新潟県立歴史博物館友の会のブログ

更新を終了しました。ありがとうございました。

全体表示

[ リスト ]

日本の博物館の黎明

今日は310日。
いろいろな「○○の日」というのがある中、今日、310日は、佐渡の日、水戸の日、砂糖の日、ミントの日、サボテンの日という数々の語呂合わせによる記念日があるようです。
 
それとは別に、日本の博物館の黎明とも関係しています。
 
明治5年(1872)の今日、湯島聖堂を会場にして博覧会が開幕します。
文部省博物局によるものです。「文部省博覧会」という言い方がされますし、このとき「博物館」という名称も使用されます。「博覧会」を「博物館」と呼んでいて、これが日本の博物館の始まりな訳です。
でも、ちょっと疑問が生じます。
博覧会はあくまで博覧会。常設となったのは博覧会終了後、16のつく日に公開することになってから。だから、本当は常設化された5月をもって博物館の誕生と言うべきなのか、と言う疑問です。一応そういう解釈もあります。
常設展示を持たない展覧会場(そういう美術館は多いかも)が、その後常設され、正式に博物館になったというべきなのかもしれないということ。
 
それで、さらに謎として残っていたのが、5月の最初の開館は1日だったの?6日だったの?と。
 
一応事務局Yは56日が最初と思っていました。そもそも51日だと博覧会が終わってすぐだし、ウィーン万博に送る資料などを撤収するには困難な状況だから(名古屋城の金鯱などあったわけですから…)、翌日からいきなり「常設です」ってことはないだろうというのも、なんとなく思っていたのは確かです。
でも、きちんと調べたことはなかったように思いますし、なんとなくいつのころからか、56日という記憶がずっと残っていたわけです。謎と言うよりは、自分の記憶がやや曖昧になっていたということ。正直自信がありませんでした。
 
そこで、一応最初に確認すべき文献として『東京国立博物館百年史』をめくってみましたが、はっきりとは書いていなかった。「一と六の付く日(三十一日を除く)に開館して一般の観覧を許したものと思われる。」とは書いていましたが…。
 
…。
 
「思われる」って…。
そんないい加減なことなのか…。
と言っても仕方がないのですが、そんなことを考えていた時、先日ある本が刊行されていて、早速購入したその本が役に立ちました。
 
イメージ 2
 
博物館史の泰斗・椎名仙卓先生の『博物館学年表』です。
この先生、どこまで深いんだろうかと、本当に驚いてしまいます。
とにかくすごい本ができました。
有り難いの一言です。
 
さて、その『博物館学年表』をめくっていて、次の記述を発見。
 
イメージ 1
 
やっぱり「博物館」の最初の開館は56日ということを、いとも簡単に確かめられました。
まずは一安心。
でも、その根拠となるものをきちんと確認していませんので、今すぐとは言いませんが、いつかは確かめたいと思ったところでした。
 
さて、話を310日に戻します。
 
日本の博物館の黎明を語る時、明治5310日に開幕の博覧会は、非常に重要な位置を占めます。それとともに、56日も重要ということになります。56日が日本の博物館の本当の始まりという考え方ができないわけでもないからです。
 
したがって、もしも「日本博物館の日」を制定しようとしたら、博覧会の始まった310日とともに、56日という考え方も挙げられると、事務局Yは思うわけです。「国際博物館の日」(518日)もいいですが、「日本博物館の日」があってもいいと思うのですね。
 
では、どちらがふさわしいか。
 
なかなか難しい問題ですが、事務局Yとしては、結局の所、やはり今日の310日を認めたいと思っています。
56日開館の博物館は、今の東京国立博物館になるというのが一般的解釈であり、単独館の歴史になります。それに対し、310日開幕の博覧会は文部省の管轄であり、それがウィーン万博とも関連し、後の内務省系博物館(つまり、後の東京国立博物館)とも関連しています。そして文部省と言うと、その後明治8年に文部省の東京博物館ができ、それが教育博物館となり、最終的に国立科学博物館になっていきます。国立科学博物館の歴史をひも解く時も、文部省博覧会は必ず引用されます。
つまり、明治5310日開幕の博覧会は、文部省系、内務省系の双方に深く関わるのであり、単独館の歴史にとどまりません。
本当は、最初の文部省の博覧会はあくまで文部省であって、国立科学博物館の歴史にこそつながっていくのだから、明治10年開館と言っている国立科学博物館の開館こそ、実は明治5年と言うべきではないかという話を椎名先生としたことがあります(椎名先生も実はそう考えるべきかもしれないと仰られていました!)。日本の博物館史の核心をひっくり返しかねない問題ですが、今日はそこまで踏み込む余裕などないので、またいずれじっくりと考えたいと思っています。
 
ということで、長々と書いてしまいましたが、日本の博物館の始まりは明治5310日という認識でいいとしても、さらに深い問題があるかもしれないと、なんとなく思ったりする事務局Yでした。
 
 
 
メールマガジン希望者募集中
このブログの記事を希望者にメールマガジンとして配信します。
記事がアップされ次第、お手元に届きます。いちいちブログを確認する手間も省けます。
ご希望の方は
に「メールマガジン希望」の件名でメールをお送りください(本文は空でOKです)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事