1系統の路面電車に乗りました。五島町、大波止と過ぎ数分で出島に到着です。

長崎駅前 --:-- →出島 --:--
[長崎電気軌道]路面電車〈電車一日乗車券使用〉

出島は江戸時代に唯一、ヨーロッパとの貿易を許されていたんですよね。この出島を通してコーヒーや香辛料といった食文化や、蘭学とよばれる西洋の学問が持ち込まれたと子供の頃に学校で習った記憶があります。

周辺は幕末末期に埋め立てられたらため、かつてのように海に突き出してはいませんが、復元整備が進んで当時のオランダ商館員の暮らしなんかが再現されているみたいですね。

イメージ 1


出島の電停に近い西側入口から中に入って行きます。ちなみに入館料は510円です。

イメージ 2


中に入るとこんな感じで、江戸時代の出島にタイムスリップしたみたいな感じになりますね。
(゜◇゜)オォ エドジダイ?

イメージ 3


建物の中にも入れます。オランダ商館長や船長、商館員などが暮らしていた棟では、その暮らしぶりが分かるように部屋が再現されています。けっこう豪華な暮らしぶりだったのではないでしょうか?

西洋の調度品やベッドも置かれ、和洋折衷のエキゾチックな雰囲気になっていました。主に1階が倉庫で2階が畳敷きの部屋になっていましたね。

イメージ 4


ただ、雨でしたのでいちいち傘を畳んで靴を脱いで入るのが面倒でしたが。

イメージ 5


石倉もありましたね。パンフレットによれば、幕末の商社の石倉だとか。日本最初のプロシアの商社も入り、坂本龍馬たちの海援隊とも取り引きをおこなったみたいですね。

イメージ 6


旧長崎内外クラブです。明治36年(1903年)に長崎に滞在する外国人と日本人との親交の場として建てられたみたいですね。日本瓦を使った英国式の造りで、こんなところにも和洋折衷が見られますね。今は、中はレストランになっています。
(・∀・)トルコライス トカモ アルミタイ。

イメージ 7


旧出島神学校です。明治11年(1878)年に建造された現存する日本最古のキリスト教の神学校です。今は、売店を兼ねた東側入口として使用されています。

イメージ 8


その神学校の近くにはミニチュアの出島もありました。

そして、オランダといえばこの人…? ミッフィーちゃんも!

イメージ 9

(≧▽≦)ミッフィーチャンダ!


イメージ 10


そして帰りは表門から出て、2017年に完成した出島表門橋を渡り出島を出ました。本当はここから入った方が良かったのでしょうか。またこの橋は史跡を守るために片持方式を採用しているとか。
(・∀・)ムカシハ イシバシダッタミタイ。

しかし、出島って意外と狭かったですね。狭い中にもいろいろ詰め込まれていましたが。

当時は、長崎奉行の厳しい管理下にあってオランダ商館員は自由に外には出られなかったみたいですね。それでも、西洋料理を作ったり、ビールを醸造したり、バドミントンに興じたりと生活を楽しんでいたみたいですねとパンフレットに。

これを見て、また電停に戻りました。

2018.9/7〜10 たびてつ6につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35184832.html

この記事に

2018.9/7〜10 たびてつ3からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35181470.html

そして入線です。期待どおりキハ66・67系でした。
(≧▽≦)ラッキー! ヤッター キハ66.67ケイダ。

イメージ 1


佐世保12:07→長崎13:59
[佐世保線・大村線・長崎本線]4229D区間快速シーサイドライナー キハ66・67系4両〈青春18切符使用〉

車内は出入り口あたりにロングシートがありまして、それ以外は転換クロスシートになっています。

イメージ 2

※(長崎着で撮影)

佐世保を出たら早岐までは、さっき乗ってきた佐世保線を戻ります。そして、早岐から大村線に入っていきます。大村線に入って1つ目のハウステンボスまでは、特急も乗り入れているので電化されていますが、この先は非電化です。

そのハウステンボス駅からは橋1本渡れば、ハウステンボスのテーマパークですね。

イメージ 3

(゜◇゜)オォ ハウステンボス!


この先、諫早までの間、車窓にはずっと大村湾が広がっていました。天気が良ければ、もっときれいに見えたはずなんですが、まあ満足ですね。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 9

( ^o^)オオムラワン ケシキ イイネ!

そして諫早から長崎本線に入ります。このシーサイドライナーは新線経由ですので、車窓も一気に先ほどまでの海の景色から山の景色に変わりますね。

喜々津、浦上と停車で長崎に到着ですね。佐世保から2時間弱です。この間、キハ66・67型のディーゼルサウンドを満喫できました。

隣のホームにはソニックカラーの“かもめ”が止まっていましたわ。

イメージ 6

イメージ 7


そして恐れていたことが…。浦上あたりからけっこう強めの雨が降って来ました。長崎に着いた時には、もう本降りで、こんなことなら佐世保を観光しといたら良かったかなと思ってしまいましたね。まあ、それでもせっかく来たのたがらと、路面電車の“電車一日乗車券(500円)”を買って観光に出掛けることにしました。
(・_・、)ヤッパリ アメ フッテル...

イメージ 8


2018.9/7〜10 たびてつ5につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35183266.html

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事