ここから本文です
Breast&ovarian malignant tumor
2007年乳がん告知。ステージ3cですが、8年生存。2015年原発卵巣がん発覚。重複がん患者として生きていくことになりました。
2007年 11月 しこりを感じて地元の総合病院へ 
                              エコーでは怪しい画像が映るが、細胞診はclass3、針生検は良性。
                              それでも怪しいと思ってくれた先生が大学病院へ紹介状を書く。
                  12月 大学病院へ行ったその日に「乳がん、早期ではない」という告知。 
           検査の結果遠隔転移はなし。T4bN3aM0
           局所進行がんということで術前抗がん剤からスタート。
2008年  1月 術前抗がん剤治療に入る。治験に参加することを決意。FEC1回目。
                   2月 FEC2回目(触診上pCRとなる)・3回目。 
       3月 FEC4回目。
                   4月 効果測定検査(FECはほとんど効果なしの判定)タキソテール1回目。
                   5月 タキソテール2回目 
                   6月 タキソテール3回目。
                   7月 タキソテール4回目。入院。手術。 
                    術前抗がん剤治療後の病理はT1bN1M0 抗がん剤の治療効果はGrade2
                   8月 抗がん剤の副作用のむくみが治らず、無治療。
                   9月 ホルモン治療・放射線・経口抗がん剤TS-1(臨床試験) スタート。
                10月 毎日放射線のために通院。
                11月 放射線終了。皮膚潰瘍になってしまい、TS-1はドクターストップ。
                12月 皮膚潰瘍治らず、TS-1はずっと休薬中。ホルモン治療のみ。
2009年  1月 末にやっと皮膚潰瘍完治。TS-1再スタート。
                  2月 経口抗がん剤とホルモン治療継続 通院は月2回ペース
                  3月 同上
                  4月 初旬にまたTS-1ドクターストップ(足の水ぶくれがひどい)2週間後再開
                  5月 血小板が減り始める 下旬に3度目のドクターストップ
                  6月 TS-1再開 血小板の数値もぎりぎり標準値に戻る
                  7月 TS-1継続
        8月 TS-1継続
                  9月 TS-1終了 腫瘍マーカー基準値突破 肝転移疑惑
               10月 PETとCT検査により肝転移疑惑 晴れる 胆石発見
               11月 腫瘍マーカー基準値内に
2010年     何事もなく過ぎる
2011年     何事もなく過ぎる
2012年  9月 腫瘍マーカーNCCーSTー439基準値(上限7)突破
                           9.2→8.6→9.3
2013年     腫瘍マーカーNCC−ST−439上昇を続ける 
                            25→20→23→39 画像上は異常なし
2014年            腫瘍マーカーNCC−ST−439上昇中
                           42→55→65→99→220.8
                                   *9月 PET異常なし
               *11月 画像検査拒否
2015年    腫瘍マーカーNCC-ST−439上昇中
          260.6→320.9→386.6
       3月 骨シンチ異常なし
       6月 PET乳がん再発否定 卵巣がんまたは大腸がんの疑い
       7月 MRI→右卵巣Thecoma疑い
          都内の病院へ行ったところ悪性の疑いが強いという結果に
                             婦人科系マーカー正常値&画像所見から原発卵巣がん否定
          乳がんからの転移または良性腫瘍の2択
          転移の可能性濃厚
          9月にMRI 10月以降年内に手術
                     8月 NCC−ST−439 3年ぶりに下がる
          355.4
          CA15−3 正常値上限に達する
          35.0
       9月 都内の病院のMRIの結果 限りなく黒に近いグレーのため
          11月中旬に手術決定。  
      11月 入院直前 NCC-ST-439 407.1
          CA15-3 32.9
          14日入院 16日手術 26日退院(12泊14日)
          腹水にもがん細胞あり。原発卵巣がんか乳がんからの転移か
          病理結果待ち。
      12月 NCC-ST439 197に下がる
          ホルモン剤 タモ→フェマーラへ
          卵巣腫瘍の最終病理結果
          「卵巣原発の粘液性腺がん」1c3期以上
          追加手術+抗がん剤TC6クールが必要
2016年  1月 術前検査クリア
          PET−CT異常なし
          上部内視鏡異常なし
       2月 下部内視鏡異常なし→原発卵巣がん確定
          入院→ポート手術
             後腹膜リンパ郭清手術
       3月 退院(21泊22日)
       4月 抗がん剤TCb1クール目(3泊4日入院)
                             ホルモン剤 フェマーラは抗がん剤終了まで休薬
                     5月 抗がん剤TCb2クール目(通院)
                     6月 抗がん剤TCb3クール目(通院)
       7月  抗がん剤TCb4クール目(通院)
                     8月上旬 抗がん剤TCb5クール目(通院)
       8月末 抗がん剤TCb6クール目(通院) 
        9月中旬 血液検査クリア 卵巣がんは経過観察へ
            乳がんの治療再開はしばらく延期
      イメージ 1   イメージ 2

いつも応援ありがとうございます。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 3つ目のがんかもしれない

    2017/4/23(日) 午前 7:08

    4月21日(金) 前から存在した腎臓の良性腫瘍が今回の検査で肉腫疑いに変化していた。 まさかねーとステキ女医先生と笑いながらも念のための泌尿器の予約を 入れてもらい受診をしたのが21日。 画像を一生懸命見てくれた泌尿器の先生が 「肉腫の可能性は高い。連休明けすぐにMRIをとりましょう。  それを医局のカン ...すべて表示すべて表示

  • TV出演

    2017/4/18(火) 午前 6:29

    今日午後8時 Eテレ ハートネットに出る。 20人くらいの登場人物のうちのひとりなので映像は1分あるかないか といったところだろう。 ステキ女医先生もたぶん見てくれるはず。 今日と明日は朝から夕方まで出かけてしまうので昨日の続きは 木曜日にでも。     いつも応援ありがとうございます。

  • 4月14日(金) 結果発表の日。 家を出て駅でステキ女医先生からいただいた花束のお返しのお菓子を買う。 本当は地元名菓にしたかったけど、その日に買ってその日に食べないとダメ というものなので、近隣の市の名菓を買う。 間違いなくおいしいので楽しんでくれるといいなぁ。 電車に乗ってまずはマギーズへ。 1 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事