時事陳腐っす

「時事チップス」の抜け殻 → http://jijichips.blog.fc2.com/

経済・社会

[ リスト | 詳細 ]

時事チップスの経済・社会関係の記事です。
記事検索
検索
 金持金遣わずである。
 金持ちというものは、確実に増える見込みがなければ金を出すことはない。
 情に任せて世のため人のために金を出す者は、金持ちとして生き残ることはできない。

 大企業が内部留保を貯め込むのは問題である。
 が、彼らを責めるのは酷であろう。
 彼らは分かっているのである。
 消費増税後の大不況に打ち勝つためには、この程度の「はした金」では、まだまだ全然足りないということを。

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 アベノミクスには賛同しているが、消費増税だけが目的であれば、反対するしかない。
 外圧も財務省も、それだけが目的なのであろう。
 安倍政権がそのつもりでなければいい話であるが、どうやら麻生財務相は走狗(そうく)のようである。
 おそらく、脅されているのであろう。
「消費増税しないと『制裁』するよ」
 確かに「人工の制裁」は恐ろしい。
 が、それよりもっと恐ろしいのは「天然の制裁」であろう。
 どちらにせよ、日本は沈んでいくしかないということであろうか?



● 消費増税論議 ●
困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 光と影――。
 生と死――。
 尊と卑――。
 英国と日本――。
 都会と田舎――。
 未来と過去――。
 集団と孤独――。
 喜びと怒り――。
 祝福と顰蹙(ひんしゅく)――。

 二つのことは無関係?
 あながち無関係ともいえまい。



困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 逢魔が時(大禍時)とは、昼と夜の境目である。
 かつては昼を人間が、夜を魔物が支配していたという。
 が、電気の発明と普及が夜を縮小させた。
 人間によって、魔物の住みかが奪われてしまったのである。
 では、魔物はどこへ行ってしまったのか?
 おそらく「電気の裏側」に引っ越したのであろう。

「最近の若者は××」
 先述したが、これは今の老人の若者時代にも言われていたことである。
 だから、最近の若者に問題があるわけではない。
 では、何が問題なのか?
 若者ではなく「化け物」に問題があるのであろう。
困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 進出と侵略はよく間違えられる。
 なぜ間違えられるかといえば、よく似ているからである。
 そうである。
 海外進出と戦争はよく似ているのである。

 利益は上の者に入る。
 リスクは下の者に押し付ければいい。
 決めるのは上である。
 下は従うしかない。
 犠牲になるのは下である。
 上は泣いてあげて、次へ進めばいい。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事