ここから本文です
サンライズエクスプレスのブログ
のんびりとクロスシートで旅するのが大好き〜♪ 旅に撮影に何でもありの鉄道ブログです。

書庫全体表示

記事検索
検索
2019.4/4〜7 たびてつ4からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35387639.html

肥薩線に入った“SL人吉”号は、球磨川沿いを進んでいきます。平坦な鹿児島本線に比べて肥薩線は勾配がありますので、ときおり『ぼぉー』という汽笛を響かせて、高く上がる煙と力強く駆け上がる感じが良いですね。相変わらずSLの鼓動に酔いしれてました。

また、沿線ではSLに向かって手を振ってくれる方が多いですね。もちろん、こっちも振りかえしましたよ。

JR九州でやっている“手をふれ〜る”運動は、ゆっくり走るSLに手を振る方が多いことから始まったみたいです。

イメージ 2

ヾ(≧∇≦) クマガワ。

八代を出てから15分くらいで坂本に停車して、そこから30分くらいで白石に到着です。

坂本では停車時間がなかった分、白石では11:18-23の5分間の観光停車がありますのでちょっと車外に出てみました。ほとんどのお客さんが駅のホームに降りてSLや駅舎を撮影されていましたね。

イメージ 10

イメージ 3

(・∀・)レトロナ エキシャ。


イメージ 1



レトロな木造の駅舎良いですね〜♪この白石駅は開業110周年みたいですね。

また、SLの後ろの桜もきれいに咲いていますね。駅舎とSLの撮影に夢中になっていて桜には気付かす、後で画像を見て気付きました。



発車時間が近づいてきたので車内に戻りました。白石を出たら15分くらいで、次の停車駅の一勝地に停車です。ここでも11:38-48まで10分間の観光停車があります。

イメージ 4

イメージ 5

(゜◇゜)イッショウチ!!

この一勝地駅、縁起が良い名前で有名ですね。停車中に名前にちなんだ“一勝祈願”のお守りになった入場券を買ってきました。

イメージ 6

( ̄∇ ̄)イイコト アルカナ?


この先の区間でも、球磨川沿いにはきれいに桜が咲いていましたね。エメラルドグリーンの球磨川に、ピンクの桜、良い組み合わせですね。

イメージ 7

ヾ(≧∇≦)サクラ サクラ。


その先、渡に11:58に停車したら、もう終点の人吉です。人吉駅に入る手前では石造りの機関庫と転車台が見えてきました。

イメージ 8

イメージ 9



2019.4/4〜7 たびてつ6につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35388311.html

2019.4/4〜7 たびてつ3からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35387145.html

さてさて、車内を観察しているうちに出発時間が近づいてきました。


イメージ 1

イメージ 2


熊本9:45→人吉12:09
[鹿児島本線・肥薩線]8241快速“SL人吉”号 58654+50系3両 〈青春18切符・普(指)820円〉

“SL人吉”号は、熊本駅を出ると八代まで鹿児島本線を走り八代から肥薩線に入るんですが、熊本を出た直後の鹿児島本線は本線規格ですので、SLといえどもぶっ飛ばしていましたね。

4年前の1995年に人吉からの上りに乗車したときも、肥薩線でののんびりした走りがウソのようにぶっ飛ばしていた記憶が蘇りました。


これも前回飲んで美味しかったということで、地ビールです。やっぱり旅は呑まなきゃ! おまけに観光列車ですし。

イメージ 3

(≧∇≦)bオイシイノ!!


車窓には長閑な景色が広がっています。長閑な景色に、石炭の燃えた香りが漂う車内で呑むビール最高ですね〜♪

イメージ 4



熊本を出てから40分くらいで新八代に到着です。ここでも九州新幹線から乗り継ぎのお客さんの為に客扱いがあります。新幹線ホームの下に造られた簡素な造りの在来線ホームです。

イメージ 5

イメージ 6

( ̄∇ ̄)シンヤツシロ。


その次の八代では“かわせみやませみ2号”と交換がありました。ここからも何人かの乗車がありました。それでも、金曜日だということもあり、車内はそれほど混雑した感じはなくのびのびとしていましたね。

イメージ 7

(゜◇゜)オォ カワセミヤマセミ!


この八代で鹿児島本線(肥薩オレンジ鉄道)と分かれて肥薩線に入っていきます。

さて、朝ご飯にはちょっと遅くて昼ご飯にはちょっと早いこの時間ですが、駅弁タイムといきましょうか。実は朝ご飯食べてなかったんですよね。

熊本駅で買っておいた“阿蘇赤うし弁当”です。2種類のお肉がご飯が見えないくらい上に載ったボリューム感が嬉しいですね。もちろん、美味しかったですよ。

イメージ 8

(≧∇≦)bオイシイノ!!

駅弁食べるならと、売店で2本目のビールも購入してきました。もちろん地ビールです。

イメージ 9

( ̄。 ̄;) ヤッパリ 2ホンメ... ソレハ イワナイデ。


2019.4/4〜7 たびてつ5につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35388017.html

2019.4/4〜7 たびてつ2からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35386733.html

さて、新幹線ホームから駅のコンコース、そして在来線ホームに移動すると、すでに在来線ホームには“SL人吉”号が入線していました。

イメージ 1

イメージ 2



もうお分かりですよね。久留米〜熊本で新幹線を使った訳が。そうです。高速バスから降りた早朝の小倉駅から、この“SL人吉”号 に乗り継ぐには新幹線を利用しないと間に合わなかったんですよね。まあ、それでも最低限の課金にするために、久留米〜熊本という中途半端な区間で利用したんですよね。

この“SL人吉”号、大正生まれの8620型蒸気機関車58654に牽引される50系客車3両からなります。

大正生まれの蒸気機関車が運転されているのは日本国内でもここだけなんですよね。おまけに牽引されている50系客車は国鉄型ですし。国鉄型と言っても過去の“あそぼーい”時代から、外観・中身ともに別物みたいに改造されていますが。

それでは、車内に入ってみましょうか。まずは前方の展望室から。ガラス張りの展望室の先にはSLのお尻(炭水車)が見えますね。走行中は機関車から吐き出される迫力ある煙が体感出来ます。

イメージ 3



逆に後方の展望室。前方の展望室とはシート配置が若干異なりますね。この時は、まだ運転所から熊本駅まで牽引してきたDE10が繋がれていますが、運転中は後方展望が楽しめますよ。

イメージ 4

イメージ 5



車内のシートモケットも数種類あります(これ以外にも数種類あります。)。

イメージ 6

イメージ 7



おまけにビッフェ(売店)も。

イメージ 8



また、車内にはSL文庫なる絵本コーナーもあります。子供さん達が飽きないような工夫もされていますね。

イメージ 9



2019.4/5〜7 たびてつ4につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35387639.html

2019.4/4〜7 たびてつ1からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35386724.html

小倉からは快速列車で博多を通り過ぎ、一気に久留米まで行ってしまいます。最近、九州に来ていても博多を通り過ぎることが多くなりまして、なかなか天神に遊びに行くことができません。それだけ、九州各地には魅力のある場所が多いってことでしょうね。
(・_・、)テンジンニモ イキタイ...

小倉6:35→久留米8:34
[鹿児島本線]4221M快速 813系9両(南福岡から6両)〈青春18切符使用〉

イメージ 1

※(久留米着で撮影です。)

こちら九州でも桜はきれいに咲いていましたね。

イメージ 2



折尾駅では、新しくなった筑豊本線のホームに819系DENCHA(でんちゃ)が止まっていました。ちょっと離れているので分かりにくいんですが。

イメージ 3



この列車9両とも久留米まで行くと思って最後尾の9号車に乗っていたのですが、車内放送でまさかの…後ろ3両は南福岡で切り離しますと!? 乗る前に確認しといたら良かったですね。仕方なく途中で車両を移動しました。

鳥栖駅の横には、サガン鳥栖のホームスタジアムのベストアメニティスタジアムも車窓に見えました。これだけ駅から近かったら便利ですよね。

イメージ 4



昨年夏は、ここから長崎本線に乗り換えたのですが、今回はこのまま鹿児島本線を南下します。

鳥栖を過ぎ、久留米が近づくに従って新幹線の高架も近づいてきました。小倉から2時間くらいで到着です。

イメージ 5



そして、いきなりなんですが久留米から熊本までは新幹線を使いワープします。在来線なら1時間20分くらいかかるところが20分。えらい早いです。おまけに乗車した“さくら405号”は、久留米から熊本までノンストップですし。
( ̄∇ ̄)ショニチカラ シンカンセンワープ サキガ オモイヤラレマスワ...

イメージ 6



久留米8:57→熊本9:17
[九州新幹線]5405A さくら405号 800系6両 〈運1650円・特(自)1730円〉

イメージ 7

イメージ 8



まあ、ここで新幹線を使ったのにはある訳がありまして…。

熊本着では、やっぱりこの人?がお出迎えですね。

イメージ 9

イメージ 10

クマモンダ!!

2019.4/4〜7 たびてつ3につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35387145.html

こんちゎ。すいません。またまたお休みと言うかサボりばかりで、久々の投稿になります。
アイカワラズ サボリデスネ( ̄∇ ̄)。

さて、今年の春の18キップ旅も昨年夏に引き続き九州に行ってきました。ただ、前回は北九州がメインでしたが、今回は南九州がメインになります。今回から、その模様を書いていきます。ちなみに18キップは2〜4回目の3回分使用です。

2019.4/4(木)
この日も夜遅くまで仕事でしたね。毎年、なぜか? 18キップの時季になると新プロジェクトが始まる…。そんな訳で早く帰れなくなってしまうんですよね。おまけに、働き方改革とかなんとかで、残業時間がなんたらかんたらと…残業時間削るなら、せめて人入れなきゃ。同じ人数で時間だけ減らすのって、いくら工夫して努力したって限界あるし…もう嫌っ!
ヾ(・ω・`;)ノ モウ ムリデス...

結局、帰ってきたのは夜の9時くらいでしたね。まあ、これだけのんびりしているのには、出発が深夜近くなんでそんなに問題にはならないんですよね。今回も福岡行の高速バスを使用します。簡単に用意をして出発です。

深夜近くの真っ暗い道を最寄り駅まで歩いて列車に乗ります。

国分23:41→坂出23:50
[予讃線]3172M快速マリンライナー72号 5000系3両 〈運220円〉

イメージ 1

※(坂出着で撮影です。)

イメージ 2


この日に乗る列車は、これだけですので普通に切符購入しました。坂出まで220円です。

坂出駅では、珍しく高松行きの“いしづち”が2番線に入線してきました。岡山行きのマリンライナーへの乗り換えの便宜をはかっているのでしょうね。この時間帯でしたら松山方面から岡山直通の“しおかぜ”はありませんので。

イメージ 3



さて、私は高速バスに乗るために駅を出て、ちょっとだけコンビニに寄り道してバス停に向かいます。

2019.4/5(金)
日付が変わって少しして、0:12定刻に入ってきました。今回も坂出駅前から乗車するのは私1人でしたが、バスの座席は前方の1席を除き満席でしたね。

この“さぬきエクスプレス福岡号”は坂出駅前に来る前に、高松駅前始発で善通寺IC、丸亀駅前と経由してますので、ほとんどの方はそちらから乗車されたのでしょうね。

坂出駅前0:12→小倉駅前6:20
[高速バス]さぬきエクスプレス福岡号〈運7200円〉

イメージ 4

※(鴻池PAで撮影です。)

バスは坂出駅前から県道を走り坂出北ICから高速道路に乗り、瀬戸大橋を渡ります。渡った先の岡山県に入った最初の鴻池PAで休憩となり、その先で消灯となります。その後は早朝の壇ノ浦PAの休憩までドアは開きません。

割と早く眠りにつけたんですが、それでも何度か寝て起きての繰り返しでして、早朝の壇ノ浦PAの休憩前には目がさめてしまいました。

ここ壇ノ浦PAは関門橋の真下にありますので、雄大な橋を見ることができます。日の出間近でしたが撮影してきました。

イメージ 5

(゜◇゜)カンモンキョウ!!

イメージ 6

ついでに明るくなりかけていたのでバスも。今回も四国高速バスの担当でした。
( ̄∇ ̄)シコクコウソクバス!

そこから関門海峡を渡り九州に入り、30分くらい走ったところで小倉駅前に到着します。ほぼほぼ定刻の到着ですね。昔は6時前に到着していたのですが、高松側の出発時間が遅くなったこともあり6:20くらいの到着になりました。バスは福岡行きですが、私はここ小倉駅前で下車します。

イメージ 7


小倉駅で18切符にスタンプを押してもらい、ここからようやく18切符旅のスタートです。


2019.4/4〜7 たびてつ2につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35386733.html

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事