ここから本文です
サンライズエクスプレスのブログ
のんびりとクロスシートで旅するのが大好き〜♪ 旅に撮影に何でもありの鉄道ブログです。

書庫全体表示

記事検索
検索
2018.1/5〜8 たびてつ6からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35291721.html


イメージ 1


上諏訪駅に戻って来ました。


この上諏訪駅、珍しいことに1番線のホーム脇には足湯があります。お湯は上諏訪温泉から引かれていますます。元々は露天風呂タイプの温泉だったんですが、2002年に脱衣の手間なく入れる足湯に改装されました。

イメージ 2


駅構造は2面3線と何本かの側線があります。中央東線の特急と普通列車すべてが停車します。また、私が今から乗る飯田線直通の列車も何本か発着しています。

イメージ 3


観光地らしく、諏訪湖を写した駅名板もありました。

イメージ 4


さて、ここから今回の旅のメインとも言える飯田線の列車に乗ります。過去2回飯田線には乗車しているのですが、いずれも豊橋からの下りばかりで、上りには乗車したこと無かったんですよね。ですので、今回は反対側から乗ってみようと思った訳でして。

飯田線直通の列車は3番線からの発車になります。天竜峡を早朝の5:47に発車した211Mが上諏訪に8:42に着きまして、折り返し9:19発の544Mになります。その折り返しまでの間、ずっと3番線に止まってくれているので、早めの入線嬉しいですね。約30分くらい止まっていました。

イメージ 5

イメージ 11

イメージ 6


列車は313系の3両編成です。車内も転換クロスシートですし、これなら長時間の乗車もなんとかなりそうですね。

そう!長時間なんです。9:19に上諏訪を発車し、終点の豊橋に着くのは16:16。実に6時間57分の乗車です。

イメージ 7


隣のホームに9:15発の“スーパーあずさ”が到着して、すぐに発車していきました。その後の発車になります。9:19定刻の発車です。


上諏訪9:19→豊橋16:16
[中央東線・中央東線(辰野支線)・飯田線]544M普通 313系3両〈青春18切符使用〉


下諏訪で対向の432M待ち3分、その次の岡谷で13分の停車があります。

イメージ 8



岡谷を出るとみどり湖経由の中央東線(新線)と分かれ、辰野支線に入って行きます。

イメージ 9


この先の辰野までは昨日も乗っていますね。

辰野支線に入って、車窓も長閑な景色になってきましたね。

イメージ 10



2019.1/5〜8 たびてつ8につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35293382.html

2019.1/5〜8 たびてつ5からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35290502.html

2019.1/7(月)
松本での朝です。朝食が6:45からでしたので、時間になったので行ってきました。1番乗りでした。このホテル、朝食が美味しいんですよね。

今回、このホテルの宿泊、これ楽しみに予約しました。当日の予約だったので空いているか心配だったのですが、すんなり予約できて良かったですわ。

イメージ 2


バイキングです。品数は少なめなんですが、宿泊料金を考えたら全然OKですね。

イメージ 3


こんな感じで盛りつけました。朝からカレーです。美味しかったんですが、カレーがもう少し温かかったらと思っちゃいました。このあたりの名物の野沢菜や、お店の名前にちなんだパンプキンスープもありましたよ。
(≧∇≦)b オイシイノ!!

美味しくいただき、この後、コーヒーを飲んで出発しました。

10分くらい歩き松本駅に到着です。

イメージ 4


駅構内にはE353系が沢山止まっていましたね。

イメージ 5



プランでは7:36発の甲府行に乗ろうとしていたのですが、早く着いたこともあり1本前の7:23発の上諏訪行に間に合いました。そんな訳で1本早い列車で行くことにしました。

イメージ 6

松本7:23→上諏訪8:04
[中央東線]1520M普通 211系3両〈青春18切符使用〉

昨日、通って来たルートを戻り、上諏訪まで乗車します。信州色の211系3両編成でした。この1520M、大糸線の信濃大町を早朝の6:06に発車して松本から中央東線に乗り入れ上諏訪までの運用みたいですね。

昨日、下諏訪までは来ていたので、宿泊場所を下諏訪か上諏訪にしていても良かったですね。しかし、まあプランが中途半端な状態で予約しましたので…。

40分くらいで上諏訪に到着です。1本早い列車で来ることができましたので、次の列車まで時間が開いてしまいました。そんな訳で、この駅からほど近い諏訪湖を見に行くことにしました。ただ、この時もむちゃくちゃ寒かったですわ。

駅を出て西口への連絡通路を通り、そこから10分くらいでしょうか。すぐに到着しました。目の前には広大な湖が広がっています。大きいですね。このあたりは“諏訪湖湖畔公園”として整備されているみたいですね。芝生広場もありましたよ。ただ、早朝のこの時間は芝に霜がおりて真っ白になっていましたわ。

イメージ 1

イメージ 12

イメージ 7


寒かったこともあり、住んだきれいな湖を見ることができましたわ。

また、湖には遊覧船も浮かんでいましたわ。手前が白鳥の船、奥がカメの船です。このあたりも遊び心満載でいいですね。ただ、この時間は営業時間前でしたので、ひっそりとしていましたが。

イメージ 11



諏訪湖湖畔公園の観光案内地図の看板がありましたので見てみますと、この公園内にはSLのD51が展示されているみたいですね。そんなに遠くないので見に行って見ることにしました。

イメージ 8

イメージ 9


D51-824号機です。昭和18年に国鉄浜松工場で製造されて、ここ上諏訪には昭和24年6月に配置されて39年3月まで中央東線や篠ノ井線で活躍したみたいですね。

黒煙を吐きあげて、長大な貨物列車を牽引していたのでしょうね。その頃の勇士見てみたかったですわ。

あと、公園内の芝生広場には羊かいでしょうか? 石彫もありました。

イメージ 10



これを見て駅に戻りました。

2019.1/5〜8 たびてつ7につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35292610.html

2019.1/5〜8 たびてつ4からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35290128.html

さてさて、もう新年も開けて6日も過ぎているのですが、今年はまだ初詣に行ってなかったので下諏訪宿からすぐ近くの諏訪大社の下社秋宮に初詣に向かいます。

イメージ 1


実は、今朝の列車内でプランを練りながら、諏訪大社に初詣に行こうかなと軽い気持ちで考えていて、スマホでアクセス方法なんかを調べていたら分かったのですが、諏訪大社って長野県の諏訪湖周辺にある4つの神社の総称だったのですね。全く知りませんでした。

諏訪湖の南側にある二つが“上社(かみしゃ)”、北側にある二つが“下社(しもしゃ)”と呼ばれていて、上社には“前宮(まえみや)”と“本宮(ほんみや)”が、下社には“秋宮(あきみや)”と“春宮(はるみや)”があるみたいですね。
(゜◇゜)エッ…コンナニ アルノ? ドコニ イケバ イイノ?

4つ全部に行くのには時間的にまず無理ですね。どこに行こうか考えていて、レンタサイクルなんかも使えるかなと探していたのですが、塩尻あたりから急に寒くなってきまして、この寒さで自転車乗ったら凍えちゃいそうであっさり諦めました。
(+。+)サムクテ コゴエチャイマス。

そんな訳で駅から一番近い“下社秋宮”に初詣に行くことにしたんです。いいのでしょうか? こんな理由で。しかも、すごく適当。
(・_・、)コンナノデ イイノカナ?

出雲大社型とも言われています大注連縄が飾られた三方切妻造りの神楽殿です。手前の狛犬は青銅製では日本一大きいとされています。

イメージ 2



幣拝殿です。見事な彫刻は江戸中期 の名匠、立川和四郎富棟の代表作みたいですね。ここでお詣りしてきました。夕方ながら、けっこうな人がいましたよ。

旅の安全と、昨年のお礼、そして今年1年も良い年になりますよ〜にと。
_(._.)_オネガイシマスノラ。

イメージ 3



幣拝殿、神楽殿ともに国の重要文化財になっているみたいですね。

御柱(おんばしら)もありましたよ。幣拝殿を囲むように4本立てられてはいるみたいです。直径1m長さ17mもあるみたいですね。

イメージ 4

イメージ 5



さてさて、参拝を終えて駅に戻ることにします。途中にはオルゴール記念館もありましたよ。

イメージ 6



10分くらい歩いて下諏訪駅まで戻って来ました。

イメージ 7



さて、ここから今夜の宿のある松本まで移動する事にします。この宿も、今朝の列車内でスマホから予約していました。

下諏訪16:55→松本17:31
[中央東線]441M普通 211系3両〈青春18切符使用〉

40分くらいで松本到着ですね。ちょっと早い時間でしたがホテルに行く前に夕食を食べていきました。お昼が早かったので軽くお腹も空いていましたし、ちょうどホテルに向かう途中でチェーン店ながら良さそうなお店見つけました。

焼き鳥・鶏料理の“とり鉄”さんです。

イメージ 8


まずはビール。

イメージ 9

ビールとハイボールの7時までの注文は嬉しいことに1杯250円でした。そんな訳で2杯目はハイボールにしました。
(≧∇≦)b マズハ ビール!

お通しの“自家製豆腐”。これ、むちゃくちゃ美味しかったですゎ。このお通しならアリですね。

イメージ 10



焼き鳥の盛り合わせ。

イメージ 11


サラダ代わりに注文したとりティーヤ、これに焼き鳥を巻いて、串を引き抜いて食べるようにメニューに書かれていまして、面白そうでしたので注文してみました。

イメージ 12


ヾ(≧∇≦)オイシイノ!!

いや〜ぁ、どれも美味しかったですね。
お腹も満足してホテルに向かいました。

□□ 松本市内 宿泊 □□

2019.1/5〜8 たびてつ6につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35291721.html

2019.1/5〜8 たびてつ3からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35290072.html

イメージ 1


辰野からは飯田線から来る列車で岡谷に向かいます。運用は辰野で分離されていますが、一応、中央東線(辰野支線)です。

塩尻-辰野の単独運転に比べ、岡谷-辰野は全列車が飯田線直通運転を行っています。中には、岡谷から先の長野や松本、上諏訪、茅野まで乗り入れている列車もあります。また、この辰野駅がJR東日本とJR東海の境界駅でもありますね。

この時、すごく寒かったので乗り換え待ちの間に自販機で“永谷園 おみそ汁 1本でしじみ70個分のちから”を見つけました。思わず購入して暖を取っていました。カップみそ汁ならぬ、缶みそ汁です。飲み過ぎにも効くみたいですし。

イメージ 2

( ̄∇ ̄) アタタカイノ!!


そうそう、飲み過ぎと言えば、今回初めて“ペパリーゼ”を買って飲んでみました。あれ効きますね。旅の必需品になりそうですわ。

さてさて、飯田線からの列車は、ラッキーなことに大好きな213系でした。

イメージ 7


辰野14:46→岡谷14:58
[中央東線(辰野支線)]223M普通 213系2両

岡谷までの間も長閑な景色が広がっていましたわ。10分ほどで岡谷に到着ですね。ここ岡谷で、約30分待ちです。


イメージ 3

イメージ 4


ホームには、御柱(おんばしら)も展示されていましたわ。


イメージ 5


ここでE353系“あずさ”を見ることができました。この時もすごく寒かったので、これに乗っていきたかったんですが、18キップ旅ですので我慢して次の普通列車を待ちました。

次の普通列車、211系信州色3両編成で、隣の下諏訪まで向かいます。

イメージ 6


岡谷15:30→下諏訪15:34
[中央東線]1534M普通 211系3両〈青春18切符使用〉


10分弱で下諏訪に到着です。

下諏訪駅を出て歩いて行きます。10分弱歩くと下諏訪宿(しもすわしゅく)が見えてきました。

イメージ 8

イメージ 9


下諏訪宿とは、甲州街道の江戸から数えて39番目で終点、中山道六十九次のうち29番目にあたる宿場で、現在の長野県諏訪郡下諏訪町の中心部にあたり、難所であった和田峠の西の入口として、諏訪大社下社(しもしゃ)の門前町として栄えたみたいです。

また昔は45軒の旅籠があったようです。そして中山道唯一、ここだけ温泉のある宿場町だったみたいです。上の画像の左側の建物は温泉施設で、入口脇には足湯もありましたよ。

イメージ 10

イメージ 11


甲州街道と中山道の合流地点がありました。石碑も立っていましたよ。右奥に行けば甲州街道で、画像中央の横断歩道あたりから右側と手前が中山道です。

昔は栄えていたのでしょうね。ただ、山を越えるのには大変だったみたいですね。


2019.1/5〜8 たびてつ5につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35290502.html

2019.1/5〜8 たびてつ2からつづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35289971.html

中津川からは313系の2両ワンマンの松本行に乗車します。

イメージ 1


中津川12:00→塩尻13:49
[中央西線]1931M普通 313系2両〈青春18切符使用〉

車窓も、だいぶ山深いものになってきましたね。中津川を発車して数分で、木曽川の落合ダムが見えてきました。

イメージ 2

イメージ 3


この先、山深い景色を楽しみながら2時間弱で塩尻に到着です。

イメージ 4


塩尻ではE257系“あずさ”も見ることができましたね。このE257系も3月のダイヤ改正で“あずさ”と“かいじ”がE353系に統一されるようですので“あずさ”での運転は見納めになりますね。

イメージ 5



数分の差で、中央西線のホームには383系の“しなの”が到着です。こちらは増結されていて10連の長大編成になっていました。

イメージ 10



さて、私はというと、ここから中央東線(辰野支線)の列車で辰野に向かいます。この支線には過去に1回だけ乗ったことはあったのですが、暗くなってからでしたので明るい時に一度乗ってみたかったんですよね。

中央東線(辰野支線)の辰野行はE127系の2両編成です。昔はクモハ123の単行がのんびりと行き来していましたね。

イメージ 6

イメージ 7


塩尻14:46→辰野14:58
[中央東線(辰野支線)]223M普通 E127系2両〈青春18切符使用〉

塩尻を出たらすぐに中央東線(新線)と分かれます。

イメージ 8


この先、すごく良い眺めが広がっていましたわ。ただ一つ残念なのが、このE127系のシート、片側がロングシート、もう片側に3組〜4組のクロスシートとロングシートがあるんですが、クロスシートのある側は眺めの良い方とは反対側なんですよね。

イメージ 9


元々、大糸線での北アルプスを眺められるように北アルプス側にクロスシートを配置したみたいで、篠ノ井線の運用に入った時も眺めの良い方はロングシート側になりますね。

小野、信濃川島と停車して辰野に到着です。


2019.1/5〜8 たびてつ4につづく
https://blogs.yahoo.co.jp/reinapon58/35290128.html

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事