ここから本文です
サンライズエクスプレスのブログ
のんびりとクロスシートで旅するのが大好き〜♪ 旅に撮影に何でもありの鉄道ブログです。

書庫全体表示

記事検索
検索

全184ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

2019年になって、もう半月ちょっと過ぎましたね。しかし、今年ほど正月気分が全く無かった年明けもなかったですわ。

年末の12/26から年始の1/5まで11連勤…。おまけに元旦にはトラブル発生、そのトラブルの影響で2日の業務がかき回され、3・4日の業務にまで影響が出てしまいました。ようやく4日の午後に正常運行には戻しましたが…。
(+。+)ツカレタ-...

そして1/6になりまして、ようやく休みです。最初、トラブル発生時には、この休みも危ぶまれていたのですが、なんとかなりましたね。

そんな訳で、新年最初のノープラン旅に行ってきました。まあ、ノープランと行っても、だいたいの行き先は信州の松本方面と決めてはいたのですが…。

そして、行きか帰りのどちらかで飯田線に乗りたいなと思っていました。あと、今年は初詣にも行けてませんでしたので初詣もしたいなと…。ちょっと希望多すぎでしょうか?

この時点では時刻表すら捲っていなかったですし、宿泊するホテルも全く決まっていませんでした。
(゜◇゜)エッ…ノープラン デスカ? モウスコシ カンガエナイト。ホントウニ ダイジョウブ?

毎年、年末年始は忙しいのでプランをたてる気にもならないので、年始の初旅はたいがいノープランで行っています。ギチギチにプラン組むより新鮮で面白いこともありますし、また逆に、え〜って思うこともありますが…。

2019.1/5(土)
夜遅くの出発です。なんとか仕事のトラブル処理も無事終わりまして…。

本当は、名古屋行の夜行バスを使いたかったんですが当日ではやはり満席…。まあ、仕方ありませんね。そんな訳で、今回も神戸行のジャンボフェリーの夜行便を使います。

とりあえず、暗い中を最寄り駅までトコトコ歩き高松行の列車に乗ります。

国分22:39→高松22:53
[予讃線]172M普通 7200系2両〈運260円〉

イメージ 1

※(高松着で撮影です。)

イメージ 2


この日のJR線は、これだけですので普通に切符購入しました。

高松駅着で、コンビニにちょっと寄り道して夜食のおやつやらお酒なんかを購入して、ジャンボフェリーの連絡バスを待ちます。嬉しいことに高松側は無料なんですよね。

高松駅前23:30→高松東港23:40頃
[ジャンボフェリー連絡バス]〈無料〉

10分くらいで到着ですね。船乗り場で乗船券を購入して、長い待合い通路で1時間近く乗船待ちしていました。今回、冬休みやお正月期間中と言うことで、ちょっとお客さん多そうでしたね。


2019.1/6(日)

イメージ 10

0:30過ぎになりまして、ようやく乗船です。今回も早くから待っていたこともあってコンセントのある場所を確保できました。

イメージ 3


1:00になりましたので出航です。だんだん、高松の街が小さくなっています。

ここで夜食のおうどんを頂きに行きました。やっぱり乗ったら食べたくなりますね。今回、頼んだのは“かやくうどん”です。温かくて美味しかったですゎ。

イメージ 4


店内には“かやくうどん”の説明も。気になる方は読んで下さい。↓

イメージ 5


さてさて、これを食べてから、とりあえず明日の朝の三ノ宮からの列車の時間を調べて、ようやく寝ました。もう2時近かったんですが…。

(-_-)zzz

3時間近くは寝れましたかね? 寒さで目が覚めましたわ。そして、トイレに行っている時には大音量の音楽が…。到着を伝える音楽ですね。社歌なんでしょうかね? いつも、この音楽に驚かされますわ。

神戸港到着で三ノ宮駅行の連絡バスに乗り換えます。船が着いて、5分後くらいの出発です。

神戸港 -:-- →三ノ宮駅前 -:--
[ジャンボフェリー連絡バス]〈210円〉

高松側が無料に対して、こちらは210円かかります。まあ、早朝から動いてくれているのでいいんですが。10分弱で三ノ宮駅に到着です。

イメージ 6


三ノ宮駅の改札で18キップにスタンプを押してもらい、大阪まで普通列車に乗ります。この時間、まだ新快速が運転されていないんですよね。

三ノ宮5:34→大阪6:10
[東海道本線]----普通 207系7両〈青春18切符使用〉

30分ちょっとで大阪に到着ですね。大阪からは快速の米原行に乗り換えです。

大阪6:21→米原8:06
[東海道本線]702K快速 223系8両〈青春18切符使用〉

イメージ 7

※(米原着で撮影です。)

この列車も快速と言いながら、大阪を出ると、快速運転で新大阪、茨木、高槻、長岡京に停車し、京都から先は各駅停車になります。米原までも新快速より10分くらい余分にかかりますね。まあ、早朝ですので仕方ありませんね。

彦根では、近江鉄道の車両も見ることができましたね。

イメージ 8


米原着の手前では総研の新幹線試験車もいつものように見れましたわ。

イメージ 9


2019.1/5〜8 たびてつ2につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35289971.html

こんちゎ。サンライズエクスプレスです。

先日の日曜日、本当は休日出勤の予定だったのですが売上を見たら休めそう…? え〜い、休んじゃえ( ̄∇ ̄)ってことで休みに。朝に、ちょっとだけ用事がありまして会社には行っていたのですが。

この日は、レトロ電車の運転日でして、せっかくなので久々に撮影に行くことにしました。撮影場所は、一宮-円座の香東川の橋梁をサイドからです。


まずは、114銀行のラッピング車両のBABAPAPA号から。

イメージ 2

[琴電 琴平線 一宮-円座]


次は珍しくラッピングのないオリジナルカラーでした。

イメージ 3

[琴電 琴平線 一宮-円座]


琴電のキャラクター ことちゃんことみちゃん号。

イメージ 4

[琴電 琴平線 一宮-円座]


四電のラッピング車両、でんたろう号。

イメージ 5

[琴電 琴平線 一宮-円座]


時間になって、小さいのが2両でトコトコとやってきました。

イメージ 1

[琴電 琴平線 一宮-円座]

この日は300号+23号のペアでした。


空の色が良かっただけに、下の川にも少しは水がほしかったですね。

2018.12/16 たびてつ(山陰ぶらり城崎18キップ旅)の行程一覧です。記録整理のために作っていますので、よろしければご覧下さいませ。

イメージ 1

〖城崎温泉街〗



2018.12/16(日)
 国分   4:47発
 [予讃線・瀬戸大橋線]
 3102M 快速マリンライナー2号
  5000系+223系5両
   ↓ 〈青春18切符使用〉
 岡山   5:45着
      5:55発
 [赤穂線]
 1902M 普通 115系3両
   ↓ 〈青春18切符使用〉
播州赤穂  7:05着
      7:10発
 [赤穂線・山陽本線]
 3214M 新快速
  223系8両(網干から12両)
   ↓ 〈青春18切符使用〉
 姫路   7:49着
      8:19発
 [播但線]
 5613M 普通 103系2両
   ↓ 〈青春18切符使用〉
 寺前   9:12着
      9:46発
 [播但線]
 229D 普通 キハ41型1両
   ↓ 〈青春18切符使用〉
和田山 10:34着
    10:49発
 [山陰本線]
 429M 普通 223系2両
   ↓ 〈青春18切符使用〉
城崎温泉11:33着

■■ 城崎温泉街 観光 ■■

城崎温泉13:06発
 [山陰本線]
 1172D 普通 キハ47型2両
   ↓ 〈青春18切符使用〉
 豊岡 13:16着
    14:09発
 [山陰本線] 9555D
 (臨時)快速 山陰海岸ジオライナー
       キハ126型2両
   ↓ 〈青春18切符使用〉
 鳥取 16:08着
    16:58発
 [因美線]
 659D 普通 キハ47型2両
   ↓ 〈青春18切符使用〉
 智頭 17:48着
    17:53発
 [因美線]
 683D 快速 キハ120型1両
   ↓ 〈青春18切符使用〉
 津山 19:03着
    19:10発
 [津山線]
 963D 普通 キハ47型2両
   ↓ 〈青春18切符使用〉
 岡山 20:36着
    21:12発
 [瀬戸大橋線]
 3165M 快速マリンライナー65号
     5000系+223系5両
 〈青春18切符使用・普(指)520円〉
   ↓
 坂出 21:53着
    21:59発
 [予讃線]
 1262M 普通 7200系2両
   ↓ 〈青春18切符使用〉
 国分 22:12着



イメージ 2

〖和田山駅構内のレンガ造りの機関庫〗


イメージ 3

〖山陰海岸ジオパーク 淀の洞門〗


イメージ 4

〖播但線のキハ41型(和田山駅構内)〗


本文記事は、こちらからどうぞ↓

2018.12/16 たびてつ6からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35283620.html

イメージ 1


鳥取駅に到着です。少し時間がありましたので駅前をぶらぶらしてきました。ここから因美線・津山線・瀬戸大橋線経由で帰ります。


まずは因美線の智頭行です。この車両はキハ47型の2両編成です。

イメージ 2


鳥取16:58→智頭17:48
[因美線]659D普通 キハ47型2両〈青春18切符使用〉

この列車が予想以上に空いていましてので、ここでちょっと早いんですが夕食を頂きます。帰りのどれかの列車で食べようと思って、先ほどの鳥取駅で駅弁を購入しておきました。

イメージ 3


アベ鳥取堂の“城下町とっとり”です。私にしては、珍しく幕の内タイプのお弁当です。お店の前でどれにしようかと迷っているときに、コレ消費期限が迫っているから安くしとくよと言われまして、それなら!と、このお弁当にしました。どうせ、すぐに食べますし。定価1080円のところ、200円引きの880円でした。

いろんな食材が入っていて、食べる楽しみがありましたね。美味しかったですゎ。しかもお値段もお得に!
(≧∇≦)b オイシイノ!!

50分くらいで智頭に到着です。この時間帯は智頭駅も無人になるのですね。他の無人駅と同じように、1両目1番前のドアから降りるようにアナウンスがありましたわ。前に来た時には普通に駅員さんいて、2両目からも降りること出来たと思うんですが。

1番線到着でしたので、跨線橋を渡って3番線の津山行キハ120型単行に乗り換えです。

イメージ 4


智頭17:53→津山19:03
[因美線]683D普通 キハ120型1両〈青春18切符使用〉

1時間ちょっとで津山に到着なんですが、知らない間に寝てしまっていて、気がついたら東津山の手前でしたね。うまいこと起きれましたね。

津山駅到着で、次の岡山行はキハ47型です。ここでも1番線到着で、地下通路を通って4番線に乗り換えしました。

イメージ 5


津山19:10→岡山20:36
[津山線]963D普通 キハ47型2両〈青春18切符使用〉

この日、何度目かのキハ47型です。嬉しいですね。1日に何度も国鉄型のキハ47型に乗ることができるなんて。キハ47型のエンジンサウンドに酔いしれていましたわ。1時間半弱で岡山に到着です。

岡山で乗り換え時間にちょっとだけ余裕がありましたので、またまた寄り道ですね。このブログをよく見ている人なら、もうお分かりですよね。

イメージ 6

イメージ 7


“駅ナカ立ち呑み だるま酒場”さんです。おでんにハイボールで軽く一杯。温かくて美味しかったですゎ。
( ̄∇ ̄)オデン。タマゴ ウリキレテタ...

さてさて、四国に渡りますか。この日もマリンライナーは階下の指定席です。鳥取駅での乗り換えの時に指定席券を購入しておきました。

岡山21:12→坂出21:53
[瀬戸大橋線]3165M 快速マリンライナー65号 5000系+223系5両〈青春18切符使用・普(指)520円〉

イメージ 8

イメージ 9


坂出で乗り換えて帰ってきました。

坂出駅前にはきれいなイルミネーションが点灯されていましたね。乗り換えの合間にホームから撮影しました。

イメージ 10

(゜◇゜)オォ キレイ!!


イメージ 11


坂出21:59→国分22:12
[予讃線]1262M 普通 7200系2両〈青春18切符使用〉



2018.12/16 たびてつ(2018冬 山陰ぶらり城崎18キップ旅) 〜おしまい〜



最後に、この日使った18切符です。

イメージ 12


1回目 12/16
乗車印 岡山駅
下車印 播州赤穂→姫路→寺前→和田山→城崎温泉→豊岡→香住→鳥取→津山→岡山→坂出



もう一度最初から読みたい人や、読んでいない人はこちらからどうぞ↓
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35256915.html

行程一覧はこちらからどうぞ↓
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35285505.html

2018.12/16 たびてつ5からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35283575.html

豊岡14:09→鳥取16:08
[山陰本線]9555D(臨時)快速 山陰海岸ジオライナー キハ126系2両〈青春18切符使用〉

イメージ 1

14:09の定刻になったので発車です。ただ、車内はガラガラ…。せっかく始発駅まで来たのに、ちょっと拍子抜けしちゃいました。まあ、空いているから良いのですが。
(・∀・)アレレ...オキャクサン スクナイヤ。

この“(臨時快速)山陰海岸ジオライナー”号、一応観光列車ですので、嬉しいことに所々で観光案内が入りますし、景色の良い所なんかではスピードを落としてくれます。


玄武洞を通過して、先ほどまでいた城崎温泉で少しだけ停車して、次の竹野のちょっと先では車窓に“淀の洞門”が見えてきました。

イメージ 2

イメージ 3


切浜の北の端にあり、断層にそって岩が浸食されてできたものみたいです。洞門は、幅24m奥行き40m高さ13mで、けっこう大きいものみたいですね。

大昔、大鬼が金棒で穴をあけ、根城にした「淀の大王」ら鬼集団を、スサノヲが退治したという伝説が残されているみたいですね。
(・_・、)オニサン イタノカナ?


佐津では、キハ47型の普通列車と交換がありました。

イメージ 4



香住で、ちょっと停車時間がありましたので、駅の外に出てみました。

イメージ 5

駅の外には“山陰海岸ジオパーク”の看板もありました。駅舎側にも小ぶりながらカニの爪のディスプレイがありました。やっぱり名産地なんですね。

イメージ 6



この先の日本海に面した岩肌もすごいものでしたね。荒々しい日本海らしい景色ですね。

イメージ 7



そんな景色を楽しんでいるうちに列車は、鎧を過ぎて餘部鉄橋にさしかかりました。

イメージ 8

イメージ 9

(゜◇゜)アマルベテッキョウ!!

このあたり、一番の見せ場ですね。餘部では、朝の上りなら10分くらいの停車時間があるのですが、夕方の下りはすぐに発車ですので降りることはできませんので、車内から見ていました。一度降りてみたいですね。

その後、浜坂、岩見と停車して16:08に終点の鳥取に到着しました。豊岡から2時間弱の乗車ですね。快適シートに、ちょこちょこ観光案内入れてくれて、楽しめましたね。やっぱり観光列車は良いですね。


2018.12/16 たびてつ7につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35285303.html

全184ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事