☆れいとこさん日記☆

無駄にゆる〜く生きてます。ぽよん、ぽよん♪ 猛犬注意!Mダックス2匹同居中。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全275ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 6
 
町中にあちこちに提灯が吊るしてあるなぁ、と不思議に思ってたらお祭りやってました。
「提灯パレード」
英語表記は「ロータス ランタン フェスティバル」ってなってた。
お釈迦様の生誕祭。
旧暦だから日本の「花まつり」からはほぼ1か月遅れで開催されてます。
 
韓国でも仏教のお祭りあるのね。
このお祭りだけは個人の宗派関係なく盛大にお祝いするそう。
1時間も待ってパレード見てきました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
 
 
パレードは夜中まで続くので、途中で切り上げて夕食を。
この日は「タッカンマリ」。
女性に絶対食べて欲しいです。
要は水炊きなんだけど、グツグツグツグツ煮込み続けるのがいいのかな?
最初は澄んでたスープも、締めに麺を投入する頃にはドロッとするまで煮詰まってます。
翌朝、鏡を見てコラーゲン効果に驚きますよ。
美容食です。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
ホンデが楽しすぎてすっかり二日酔い気味の私達。
いや、でもせっかく来てるんだから張り切って観光参りましょう。
 
目指すはテハンノ(大学路)。
テハンノはその名の通り学生の街。
かつてソウル大があったそうで、今でも医学部などは残ってます。
最近では小劇場がたくさんできてカルチャーの発信地に。
  
今回は観劇でなく散策。
テハンノから急な坂を上って一路、ナクサン(駱山)公園へ。
見晴しがよくて、よくドラマのロケ地にもなってる場所だそう。
私達が訪れた日も、何かのロケやってました。
急な坂道とは聞いていたけれど。。
ほんとに急で、平衡感覚失いそう。
公園内の階段もきつ〜い!
前夜のアルコールが抜けてないせいなのか、普段の運動不足のせいなのか。
日差しもきつくてほとんど苦行
息も絶え絶えに頂上にたどり着いたので、せっかくの眺望も楽しめず。
何とか写真だけは撮ってきました。
情けない。。
 
イメージ 2
 
イメージ 1
 
イメージ 3
 
 
ナクサン公園周辺のイファドン(梨花洞)は、住宅街なのに面白いアートが楽しめるエリアです。
階段や道路、民家の壁にもいろんな趣向が。
落書きからアートの域に達したものまでレベルもジャンルも問わず。
歩いてて楽しくなる風景でした。
 
実はこのエリア、急勾配で住みにくいために低所得者層の居住区だったそう。
今でもセレブは住んでなさそうだけれど、こん街なら人が集まってきそう。
全部近代化してしまうより、建物や人を残しつつ町おこしをする発想がいいな。
住民も競うようにおもしろ壁画を取り入れてました。
地元の子どもちゃん達の遊ぶ姿が可愛らしい
 
イメージ 8
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
またまた姉様と韓国旅行行ってきました。
もう何回目?と思いながらもやっぱり飽きない、お隣韓国。
 
かなりのリピーターなので、今旅のテーマは脱ミョンドン(明洞)!。
ミョンドンエリアは我々のような韓国好きのおばちゃま達に侵されて日本人街と化してます。
韓流スターの看板と日本語だらけの不思議な異国。
せっかく海外来てるのに、これではもったいない。
よりディープに楽しんできました。
 
初日の夜はホンデ(弘大)で夕食を。
この街はクラブやBARが多いエリアで、夜が更けるにつれて祭り?ってなくらいに若者で賑わってました。
突然の路上パフォーマンスも。
 
イメージ 2
 
お目当てはポッサム
ゆでた豚をキムチなどと一緒に白菜で包んで食べるお料理です。
ポッサムとは包むという意味だそう。
大好きなお料理何ですが、今までソウルでは美味しいのに当たってなかったの。
「チェジュ(済州)島では美味しいお店あったのになぁ」
いつも不満そうに呟いてたので、姉様がネットで専門店を探し出してくれました。
 
ゴミ置き場みたいな路地を抜けてたどり着いたお店、「ホンイク(弘益)ポッサム」。
店中も外も地元のおじちゃん達で満席。
いい具合に小汚くて、観光客は入りにくい。
そうそう、これが求めていたディープ感。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
豚うまい!!
簡単な料理のようで加減が難しいらしく、脂の抜け加減がちょうどいいものに当たる確率低いのよねぇ。
締めには豆もやしのチャーハンを。
ココほんと美味しかったです。
キムチも白菜ももちろん追加無料!
ソジュ(焼酎)も飲んでおなかいっぱいなのに、これで一人1,500円足らず也。
 
旅のスタートは◎
 
イメージ 1
 
イメージ 5
 

タイダイアート。

またまた控え目に薬指だけタイダイ柄。
ストーンもちょっぴりです。
 
イメージ 1
 

「アーティスト」

カンヌもアカデミーをも席捲した話題の映画「アーティスト」。
やっと観に行ってきました。
 
あえて、モノクロ&サイレントという手法には驚きました。
確かに、CGや3Dが当たり前となった今にはかえって新鮮。
とっても美しい映像でした。
超有名俳優が出演していなかったのも○
膨大な製作費をかけても、いい作品が作れるものではないというのが立証されてます。
 
でもストーリーの良さが理解できなかった。
落ちぶれたダメンズを支える女性のお話なのかな?
 
ドギーは熱演。
かわいかった〜。
彼に救われてるような。。
 
 
 

全275ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事