ケトルベルスイング 公認インストラクターによるブログ

SFGレベル2 公認ケトルベルインストラクター 松下タイケイ インストラクター指導歴 (2007年6月〜)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全360ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

すっかり宣伝するのを忘れていたワークショップ、ご参加頂きありがとうございます。

イメージ 1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

☆【技アリ企画】「振ればカラダが拓かれる ─ ケトルベル入門 二歩目」

※お昼の開催となりますので、ご注意ください。

【申し込み】
ご希望の講座タイトル、

4/29「ケトルベル」

とフルネームを添えて、メールにてお申し込みください。
申し込みメールアドレス:wazaari.kikaku@gmail.com(中島章夫)

   ▼

●講師あいさつ
 ケトルベルを使ったゲットアップやスイング、スクワット等を正しく行うことだけでなく何をコアにしていくかを考えてみます。
 背骨か腹部か、コアには二択あります。その中でより痛みや負担が少ない方法を選んでケトルベル種目に取り入れていきます。
 初心者フレンドリーであり、また数年習得し続けている方にも応用できる内容になります。

   ▼

●日時:2019年4月29日(月・昭和の日) 12時45分から14時45分(12時30分受付け開始)
●講師:松下タイケイ/SFGレベル2 公認ケトルベルインストラクター
●会場:文京スポーツセンター 多目的室全面
/東京都文京区大塚3-29-2
●最寄り駅:メトロ丸ノ内線「茗荷谷」
●定員:16名(定員になった場合はキャンセル待ちとなります)
●参加費:4000円
●参考図書:『ケトルベル マニュアル』(松下タイケイ/日貿出版社)
http://nichibou.shop-pro.jp/?pid=100093629

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

3月21日 ケトルベルと呼吸ワークショップにご参加頂きありがとうございました。
渋谷のスクランブル交差点から遠くないHMCジャパン様の格闘技ジムを使わせて頂きました。

松下タイケイ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3月21日のワークショップ、申し込みページ設定しました。決済なしで現地でお支払いください。
直前キャンセルによる課金等はありませんが、information@kettlebell.jpまでご連絡頂ければ幸いです。

3月21日(祝日) 11:30〜14:00までケトルベルの呼吸に特化したワークショップを実施します。
講師は私松下タイケイ、場所は東京都内の渋谷駅から徒歩のところです。
腹腔圧を高めた呼吸を導入したトレーニングでケトルベルのスイングやミリタリープレスを「呼吸」の観点から正しくかつ高い出力を目指すというものになります。
対象はケトルベル初めての初心者からベテランまでの健康な男女。
会費は1人5000円になります。
会場:
東京都渋谷区神南1-12-10
シダックスカルチャーワークス5階
HMCジャパン
ジムへの直接連絡はご遠慮ください。
ご参加希望される方はinformation@kettlebell.jp までメールをください。1営業日中にご返信いたします。
実施内容:
胸式から腹式呼吸への移行方法
腹腔圧を作ってケトルベルのスイング出力を高める方法
ケトルベルのミリタリープレスを細分化してより出力を高める方法を模索
呼吸を中心にケトルベルの種目を展開するという方法をとります。これまではケトルベル種目を網羅していましたが、今回は呼吸を正してケトルベル種目を実施してみるとう試みで進行します。

開く コメント(0)

イメージ 1


齢五十近くになって昭和の頃に卒業したアメリカの高校アメリカンフットボールに疑念抱かれるとは考えなかったものの、匿名で私の同級生に会って私がウソついているというSNSメッセージがあったのでツイッターに当時の集合写真をあげた。
昭和時代の私の同級生に日本で会う確率は低いし、同級生であれば私が海外で過ごしていたのは認識しているはず。
当時同じチームだった日本人が今年のスーパーボウルの日本語解説やっていたのでとりあえず証人もすぐにでる。

でも今さらこんなので経歴詐称疑惑はねー。

私のいた地域ではリトルリーグから高校まで誰でもアメリカンフットボールに入部できる。一軍以外に学年別でリーグと試合が組まれるので私のような下っ端選手でもスタメン出場できた。一軍では情けで数プレイ出させていただいた。

なのでアメリカ住んでいればアメリカンフットボールやること自体難しい事ではない。
ただアメリカの大学レベルは話が別。私の同級生で大学アメリカンフットボールに進んだのは5人以下。つまり門戸は狭い。日本人がメジャー大学でプレイする話は聞いてことないし、当然私もない。

ケトルベルマニュアルをきっかけにアメリカンフットボール歴とケトルベルインストラクターの話が繋がったようで、それには様々な理由がある。

1. 当時アメリカを以ってしてもウエイトトレーニング手法は確立していなかった。ベンチプレスばかりやっていた私の身体はガタガタになり、以後ケトルベルを使ってそれを補正するに至った。
2. アメリカンフットボールでの怪我リハビリにケトルベルが役立った。時として実際に怪我しないとトレーニングやリハビリの有り難みがわからない、
3. アメリカの高校時代監督が素晴らしい方で愛情深かった。容姿や人格は違うものの、ケトルベル通して出会ったパベルツァツーリンやブレットジョーンズ、マークリフキンドにも同じものを感じた。原点はやはり当時の監督、息子さんとフェイスブックで繋がっているので今も健在を確認。

そんなで高校アメリカンフットボールがなかったら今のケトルベルインストラクターとしての立場も存在しない。

松下タイケイ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全360ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事