ここから本文です
サンライズエクスプレスのブログ
のんびりとクロスシートで旅するのが大好き〜♪ 旅に撮影に何でもありの鉄道ブログです。

書庫全体表示

記事検索
検索
こんばんは。


先日、コンビニでまたまた見つけてしまいました。鉄道系のおまけ付きのビールです。


イメージ 1

イメージ 2



いつもは第3のビールばかりなんですが、ついつい買っちゃいましたね。おまけにつられて…( ̄∇ ̄)。

今回、いつ始まったか分からなかったので、多分全部集めるのは無理っぽいみたい…。出きることなら全部集めたいんですが、いつ終わるか分かりませんし、普段呑みにはちょっと金銭的にも厳しいんですよね…。

とりあえず、丸型のヘッドマークのみ5個集めて終わりにしました。


イメージ 3



国鉄時代の名寝台特急列車“さくら”“はやぶさ”と、JR化後に誕生した豪華寝台特急“北斗星”“トワイライトエクスプレス”“カシオペア”の5種類です。なんか妙な組み合わせですが?


いつもは第3ばかりですので、たまに本物のビール呑むと美味しいんですよね。しかも、YEBISE!


まだ、冷蔵庫に入っているから、何か特別な日に呑もうかな〜♪



イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

2019.1/5〜8 たびてつ11からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35296162.html

列車は、大嵐、水窪、向市場と過ぎていきます。向市場の先では“第六水窪川橋梁”を渡ります。

イメージ 1


通称、渡らずの鉄橋ですね。この鉄橋、普通なら川の反対側に渡りますが、カーブしていてまた同じ側に戻ってくるという珍しい形をしています。地形や川の流れから、こんな形になったのでしょうね。

列車の後方から撮影したのですが、なかなか全景をうまく撮影できませんね。


その次の城西駅はレトロな感じでしたね。待合室の辺りは、アルミサッシに交換されているみたいでしたが、奥の旧駅事務所のあたりは昔のままみたいですね。

イメージ 2



相月を過ぎて佐久間に到着です。ここは過去に“佐久間レールパーク”がありましたね。その車両達のほとんどは、今は名古屋のリニア館に行っていますね。

イメージ 3

イメージ 4


駅舎とホームを繋ぐ間の待避線を撤去した跡に名残を感じさせられますね。駅舎には、今は図書館が入っているみたいでしたわ。


そして中部天竜に到着です。この駅では14:10-17まで7分間停車します。そんな訳で久々に外に出で見ました。これまで、ゆっくり降りれる駅少なかったんですよね。

イメージ 5

イメージ 6


過去の“佐久間レールパーク”の展示車両のパネルでしょうか? だいぶ色あせてますが、懐かしさは伝わってきますね。

イメージ 7


待避線には213系も停まっていましたよ。

イメージ 9


中部天竜の先では車窓に、また天竜川が見えてきました。大嵐の先から佐久間の手前まで、線路が東に寄って水窪、向市場、城西、相月を経由しますので、一旦天竜川から離れていました。

イメージ 8



この先、寝てしまっていたみたいで、気がつけば本長篠に停まっているところでした。ぼっーとしているうちに発車ですね。そんな訳で本長篠での写真が無いです。15:05-12までの7分間停車だったのにもったいないことをしましたわ。
(+。+)アチャー Zzz... グースカピー デシタ。


2019.1/5〜8 たびてつ13につづく

2019.1/5〜8 たびてつ10からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35295891.html

田本を出たら3分で温田に着きます。

イメージ 1

イメージ 11



ここは、ちょっと町になっているようでしたね。また、天竜川を渡る大きな吊り橋が掛かっていましたわ。

イメージ 2



温田の次は、また秘境駅ですね。為栗に到着です。

イメージ 3

イメージ 4


秘境駅ランキングは17位です。一応、2軒ほど民家が有るみたいですね。エメラルドグリーンの天竜川がきれいに見えていましたわ。この辺り、ずっと天竜川に沿って走っているので車窓には飽きませんね。

イメージ 5



平岡です。割と大きな駅ですね。

イメージ 6

イメージ 10


それもそのはず、この平岡駅、今は無人駅になっているみたいですが、駅舎自体が“ふれあいステーション龍泉閣”というホテルになっています。

駅の待合室の横にホテルのフロントがあるようです。こんな山の中…と言ったら失礼かもしれませんが、この場所で駅直結のホテルが有るのは嬉しいですね。

ただ、すぐの出発でしたので駅舎内に見に行くことは出来ませんでしたが。また、秘境駅巡りをすることがあれば使えるかもしれませんね。


このあたりで、ちょっと小腹の足しにおにぎりです。

イメージ 12

2回目の軽食ですね。これも朝の上諏訪で買っておきました。今回、大きな駅での停車時間がほとんど無かったので用意しといて良かったですね。

ここ、平岡もホテルのフロント前には売店有るみたいなんですが、すぐの発車でしたし…。
(・∀・)ゴハン ナカッタラ オナカ ペコペコニ ナリソウ...



そして、鶯巣、伊那小沢と停車し中居侍です。

イメージ 7


中居侍も秘境駅ですね。ランキングは14位です。この駅に来るにはつづら折れの細い道を降りてこなくてはいけないみたいです。駅の上くらいに2軒の民家は有るんですが、他はえらい上らしいです。

そして、次は小和田ですね。

イメージ 8

イメージ 9

(゜◇゜)コワダ!!

この駅の周りには、本当に何もないようですね。1956年に佐久間ダムが完成するまでは駅周辺にも集落があったみたいですね。ダムによりそれらの集落は水没したようです。

駅自体も過去には交換設備があったのですが、交換設備は撤去され今はホーム1本だけになっています。それでも、木造駅舎と駅舎手前の引き込み線は健在ですね。

ちなみに秘境駅ランキングは3位です。


どの秘境駅も、すぐの発車でしたので車内からしか見ることができませんでしたので満足とはいえませんが、それでも満喫することは出来ましたね。まあ、降りて散策もしてみたいのですが、それはいつになることやら?

各秘境駅で5〜10分づつくらい止まってくれたら嬉しいんですが、臨時列車の秘境駅号にでも乗らなければ無理そうですね。



2019.1/5〜8 たびてつ12につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35297724.html

2019.1/5〜8 たびてつ9からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35294735.html

12:50に天竜峡を発車した列車は、次は支流ではなく天竜川の本流を渡ります。先ほどまでの支流に比べたら川幅が広いですね。

イメージ 1



そして、この辺りから秘境駅区間に入っていきます。まずは、千代に到着です。

イメージ 2

イメージ 3



秘境駅ランキング26位ですね。周辺に家が1軒有るみたいなんですが気付きませんでしたね。

昔は砂利採取のホッパーや貨物の引き込み線なんかがあったみたいですが、今は短いホームが1本有るだけでしたね。


イメージ 4


そして、車窓に天竜川が見えてきました。きれいな眺めですね。天竜川に沿って走ること3分くらいで金野に到着です。

イメージ 5


ここで1人降りて行きました。画像中央のホームでカメラを構えている人です。秘境駅マニアの方かもしれませんね。

この金野は、秘境駅ランキング7位です。周辺には何も無いらしいですよ。集落まで3キロくらい離れているようですね。それも狭い屈曲路を歩かなくてはいけないみたいですね。


イメージ 6


薄緑色の丸っこい橋が見えてきました。唐笠に到着です。

イメージ 7


駅前には天竜ライン下りの船着場である唐笠港があります。その為か観光客の利用が有るみたいですね。無人駅ですが、周りの駅と比べると待合室は大きい建物でしたよ。駅前に立派なトイレも有るみたいですし。ただ、この日は乗降客ゼロでしたが…。

駅周辺には、これといって何もなさそうでしたが、先ほどの薄緑色の橋を渡れば対岸に集落が有るみたいですので、ここは秘境駅ではないみたいですね。

門島に停車し、田本に到着です。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


前後をトンネルに挟まれた、険しい場所にありますね。集落までは急な細い道を20分以上歩かなくてはいけないみたいです。ちなみに秘境駅ランキング4位です。


2019.1/5〜8 たびてつ11につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35296162.html

2019.1/5〜8 たびてつ8からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35293382.html

駒ヶ根を発車し、小町屋、伊那福岡と停車していきます。伊那福岡の駅はアートみたいな感じでしたね。ただ、冬場は風が吹くと寒そうな感じでしたが…


イメージ 1



この先で、また天竜川の支流を渡ります。いくつもの支流が天竜川に流れ込んでいるみたいですね。

イメージ 2



このあたりで軽くお昼というか軽食にします。

イメージ 3



サンドイッチに信州MONTLACSの赤ワインです。甘めのワインで美味しかったですよ。飲みきりサイズでちょうど良いですし。
(≧∇≦)b オイシイノ!!

本当はお昼ご飯は駅弁にして車窓を眺めながら食べようかと思っていたので、上諏訪駅で買おうかと思っていたのですよね。売店の店頭に置いていなかったので聞いてみたら、もうやっていないとのことでした。

岡谷の停車時間を利用して駅の売店を覗くも同じでした。そんな訳でサンドイッチになりました。最初は松本で駅弁を買っておこうかとも思っていたのですが、松本を出るときは朝早くて駅弁屋さんの営業時間前でしたので買えなかったんですよね。

どちらの駅も数年前までは販売していたみたいでして、その情報を頼りに来たのですが…残念でした。
(・_・、) ザンネン...ナカッタノ。

次の田切の駅の横には聖徳寺というお寺がありました。

イメージ 4



伊那本郷です。

イメージ 5



七久保です。

イメージ 6



このあたりからの景色もきれいでしたよ。

イメージ 7



伊那田島駅です。

イメージ 8

イメージ 9



この駅の周りには何もなさそうでした。ただ1本、保線車両用の留置線がありました。周りには果樹園なんかが広がっているみたいですね。

飯田には12:19に到着です。1分だけの停車ですぐに発車でした。この544M、割と速達で途中の長時間の停車駅少ないんですよね。それに加え、飯田や伊那市なんかの大きい駅での停車時間がほとんど無いんですよね。

伊那八幡で、特急列車の“ワイドビュー伊那路1号”との交換がありました。

イメージ 10



飯田線唯一の特急列車ですね。豊橋⇔飯田を、普通列車なら4時間近くかかるところを2時間半くらいで結びます。1時間半くらい早いですね。

12:19に天竜峡に到着です。ここも2分だけの停車ですぐに発車なんですよね。

2019.1/5〜8 たびてつ10につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35295891.html

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事