ここから本文です

書庫★土方歳三★(実在)

すべて表示

イメージ 1


▲前回はシャツにカラーリングしましたが、今回はまた「ムキ身」に
 戻して体型を確認。体格は大柄ではなく細身で筋肉質・・というのが
 美形の面立ちにすんなりハマるといった造形で、当時描かれた歳三の
 姿絵に倣っています。西郷のようなオデブでもなければ往年のシュワ
 (シュワルツェネッガー)のようなムキムキ体型でもなし・・と。

 髪型を変形させてる最中なので、スジが分かるよう茶髪のままです。
 前髪の立ち上がり部分は変形が難しいので、これも垂らしたまま。
 前回のカラーシャツのものからちょっとだけ微妙に変化させましたが
 微妙すぎて、パッと見ではわからない域かも・・。
 
 できればオデコ全開でフワッとさせたいけれども、生え際が連動して
 ズレてしまうため、手持ちのソフトではちょっと無理っぽくて残念。
 文字通り、見えない壁に「ドン」とぶつかってるような状態なので、 
 苦し紛れに、いつの間にか脱線しにかかるオラのアソビグセです。
 (いろいろ造形をいじって遊びながら気を紛らわしてたりします。)
 太めのほうが作り易そう〜(*´Д`)〜案外、横顔も可愛いし。


イメージ 2

▲「やせ我慢」で遊ぶ   

 高額なモデリングソフト(MAYA)を使えば簡単なのでしょうけれ
 ど、バカ高いわりに使い勝手の良くない外国製品(機能がゴチャゴ
 チャあるけれど、なんだかエラーが多くてPCメモリ負担が大きい)を
 マスターしようという気にもなれず、おそらく日本製でこのテの3D
 ソフトを制作したならば、もっと簡単且つ効果的で無駄な手間もなく 
 瞬時に制作ができるような製品に昇華させる技術がこれから多分出て
 くるのではないかな・・服なども型紙から作るのではなく、画像撮影
 したリアル被服の造形を、瞬時に3Dに読み取って調整できるように
 なるはず(既にそのレベルのものもあるはず)などと想像しつつ、
 使い勝手があまり良くない今のソフトで試行錯誤しながら、未熟な
 レベルのものを作るのが精一杯といったところです。

 参照した画像が斜め方向の顔なので、ズレを直して正面を正視できる
 ようにしたものの、鼻や口の歪曲、目の段差がどうしても残存してい
 るので、まあ、そこは、画像1枚から再生を図った証拠ということ
 で、ご愛敬といったところでしょうか。納得はできませんが。
 そもそも、画像の目鼻位置がズレてるので3D再生は非常に厄介。

 これを無理に矯正すると左右対称の「まんま・お人形」になってしま
 うし、もともと人間の顔というのは左右非対称というのが当たり前と
 いえばそうだし・・などと思案しながら完成度を高めようと思うと、
 矛盾が生じてくるので、なかなかしんどいものがあります。

 そんなわけで、気が付けば、こんなGIFアニメなどを作ってしまう
 「アソビグセが抜けないオラ」で恐縮です。

イメージ 3

 
▲最近は「このコ↑」のモデリングにかかりきりで手が回らず、
予定では坂本龍馬暗殺に関してデジタルボイス動画などを作ろうかなと思ってましたが、かわりにGIFアニメを回しときます。


【以下は過去記事掲載の画像&動画】

既に動画では光源染色カラーの2Dモデルに喋らせていますが・・・


▼参照画像
①鳥羽伏見戰     ②甲州勝沼戰








※デジタルボイス2Dモデル動画

①鳥羽伏見戦




(フルスクリーン再生動画※リンク)


②甲州勝沼戦


(フルスクリーン動画※リンク)
 

書庫その他の最新記事

すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事