全体表示

[ リスト ]

バグッぱ! の解説

技術書典5で頒布予定のテスト設計支援ツール「バグッぱ!」クリアファイルに「テスターちゃん」コラボマンガを掲載予定なので、「バグッぱ!」についてちょっと詳しく解説しておきます。

・バグッぱ! イメージ
イメージ 1
※頒布予定の「バグッぱ!」クリアファイルではデザインを一部変えています

バグッぱ! は3種類のワードを用いてバグ及びその発生原因を想定する、ガイドワード系の連想ツールです。
3種類のワードとはカテゴリ、ガイド、カタリスト(触媒)で、この三種類のワードを単独または組合せて使用する事でバグの連想を容易にしています。

カテゴリワード(図中の黄色の菱形)は「UI」、「状態」等のバグの分類を絞る際に用いるワードです。バグの分類を絞ることで連想する内容も具体的になり、よりバグを連想しやすくなります。

ガイドワード(図中の白・紺・赤の菱形)は「隠れる」、「混ざる」等のバグと関連があるワードを集めたものです。これらのガイドワードと想定対象の機能を掛け合わせてバグを想定します。

カタリストワード(図中の黄色の大三角形)は「反転」、「加減」等の連想の幅を広げるのに用いるワードです。カタリストとは触媒という意味で、ガイドワードと掛け合わせて用い「反転」*「同じ」→「違う」、「加減」*「入力」→「入力項目が多過ぎる」等の様に連想の幅を広げやすくします。

サンプルとして、一般的な機能とガイドワードを掛け合わせてバグを連想した例を紹介します。
・表示機能 * 「隠」 → メッセージウインドウ等が重なって、見たい情報が隠れる
・表示機能 * 「混」 → 表示中のメッセージに異なるフォントが混ざっている
・メニュー操作 *「迷」 → 目的のメニューが探しても見つからない
・メニュー操作 * 「散」 → 関連するメニュー同士がまとまっていない
・画面操作 * 「戻」 → 「一つ前の画面に戻る」ボタンがない
・マウス操作 * 「鈍」 → マウスを操作してもカーソルの反応が鈍い
・マウス操作 * 「互」 → OSによって動かないマウスがある
・数値入力 * 「限」 → 上限を超えて数値を入力できる
・数値入力 * 「計」 → 計算結果が正しくない
・時刻表示 * 「滞」 → 重たい処理を走らせると時刻表示が滞る
・ファイル読込み * 「腐」 → 古いファイルが読み込めなくなる
・ファイル保存 * 「消」 → 上書き保存に失敗するとファイルが消える
・ログイン * 「合」 → PWが合ってなくてもログインできてしまう
・漢字変換 * 「劣」 → IMEを更新したら漢字の変換精度が劣化した

上記の様に、想定対象の機能とガイドワードを掛け合わせて、そこから連想される正常時とは異なる挙動をバグとして挙げていきます。連想する内容は人それぞれでで、ガイドワードに関係ないバグが想定されても問題ありません。

各ワードの解説は以下です。

・カテゴリワード
バグのカテゴリ(分類)を絞ることで連想する内容も具体的になり、よりバグを連想しやすくなります。
イメージ 2

・ガイドワード
バグと関連があるワードを集めたものです。これらのガイドワードと想定対象の機能を掛け合わせてバグを想定します。
イメージ 3

・カタリストワード
連想の幅を広げるのに用いるワードです。カタリストとは触媒という意味で、ガイドワードと掛け合わせて用い「反転」*「同じ」→「違う」、「加減」*「入力」→「入力項目が多過ぎる」等の様に連想の幅を広げやすくします。
イメージ 4

更に詳しい解説は技術書典5で頒布予定の「テスト設計入門 2018年度版」に載せています。

その他、参考にしたガードワード系の情報は以下になります。

・意地悪漢字、タートル図

・「それはあたる」

・HAZOP

・FMEA/FTA

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事