新潟県北部の史跡巡り

新潟県北部の史跡を紹介しています。

全体表示

[ リスト ]

国道290号線沿いの山間地、鍬江集落の公民館裏の少し小高い場所に虚空蔵堂がある。
 
最初、神社かと思い良く訊いてみると、元々寺でだったもので、
 
山屋(胎内市)の法印様が管理をしていたとの事。
 
大正の頃、集落内を流れる西山川上流の山中にあって、その時の部材や本尊様を引越しで現在位置に建立し
 
たものだという。
 
内部にはイボ地蔵の石とオロシ皿を紙に書いた御札が沢山貼られていて、信仰の高さが窺える。
 
イボ地蔵に祈願しオロシ皿でこするとイボが取れるという意味だそうだ。
 
全国各地のイボ取りの方法は、「いぼ取り 神様・仏様」によれば
 
宮城県黒川郡富谷町太子堂(聖徳太子がいぼ神様で、いぼを太子堂の石でこする)、
 
山形県最上郡最上町黒沢のいぼびっき・大天馬様の石蛙(石蛙がいぼ神様で、蛙にいぼをこする)、
 
福島県相馬市新沼の八幡太郎義家の足跡石(石に溜まった水をいぼにつける)、
 
栃木県小山市高崎の柿の木様(柿の木の根元の砂をいぼにつける。
 
お礼は砂の倍返し)など紹介されている。新潟県内のいぼ神様として
 
本例は紹介されていないが他に9例があり、旧市町村名で山北町大沢(いぼ取り地蔵)、
 
岩船郡関川村大石(観音堂)、東蒲原郡阿賀町芹田(いぼ地蔵)、中蒲原郡村松町大口(いぼ取り地蔵尊)、
 
新潟市三方(いぼ取り地蔵尊)、南蒲原郡田上町田上(才歩(さいかち)の地蔵様、
 
魚沼市下折立、折立温泉 疣水(釈迦堂)、南魚沼市大和町赤石(いぼ神様)、
 
柏崎市土合(いぼ清水)(不動院)が紹介されている。
 
引用参考文献
平松洋(2006)「いぼ取り 神様・仏様」羽衣出版
イメージ 1
高台にある虚空蔵様(公民館脇)
イメージ 2
硬い石のいぼ地蔵様(沢山のお札が貼られています)
イメージ 3
 お札(卸皿の形代)
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
旧虚空蔵様の部材で現在位置に再建したそうです
イメージ 7
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事