ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全643ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

▼とりあえず、GIFアニメで端的に、どうぞ。

イメージ 1

▲砂漠で撮影したとか。そこで生息するらしき
 「シマリスが映ってた」とも言われてますが?
 ( ̄▽ ̄)月にリスなんか住んでるわけねえよなあ。)
 
 宇宙空間で、素手でカメラいじって指示出しとるし。
 監督は宇宙服とか着ないでも死なないのよね(冗談)。

▼ウィキリークスがアポロ月面着陸の撮影の様子を映した映像を公 
 開監督の指示で動く宇宙飛行士。
イメージ 2
(動画の映像は↓こちら)


▼スタジオで月面撮影。
イメージ 3
(動画の映像は↓こちら)


▼鼻歌を歌いながら月面撮影。
イメージ 4
(動画の映像は↓こちら)


▼月面の様子を撮影したのは2機のヘリコプター。

以上、参照


ウィキのアサンジさんが逮捕監禁されるワケだよね。
米国フリーメイソン第一級の「洗脳」機密だもんね。
原爆試作フィルムの制作は、ディズニー担当だもん。
だいたいさ、あの旗とか影とか、変すぎるもんねえ。
あんなのに騙されてきた日本人って低脳すぎるよね。
第一、あれから何年たっても月に行けてないじゃん。
映像技術も格段に向上して衛星放送できる時代にさ。
変と思わないから嘘吐き安倍低能児に騙されるのさ。
パチンコ御殿の息がかかった「絵」も贋物ばかりさ。



▼同時掲載:恋夜姫のFC2ブログ
※ヤフーブログから引き継ぎ
 (全記事移行済みです。

開くトラックバック(0)

過去記事を見たら、『#ケチッて火炎瓶』(安倍と秘書が暴力団に対立候補者への選挙妨害の依頼をしてその報酬金をケチッたため安倍宅へヤクザが火炎瓶を投げ込んだ事件)関連でアップした画像が勝手に消されてすっかり穴があいてるのを発見。
イメージ 4

▼その過去記事・・スッカスカだよ〜。

ならば再掲載してまた消すか確認してやろう。
よほど、コレ↓を消したいのかね?
イメージ 1





















安倍首相は選挙妨害を依頼した前科8犯の男と密室で何を話したのか? 全容が記録された秘書の署名捺印入り文書が
http://lite-ra.com/2018/07/post-4111.html
2018.07.07
 安倍首相宅放火未遂事件「18年目の真実」山岡俊介(後編) 安倍が選挙妨害を依頼した男と密室謀議 リテラ


安倍晋三公式サイトより

イメージ 218年前に起きた暴力団組長らによる安倍首相自宅への放火未遂事件。その主犯とされた男が初めて口を開いた。

 男の名前は小山佐市(80歳)。前科8犯、地元・下関では公共工事に介入するブローカーとして有名だった小山は、1999年の下関市長選で、安倍事務所から依頼を受け、安倍首相子飼いの現職市長を当選させるため、対立候補を攻撃する選挙妨害工作の依頼を受けていた。ところが、安倍事務所が見返りの約束を果たさなかったため、翌2000年に暴力団を使って、犯行に及んだとされる。


しかし、13年の実刑判決を受け服役していた小山が今年2月に出所。5月になって、この問題をずっと追及し続けているジャーナリスト・山岡俊介の取材に応じたのだ。そして、小山は、安倍事務所が選挙妨害を依頼し、その交渉に安倍首相も関与していたことを裏付ける3通の文書を目の前に出した。3通の文書にはすべて、当時の安倍事務所の筆頭秘書で山口県警警視出身の竹田力の直筆署名、捺印があった。

 前編では、山岡が事件の全容を改めてふりかえりながら小山の実際の証言内容をレポートしたが、後編では、問題の核心であるこの3通の文書の詳細について解説する。なお、山岡は自らが主宰する「アクセスジャーナル」でも、この文書の存在を報じているので、あわせて読んでほしい。
(編集部)


イメージ 3←これも消されてた。

自分で消すわけないし、空白部分に「イメージ」なんて文字をユーザー自身が書けるシステムになってないからね。




ヤフーのサーバーにストックされてる記事の画像を探して内部から消したはずだ。

サブのヤフーブログにもコピペで載せてあった同じ画像が消されていた。ヤフーサービスの廃止は、安倍にとって不都合な記事を根こそぎ消すためでもあるわけだ。

国の公文書を平気で消すよう指示する連中だ。ネット上の記録も消したがる改竄はお手のものらしい。

で、毎日、異様に「不明な流入もと」からブログ内に侵入して、記事をチェックでもしているようだ(訪問者数が昨年末頃から異常に増えて気味が悪かった。新規投稿してないときも同じペースの訪問カウントで、おかしいなと)。そもそも、自分の人気取りのために芸能人を利用してブログやってきたわけじゃないからさァ、純然たるビジターは少ないブログだしね〜。「引越しシステムの延期」は、安倍に不都合な記事をできるだけ消したいからなのかも〜? 無能らしくしないことにはさァ、特に、アメブロなんかに安倍批判記事を大量に持ち込まれたら、困るからでしょ? アメーバのジャンルには「政治・経済」は無いからね〜。

『ケチッて火炎瓶』の取材をした山岡さんも階段から突き落とされて怪我。今度はアベノミクスを真向批判していた金子勝先生まで階段から転落(させ)大怪我。

森友追及者の宮本岳志さんを国会から消して、ヤフーブログも消して・・と、なにか追い詰められた犯罪者が異常発狂して、あたりかまわず抹殺して安心したがってるようにしか見えないね。

なんにせよ、無駄なワルアガキで迷惑千万。
消したがるおまえらも、どうせ消え失せるんだ。

開くトラックバック(0)

「我が国は法治国家ですから」というスガに、「もと官僚の『ひき逃げ』を逮捕しないのは法治国家といえるのか」と聞け。被疑者となるべき者に「飯塚さん」と敬称で解説するメディアらは、安倍に近い人間であれば、たとえ「ヒトをひき殺しても犯罪ではない」とでも言いたいのか安倍のせいでそこまで見識が狂ったか。そこまで隠ぺい工作に加担するか。ヒトデナシめ。おまえらの親族が、ひき殺されても罪を咎めず容認かよ。なにが「法治」だ。なにが「正義」だ。ただの見殺し「放置」じゃないか。
ゴーンや籠池は執拗に逮捕しても、ひき逃げは放置するのが警察か。「軽殺」とでも名称を変えろ。「法治国家」が聞いて呆れるワ!


イメージ 1


【飯塚幸三】池袋暴走母子死亡事故、最初はひき逃げだった!事故を目撃した人の証言!そこで止まらず凄いスピードで逃げ大惨事になった!図解を見ても、最初の交差点で人をはねた飯塚が、全速力で逃げようとしたひき逃げ事故で、逃げる途中でさらに母子を轢き殺してしまったように見えるのですが、なぜそのような扱いになっていないのでしょうね?



図解はコチラ↓
図解を見ると、池袋暴走母子死亡事故は、最初の交差点で人をはねた飯塚幸三氏が、全速力で逃げようとしたひき逃げ事故で、逃げる途中でさらに母子を轢き殺してしまったように見えるのですが、なぜそのような扱いになっていないのでしょうね? - Togetter

図解を見ると、池袋暴走母子死亡事故は、最初の交差点で人をはねた飯塚幸三氏が、全速力で逃げようとしたひき逃げ事故のように見える - 今のブログ名は #RegaindemocracyJP

【音声】池袋事故の犯人飯塚幸三、ドライブレコーダー「どうしたんだろう」妻との会話 - 本日の解説クラブ

飯塚は医師から体が自由に動かせない状態でだから車の運転は控えるように忠告されていた。東京暮らしなのに何故タクシーを利用しなかった。上級国民に傲慢さが出たのだろう。いまだに車プリウスのブレーキが効かなかったと言い張る。警察はプリウスに異常はなっかたとしている。

=======

官僚池袋暴走事故【少しでも不安なら車を運転しない選択肢を】松永さんの夫会見!旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が運転する車が暴走し自転車に乗っていた松永さん母子や歩行者を次々にはねた! - みんなが知るべき情報/今日の物語




池袋暴走事故、元官僚【飯塚幸三】は救急車を呼ばなかった、息子にはすぐ電話したが!メディアはいまだ容疑者と呼ばない!今ごろ骨折して入院しているという、だから逮捕されていない?…本当か! - みんなが知るべき情報/今日の物語

人を轢き殺しても逮捕もされない人たち!元官僚と検察高官!池袋暴走事故【飯塚幸三氏】経済産業省工業技術院長!港区白金暴走事故【石川達紘氏】元東京地検特捜部長!日本の刑事司法は完全に腐敗している!植草一秀の『知られざる真実』 - みんなが知るべき情報/今日の物語

開くトラックバック(0)

恋夜のFC2ブログ画面がヤフーブログのカスタム画面になってます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓見てチョ(^^)/。紛らわしいけど。

▼コレです。FC2のロゴマークとお知らせがちゃんとついてます。
イメージ 1

面白いね〜。こんなこともできちゃうんだね、FC2って。
FC2画面を開いて、下のほうへず〜っと移動させると、
改造前のテンプレート画面もそのまま連続して付いてます。
ヤフー背景が反映されてるので、サイドメニューはよく見えません。

FC2ブログのヘッダー部分を改造するため、
一時的にヤフーブログのHTMLを参考にしようと思い、
公式テンプレートを改造して一時的に切り替えてみました。

ヤフーブログからログアウトしてゲスト画面を右クリックし、
HTMLソースを表示させてメモ帳などへコピペし、
広告部分をカットして、FC2のテンプレート管理画面の
編集をクリックしてHTML枠の部分へ張り付け、
プレビューで確認しながらヘッダーの隙間を消すとバッチリです。
(最新記事からリンク不能※最新画面からリンク可能。)

※ヤフーブログが存続している間だけのリンクとなります。
 ゲスト画面からログインもちゃんとできます。
  

FC2の共有テプレートで、ヤフーブログの過去記事が
すんなり収まる2カラムのワイド画面を物色して、
部分的にいじくりまわしてみましたが、
大きさが自動で切り替わる可変タイプのテンプレは
IEブラウザでは画面拡大率が175%以上だと
記事内部の文字が枠からはみ出すワ、
大きい画像も枠からはみ出したりして
見苦しくなって使えそうにありません。
粘って改造してみますが・・(*´ω`*)オラよくわかんね〜。

3カラムは狭すぎて論外。

他のブログにヤフーの過去記事をすんなり納めるために、
一番良い方法は、廃止されるヤフーからテンプレごと他者ブログへ提供すれば良いだけだと思う。どうせもう使わないテンプレート。
されど、リンク機能が格段に優れたテンプレート。
「記事の移行」だけでなく、「カスタム設定テンプレート」も移行
(他社へ献上提供)すべきだと思う。

正直、FC2もブログのテンプレート技術者でプロレベルの提供者は左程いないようで、素人作りみたいな共有テンプレも多い感じで、加工しない限り、リンク機能的にはヤフーブログより乏しくて寂しい。

休眠されてる技術系ブログも結構あったりして。

テンプレートは表装の見栄えの良さをアピールする道具で、
肝心なのはコンテンツ(中身)だから、シンプルなほうが良いけれど、
もうちょっとなんとかならないかな〜。

サッと作業の移動ができないから、
ボタンや表示をもっと増やしたい。
任意でやるより、標準(公式)テンプレートで
もうちょっと気を利かしてほしいよ〜(´ω`*)〜。

まだ他のテンプレートもいろいろ改造してみるね〜。

イメージ 1

イメージ 2

酒に酔ってのレスポンスだったそうですが、まあ、ある意味「正直」な発言なんじゃないですか? 最近、思うのよ。寧ろ、安倍の幼稚すぎる憲法「改竄」願望によって、自衛隊も交戦派も、この際、中東(イスラエルとイランなど)の戦争に絡んで、全部吹っ飛んじゃったほうがいいんじゃなかろうかなと。暴走が止められないなら、逆に発破かけてやるのも手だね。「強そうなこと」言ってるだけで、いざ戦闘となれば、後方支援から抹殺されるのだし。

そうすれば、安倍政権は岸の分も背負って立派な「戦犯」の勲章が得られるってわけ。え、勝てばいいって? 勝てっこないでしょ、22万のうちのせいぜい2万たらずの精鋭勢力じゃ。ならば徴兵して集めればいいって? すぐ熱中症になって倒れるだけでしょ? 現場に行かない兵站活動で遠隔操作の戦争すればいいって? すぐノイローゼになって、口封じ自殺(一応、戦死)に追い込まれるだけだよ? 戦争を知らないオバカ人間が増殖してきたから、戦争の恐怖を理解させないといけないのかもね。

人も文書も平気で消し、自身と界隈の犯罪は徹底的にモミ消しながらセセラ笑って平然としている戦争屋カルト家族会議連中には、消されたものの恨みや怒り、そして戦争の恐怖を、新たに味わってもらおうか。毎度の不正選挙で大統領に再選されたネタニヤフあたりが今、味わってるようだしね。剣の舞をサウジの皇太子と楽しんだトランプが、後に掌返しをしたように、いよいよ今月25日から3日間、安倍との「最後の晩餐」をしに来日するわけで、アベムーニー退治に着手するのかもね。無論、殺さず生かさずで内政干渉はしないでしょうけどね。延命しても残されたのは「生き地獄」の道しかなくなるんだよね、安倍は。
あの手この手で、せいぜい媚びへつらう安倍をヨイショするんだな。ゴミウリサンケー犬どもめ。

「戦争したい」と言ってるんだ。やらせてやれ。
「やられる」ことは全く考えない幼稚脳なんだ。
字も読めないくせに偉そうに威張りくさって差別して、
金と甘言で罠にはめ、陥れ、吊し上げて叩いて嘲笑う。
人の痛みなど微塵も感じられないヤツらには、
その身をもって痛い思いを感じさせてやろうじゃないの。
守る対象が消えれば終わりなんだ。命は戻らない。

野蛮な長州朝鮮部落民を利用した「日本乗っ取り」のきっかけが明治維新の真の姿。「自民」や「維新」を旗印に掲げ、ニセモノの錦の御旗にすり寄る連中の性根は戦争惹起と侵略と殲滅(みなごろし)の支配欲しかないのだから。そうしなければ「平和」にならないと、いつもビクビクして腹でもクダすしか能がないんでしょ。「揶揄」ではなく、それが「事実」だから痛いところを突かれてギャースカ騒いでるのが偽装作家の『永遠のゼロッパゲ』みたいなヤツなんでしょ。女あさりの番組でTVデビューしてエセ作家にまでなって捏造小説書いて敗訴して安倍の応援してるだけのセコい奴め。

全643ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事