☆れいとこさん日記☆

無駄にゆる〜く生きてます。ぽよん、ぽよん♪ 猛犬注意!Mダックス2匹同居中。

あれやこれや

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

オーダーメード。

「サイズの合ってない足袋はみっともないですよ」
 
いつも既製品の足袋を履いていたので、お稽古の先輩に注意を受けてしまいました。
既製品だと足首や足幅が合わず、ゆる〜い感じ。
なので意を決して足袋専門店に御誂えをお願いしてきました。
 
新富町にある老舗の足袋専門店。
細かくサイズをはかって頂いて、私の足が平均的なサイズよりも巾が狭く、薄いことが発覚。
どうりでゆるいわけだ。
ピッタリサイズの足袋、仕上がりが楽しみ
 
 
ランチは足袋屋さんから近かった、「ラ・ベットラ・BIS」。
残念ながらコースを頂く時間がなかったので、ワンプレートランチ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 

アニバーサリー♪

とある記念日。。
最近塞ぎ気味だから、その日くらいは2人でドレスアップしてフレンチでも食べたいな❤と思ってた。
年中行事やお互いの誕生日は100%仕事のご主人様。
改まってお出かけできることって数少ない。
でも、9月のこの記念日だけは毎年夏休み中。
年に1回の楽しみなんです。
 
と、思ってたのは私だけ。
ご主人様は記念日の存在も忘れ、あろうことか相談なしによそ様の結婚パーティーに出席してました。
「なんか忘れてない?」と聞いても「あずき。。朝一でワクチン接種だよね?」
期待した私がバカでした。
静かな怒りに恐れをなしたのか、パーティー帰りのご主人様からお花のプレゼント。
「いや〜、『今日結婚記念日なのに嫁に怒られながらわざわざ来たよ』って話したら皆が用意してくれたの。奥さんにって」
「・・・。」
お花は嬉しいけどさぁ、なんかいろいろ違うような。
(せっかくなので娘と記念写真。何かとパパ似のあずきはムカツクので今回は画像自粛、マロンのみ。)
 
イメージ 1
 
 
 
気を取り直して翌日。
多少は反省したご主人様が「今日は何でも付き合うよ」というので、三ツ星フレンチや和食をリストアップしてみる。
だいぶ悩んで、結論。
豪華なディナーよりマッサージがいい!!
2人で「Dr.FOOT」の足つぼマッサージフルコースを受けて、銀座の梅林でロースとんかつ食べよ。
ムードのなさでは、私もご主人様のこと言えないかも。。
いやでもやっぱり、とんかつ美味しいです。
ごちそうさまでした。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 

腹が減っては。。

今年はいろいろあってご主人様の夏休みは3日。
その間に義父の家を片付けたり、諸々の手続きをしたり。
 
で、この手続きが面倒。
今時は個人情報!の大義名分があるので代理人に厳しい。
義父本人は認知症&寝たきりで入院中だから、電話確認もできなきゃ、委任状なんて書けません。
義父と私2人のありったけの身分証明を出して、さらには病院との入院契約書も差し出して、やっとの思いで手続きすすめてます。
転出手続きだけで午前中つぶれたよ。。
 
役所の待合室でやれやれと時計を見つめていたら、ご主人様に緊急呼び出しCALL。
義父が入院中の病院から。
慌てて駆けつけたら、なんとガン宣告でした。
 
2ヶ月前まで優雅に一人暮らしだったのに、骨折で入院していつの間にか寝たきり、認知症。
食事が取れなくなってすぐに肺炎。
完全看護の高齢者向け病院に転院して一息ついたばかり。
なのに今度は肺ガン?
展開の速さについていけない。。
 
「正直容体はだいぶ悪いです。ある程度の覚悟は・・。」と医師からのアドバイスに覚悟って何かな?とぼんやり思う。
まぁ、私達が考えても始まらない。
なんとなく、いいとこ取りで生きてきたジジ様の強運に期待しよう!
ミラクル起きるかも
 
 
帰り道、言葉少なになりがちな車内。
ご主人様と顔を見合わせて。。
「ひとまず何か食べる?」
慌ててたからお昼食べ損ねちゃってました。
空腹じゃロクなこと考えないもんね。
 
松屋銀座の「銀座アスター」で大好きな天津麺をムシャムシャ。
元気でてきたぞ!
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 

ご報告。

ご無沙汰しております。
いつも途切れ途切れな更新で申し訳ない。
 
ご心配頂いた皆様にご報告させて頂きます。
本日、義父を完全介護の高齢者専門病院に転院させることができました。
当初は腰椎の圧迫骨折で外科に入院しただけだったのに、2か月の間に寝たきり&認知症で赤ちゃん状態。
ご飯も食べられなくなって肺炎を発症。
家族でたくさん話し合って専門病院にお願いすることになりました。
 
この2ヶ月、毎日のように洗濯ものかかえてお見舞いに行く生活だったので解放されて正直ホッとしています。
日々進行する認知症の対処にもアタフタしつつ。。
(ジジ様ごめん。)
私自身、夏バテもあって体調崩してました。
免疫力が落ちたのか。アレルギーとものもらいを併発して顔を四谷怪談実写版!なみに腫らす私をみて一番身近にみてる主人が一番ツラそうでした。
 
 
とにかく心機一転!
新しい環境でジジ様の容体もよくなっていけばいいな。
 
実は今日、ジジ様が主人と私を認識してくれました。
この1ヶ月「よく見る顔だけど、誰?」と言われ続けてたので「息子&嫁」と答えてくれた時は思わず泣きそうに。。
これからもよろしくね、ジジ。
 
 
というわけでいろいろ余裕できました。
これからもお付き合いお願い致します。
 
 
 
 
 

ジジ様、入院。

義父が腰を痛めて入院しました。
もう80超えてるので他もアチコチ弱ってそう。
 
とにかく介護生活復活!です。
ジジ様、体は弱ってるけど意識は明瞭。
入れ歯外しててもムニャムニャしながら口は達者です。
 
看護師さんに義父と私の続柄を聞かれたので私が「嫁です」と答えたら、「息子の嫁だからな!」と念おしてました。
当たり前やん、ジジ様の嫁なはずないやん。
半世紀くらい年離れとるよ。。
 
寝たきり状態で考える時間が有り余るのか余計な心配も。。
ジジ様曰く「今時の年の差婚はよくない。将来大変だぞ。お前たちもそうだ」
ご主人様が割と年上なので我々への心配だったらしい。
「相手が高齢者になったら面倒見るの大変だろ?楽しいのは今だけだ」
と言われて思わず絶句。
今私は、ご主人様じゃなく、アナタの介護してますけど!!
力が抜ける。。
まともに相手してちゃいかんな。
 
 
とはいえ仲良くやってます。
早くよくなってね、ジジ様
 
 
 
 

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事