ここから本文です

書庫TOPテーマ

すべて表示

 


※モノクロ時代の映像画をオリジナルでカラー光源染色しました※
ブログのヘッダー画像もソレで、もとはモノクロです(使い回し御免)。

栗塚旭さま(栗ちゃま)が、新選組の土方歳三役を演じた『新選組血風録』などの時代劇作品は、映像がカラー化される前(昭和40年代前半)のモノクロ・フィルムです。

これがカラーだったら、凛々しい往年の栗ちゃまの雄姿は
どんなイロ男なんだろうhttp://i.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/006.png・・という出来(恋)心から、独自に撮影した画像をPCで光源色調変化させ、スライドショーでまとめました。

外部サイトのスライドショーが、2017年3月以降、
常時SSL化でブログの記事内に直接表示されなくなり、
コードクリックで別画面にリンク表示されるものになり、
(小癪なことをするな・・と憤慨し)この際、もとの
フラッシュ細工を録画したものをGIFアニメ化して
再現してみました(容量が大きいので起動が重いかも)。

完全な総天然色に仕上げるのは至難の業で、 画像の劣化具合から、どうしても色が引き出せないこともありますが、所詮、趣味の範囲なので、お許しください
※宮本武蔵とラスト2枚『燃えよ剣』は、もとがカラー版です(色比較)。


光源染色
モノクロ画像全体を対象に、
パソコンの画像ソフトを使って
光の三原色効果を幾重にも重ね、
もともとの色素を浮かび上がらせる手法。
(白目の部分と毛細血管の紅色の判別がつく程の変化)

「画像の指定範囲に任意の色をチョイスして塗るという「塗り絵」のようなカラーペイント手法などは使わず、
原画に劣化を与えないフィルターレイヤーも使いません。

モノクロ画像全体へダイレクトに光源透過を施して調整を重ねることにより(この場合、画質の劣化を伴います)、
もともとの色素を引き出し、天然カラーを再現させる手法とでも言いますか(説明が難しい)・・凡そ、そんな作業を繰り返し経て仕上げたオリジナルのカラー画像です。


土方歳三の画像にも同様の色彩を施しながら、
実像を検証中(その過程で意外な真相が続々…)

これは簡単に示そうと思えばできるものですが、
別の否定論で集約されるのが目に見えて予測できるため、
もう一方の消された存在を合致させる必要性が生じ、
それを埋めながら、また他のものが浮上してくるという
まさに「左三つ巴の謎」ともいうべき難解なものなので、
説明するには画像のリアルタイムでの照合映像が不可欠
なものとなってきます(作為的ではないことの証明)。

これまで少しずつ、そういった目視によるラフな照合過程を収録して確信を深めてきましたが、最近は時代の風潮が悪化していることもあり、なかなかそちらに手が回らないのが腹立たしく思うばかり(だからこそ狂った政治を一掃して、落ち着いて自分の作業だけに没頭したい)。

まあ、それも引き続き水面下にて残りの全人生を賭けても構わないという覚悟を以て、やるだけです。

書庫その他の最新記事

すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事