☆れいとこさん日記☆

無駄にゆる〜く生きてます。ぽよん、ぽよん♪ 猛犬注意!Mダックス2匹同居中。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

白金「シェ・トモ Chez tomo」は私が愛してやまないフレンチの一つ。
日曜日にフレンチ食べたくなった時に駆け込んでたのよね。
美味しくて、サービスよくて、安くて、3拍子揃ってるのになぜか空いてるお店でした。
オアシスだったのに・・・。

ミシュランで☆獲得してからは状況が一変してしまい、早い時間の当日予約は難しくなっちゃった。
なので今年1月に訪れてからはずっと行けなくて悲しかったの。
でも、ジビエ解禁。
絶対行くぞ!!
ご主人様に頼んで無理に予約してもらいました。


○生ウニの貴婦人風
 (これはシェフのスペシャリテ。一年通していつもおいしいく食べられるから、その分御苦労も多いのでは?だってウニって季節や種類で味が全然違うもん。)

○三陸産、真鱈白子のフラン ブランダンド添え
 (白くてフワフワしたかわいい見た目だけど、その中身は濃厚で味わい深い。このギリギリの塩加減が大好き)

○山梨県 境川村産無農薬野菜たち28〜32種盛り合わせ
 (野菜は好きじゃない。でも1個1個で味つけ変えてるから最後まで飽きずにたべられます。この野菜の一品、ココ発信ですごく流行ってるなぁ)

○黒トリュフ、フォアグラのコンソメスープパイ包み焼き ジスカール・デスタン
 (スープの中にすごい量のフォアグラとトリュフ。味噌汁の豆腐とあげくらいの勢いで入ってる。ふわ〜っと広がる香りがたまらない。)

○北海道産 雌鹿骨付きロースのロースト、カブリのバロティーヌ添え 黒コショウ風味のソース
 (お皿が供された時にご主人様にだけ耳打ちされたこと。処女鹿だったそう。肉にはもうちょっと火が入ってる方が好きかな。ところでこの盛り付けの感覚面白い。こういうとこがトロワグロ出身ってことなのかな?)

○クレープシュゼット
○パンプディング
○モンブラン
 (デザートは最初に素材の見本をみてからのチョイス。迷ってたら3種類くれちゃいました。マネージャーさんアリガトウ。)


市川シェフのお料理は繊細な盛り付けからは想像つかないくらいしっかりした味付け。
コースの中のどれもがホームランバッターで、気を抜けないの。
ふと、「あの料理食べたいなぁ」と思いだす定番の料理と、目新しい季節の料理と、どちらにも出会うことができます。
自信を持ってお勧めできるお店です。


ところで、私たちの隣のテーブル。
お医者様ご夫妻と接待する業者さんの4人組。
私の真隣の先生の香水がキツイ!!
ワインの香りなんてもちろん飛んじゃうし、トリュフ&フォアグラも香りもかすんでしまったよ。
空いてる席に移動させてもらおうかと思ったけど、シェフやマネージャーさんとも仲良くさせていただいてるのでご主人様からSTOPがかかってしまいました。
最後まで臭いと格闘でした。
大人の男なら香水の付け方学んでね、大迷惑です。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

美味しそうです

2008/11/15(土) 午前 11:46 [ a ] 返信する

私の真隣の先生の香水がキツイ!!気持ちが分かります。
どうして食事の席に香水を付けて来るのでしょう。
ぶん殴りたい気持ちになります。
それにしても 良い所だと拝見しました。

2008/11/15(土) 午後 0:37 とまと 返信する

顔アイコン

かに屋さん(?)、こんにちは。
美味しいものって人を幸せにしますよね〜☆

2008/11/17(月) 午前 9:37 [ reitoko ] 返信する

とまとさん、ご賛同頂きありがとうございます。
どーしても香水つけて食事に行きたいなら、せめて足元に控え目につけるとか方法はあると思うんだけど。

2008/11/17(月) 午前 9:41 [ reitoko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事