☆れいとこさん日記☆

無駄にゆる〜く生きてます。ぽよん、ぽよん♪ 猛犬注意!Mダックス2匹同居中。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
飯田橋ホテルメトロポリタンエドモントのメインレストラン「フォーグレイン」が6月いっぱいで閉店するらしい。
噂を聞きつけて美食会ランチに参加してきました。
実はこの日、夕食に「京味」を予約してたの。
でもこんな機会は二度とないもんね。
昼夜食べ過ぎてもしょうがない。
 
名誉総料理長の中村勝宏シェフは日本を代表するグランシェフ。
2008年の北海道洞爺湖サミットでは各国の首相にお出しするお料理の総指揮をとった方です。
 
ご主人様の大恩人にも関わらず、私がこちらを訪問するのは初。
御年67才の中村シェフ。
フランスでミシュランの☆を取った日本人第1号!なんです。
今でこそミシュランなんてただのグルメ本扱いだけど、その当時のフランスでは日本人が☆取るなんて衝撃的なニュース。
昔は人種差別もあっただろうし。
とにかく日本の料理界にとっては開拓者。
 
まだまだお元気なのに引退はもったいない、と思ってたらちゃんと新しいお話ありました。
「フォーグレイン」はなくなるけれど、東京駅に新しくエドモント系列のステーションホテルが10月にOPENするそう。
中村シェフは後進の指導にあたられるんだとか。
これからもますますのご活躍をお祈りいたします☆
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
 
(○アミューズブッシュ○初夏の野菜とたらば蟹 帆立貝のサラダ○はまぐりのスープ フヌイユ風味 サフランを効かせたプチタルト添え○天然真鯛のオーブン焼 プロヴァンス風 北海道ホワイトアスパラのムニエル添え○ブレス産ほろほろ鳥の二種の味 モリーユ茸風味のソース○ロックフォールとポテトのガレット マンステールに二種のキャベツを添えて○ブランマンジェ エキゾチック風<北海道洞爺湖サミット2008>○各種野菜の自家製プロヴァンス風コンフィ)
 
 

「レスプリ・ミタニ」

「ダーク・シャドウ」を六本木ヒルズで観たので、ランチもここで。
久々に力強いフレンチの「レスプリ・ミタニ」行ってきました。
 
この店、恵比寿にあったころから好き。
六本木ヒルズに移転してからも応援してたのに、移転後今一つ軌道に乗ってなかったみたい。。
「お前が好きな店はみんな傾く!」
ご主人様に疫病神扱いされるのでしばらく行ってなかったら、いつの間にか評判取り戻してました。
それってどうなの?
凹むや〜ん
 
まぁ、疫病神かどうかはいいとして。。
さすがは三谷シェフ、がっつり美味い。
ビストロ料理というとちょっとカジュアルな扱いですが、味の完成度は素晴らしいです。
ランチでこれだけ美味しいんだもん、ディナーも試してみたいな。
 
六本木ヒルズって観光客多くて、ファミレス的などこでも食べられる味の飲食店ばかりが元気ですがこだわりの名店残ってます。
ロブションとミタニ、サルバトーレさんのイタリアンも美味しいです。
是非お試しください。
(*今回は映画の前なので眠くならないように、量減らしてもらってます。ほんとはもっとボリューミー)
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
(○パテ・ド・カンパーニュ○ホワイトアスパラガス○仔羊のグリル○フレーズのケーキ)
 

「ダーク・シャドウ」

久々にB級映画好きクラブが出動。
B級映画の定義づけは難しいですが、私達はバカバカしくて笑える!ってのが定義。
 
「MIⅢ」と迷って「ダーク・シャドウ」観てきました。
せっかくの美男が台無しのヴァンパイアメイクでジョニデが奮闘。
魔女役のエヴァグリーンって確かボンドガールだったよね。
独特の世界観。
ストーリーはともかく、ティム・バートン監督の世界に引き込まれました。
セリフなしで、映像と音楽だけでも楽しめたかも。
ストーリーは今一つ。
 
ティム・バートン監督が好きな、ちょっとマニアックな方にはおススメします。
神楽坂は日仏会館があって、花街情緒が残る町並みが美的センスを刺激するのか、フランス人の居住率が高い。
自然とフランス料理店の激戦区です。
 
ネットの評判の良い「ルグドゥノム・ブション・リヨネ」に行ってきました。
舌をかみそうな名前。
リヨン出身のフランス人オーナーシェフが切り盛りするお店。
ブションとはリヨンではビストロと同義語だそう。
 
窓が大きくて開放的な店内、スタッフもお客さんもフランス人多い。
なんかおしゃれ〜。
パン出すのにおしぼりは出ないところや、お水は有料のボトルしか出さないのもフランス本国的な演出かしら?
 
 
いろいろと期待外れ。。
プリフィクススタイルはいいけど、メニューの選択肢が少なすぎ。
肉好きな私のチョイスでは、選んだ前菜とメインのソース&付け合せがかぶるという悲劇。
味は悪くないのに、残念。
デザートはどれもクラシカルで好きでした。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
(○自家製ピスタチオ入りリヨンソーセージ 春キャベツ添え○ホロホロ鳥○ラム酒風味のババ) 
 
 
食後は新宿に移動して東郷青児美術館へ。
「アンリ・ル・シダネル展」観てきました。

 
 

セレブのお誕生会。

ご主人様と一緒に某有名企業社長様の50才お誕生パーティーに参列してきました。
この社長様は中国の方で、中国では50才のお誕生日を盛大に祝うんだそう。
日本の還暦みたいなものかしら?
場所はミシュラン☆つきの中華「富麗華」。
 
はぁ
出席者がVIPばかりで疲れる。
主賓席に元首相って、どうなの?
そもそも、ただの食事会としか聞いてなかったので服装から違うやん。
私はともかく、ノーネクタイなのってご主人様とその友人だけなんですけど。。
もうこうなったら開きなおって楽しんでしまえ!
 
さすがはセレブのパーティー、余興がすごい。
お客様のお迎え時には有志によるクラシックの生演奏からスタートし、チェンミンさんによる二胡演奏、マジシャン、プロのダンサーショーなど盛りだくさん。
司会は某TV局の人気女子アナ。
お食事は「富麗華」の中華フルコースに加えて、「ラ・ベットラ」落合シェフ「ラ・ロシュル」坂井シェフ競作のウニパスタ、「銀座 久兵衛」今田氏による握り寿司など盛りだくさん。
美味しかったです。
 
最後にはお嬢さんからのサプライズプレゼントで、結婚25周年にして初めてのウエディングドレスを着た奥様と巨大ウェディングケーキが登場して会場は大盛り上がり。
社長様が中国から日本に移り住んで、今の地位を確立するまでの苦労話があったりしてみんなホロリ
家族っていいな。
温かい空気に包まれました
 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 9
 
イメージ 8
 
(○名品の勢揃い前菜○富麗華名物焼き立て北京ダック○活き伊勢海老のニンニク蒸し○最上フカヒレのポット煮込み○本日驚きの逸品料理ウニパスタ○ガイラン菜の自家製XO醤炒め○ウサギ型点心チャーシューパイ六根もち○日本が誇る逸品料理お寿司○特製焼きそば○誕生日祝いケーキ)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事