ここから本文です
☆恋の映画とお酒に恋してる☆
心ときめく3月 でも忙しいよね…

書庫全体表示

トリスタンとイゾルデ

イメージ 1

ワーグナーがお好きな方なら、このタイトルはもうご存知ですよね。

ロミオとジュリエットの原点といわれるケルト民話がもともとのもの、だそうですけれど、
これはそれをリドリー・スコット製作総指揮で映画化されたものです。

色々細かいところはお話違っちゃったりもするんですけど、
大体こういうお話が原作なんですね〜

http://isolde.jp/tristan_story.html

でも映画はより人間的に、
今の世に生きる私たちにもわかりやすいように描いてあります。

イギリス。
コーンウォールの領主マーク(ルーファス・シーウェル)は、
幼くしてアイルランド軍に両親を殺されたトリスタン(ジェームズ・フランコ)を
大怪我をしてまで命がけで守り、連れ帰り、我が子同様に育てます。

ローマ帝国が崩壊してイギリスは分裂状態。
アイルランドは強大な力を持ち、ばらばらになったイギリスを手に入れるべく戦いを続けておりました。

成長したトリスタンは、そのアイルランドとの戦で瀕死の重傷を負い、
死んだものとして船に乗せられ海に流されます。

流れにのって漂着した先は皮肉なことにアイルランド。
王女イゾルデ(ソフィア・マイルズ)は、トリスタンを助け、看病するうちに
2人は恋に落ちていきます。

しかし残酷な運命が2人を待っています。
無事生き延びたトリスタンは、イゾルデを恩義のあるマーク王に渡すことになってしまうのでした。。


この映画、ジェームズ・フランコあたりはご存知の方も多いかもですけど、
俗に言うビッグネームの役者さんを使ってないんですよね。
そのせいか、物語の中に自然に入っていけて、よかったかな〜とも思います。

最初は恋の行方を、イゾルデの乳母の視点のように見守っていたのですけど、
これがもっと大きな物語に展開していくのですよねえ。。

この人が好き、と思ったらそれはもう絶対誰が何と言おうと揺るぎません。
ましてや恋する2人なんてなったら、引き裂くことなど不可能に近いです。

ところが、それより大きなものがある・・・
大事なものがある、と生きるのが人の世の常。

誰にでも経験がある激しく燃え上がる恋心は、
周囲の人たちの中でどうあるべきなのでしょう。
愛するということは、もっと色々な意味を含んでいるのかも・・・
いや、でもやっぱり・・・

永遠に答えは出ないかも^^;

やっぱりジェームズ・フランコは素敵でございました♪
柔らかそうな巻き毛と、
ちょっと哀しげな瞳がうるうるしてて、母性をくすぐります。。

ぇ、私だけ?^^;

彼は役作りのために漁村に滞在して、
ひとり剣の訓練、乗馬、イギリス式英語の発音などをマスターするために、
8か月のトレーニングを積んだそうです。
アメリカ人のキャストは彼だけだったそうですから、
随分苦労したかもしれませんねえ。。


監督はケヴィン・レイノルズ
以下、キャストはご覧の通り。。

ジェームズ・フランコ  トリスタン
ソフィア・マイルズ   イゾルデ
ルーファス・シーウェル   マーク
デヴィッド・パトリック・オハラ
マーク・ストロング
ヘンリー・カヴィル
ブロナー・ギャラガー
ロナン・ヴィバート
ルーシー・ラッセル

戦いのシーンも、風景も、衣装も見事でございました。

たまにはこういう正統派もいいですよ〜^^秋ですし♪

  • 顔アイコン

    オペラ版とかなり違うので、最初アタマ混乱したのですが、次第にこちらの解釈に引き込まれました。ストーリー的にはこちらが好きです。裏切られるマーク王。でもその器の大きさが素晴らしかったですね。

    car*ou*he*ak

    2006/10/26(木) 午後 3:18

  • 顔アイコン

    ため息が出るほど素敵な作品でした。燃え上がる恋の炎で周りが全然見えなくなっている二人の気持ちも、大きな愛で包み込むマーク王の気持ちも痛いほど伝わって来ましたね。私はマーク王に一番感動しましたけど…。早くDVDが出ないかな?なんてことを早々と思っております(笑)TBありがとうございました。お返しさせてくださいね。

    つらら

    2006/10/26(木) 午後 3:55

  • 言い伝えと少し違うようですが、こちらが私も好きです^^マーク王も断然こちらが素敵ですね〜♪

    恋

    2006/10/27(金) 午前 0:15

  • 人を好きになることは、誰にも止められませんものねえ。。そのあたりの苦悩がよく描いてあったな〜と思います。媚薬の登場はないのですね。。あったら。。この話かなり違ってますよね。。つららさんw

    恋

    2006/10/27(金) 午前 0:18

  • アバター

    いやいや、ジェームズ・フランコよかったですよね〜♪まさに仰るとおり母性本能くすぐられましたよ〜(笑)ストーリーもせつないけれど愛に満ちた主役の3人がとてもよかったし引き込まれる映画でした。TBありがとうです〜♪

    choro

    2006/10/27(金) 午前 8:11

  • 激動の時代と、誰を信じていいかわからない中でのこの3人の心のありかたには感動させられました。愛ってなんでしょうねえ。。朝から重いですかねえ。。 Choroさん。。^^;

    恋

    2006/10/27(金) 午前 8:35

  • 顔アイコン

    やっと観たよw とても雰囲気のある、いい映画でした。たまにはこういう伝説の世界に浸ってみるのもいいものです。綺麗な役者と綺麗な映像、良く出来た物語、中世の雰囲気もとてもいい。なかなかよかったです。TBしますね。

    [ サミー ]

    2006/11/2(木) 午後 0:05

  • そういえば最近こういう映画ちょっとなかったですよね〜♪ 音楽も素敵でしたし、この世界にうっとり浸っておりました^^ジニーさん。

    恋

    2006/11/2(木) 午後 2:44

  • ジェームズ・フランコがかっこよすぎて倒れそうになりました。正統派の映画もいいものですね〜。しばらく映画観なくてもいいかも〜と思ってしまうほど素敵な映画でしたね。
    恋さん、体調が良くないのでしょうか?仕事も無理せず休んでからのんびり更新してくださいね。

    かりおか

    2007/6/26(火) 午前 10:07

  • ジェームズ・フランコよかったですよねえ。。この映画観た後しばらく現実を見れないくらいうっとりしておりましたw
    ご心配をおかけ致しました。ぼちぼちやっております^^かりおかさん。トラバありがとうございます。

    恋

    2007/7/4(水) 午前 8:07

  • 構えてみたら、予想外に気楽に見れてしまいました。少し現代的な感覚がしましたね・・・。ワーグナー好きは先入観があるのかも??TBさせていただきます。

    takutaku!

    2007/8/26(日) 午後 3:00

  • こういう時代のものではありますが、テーマは永遠にある物語。。というところでしょうか^^トラバありがとうございます、たくたくさん♪

    恋

    2007/8/26(日) 午後 10:15

  • 顔アイコン

    やっとDVDで観ました
    ジェームズ・フランコいいわ♡
    TBしますね

    あく(ノ゜゜)ノびっくり!!

    2007/9/25(火) 午後 11:04

  • この役は素敵でしたねえ。。
    某蜘蛛男のお話より、こういうコスチュームものが向いているかもしれないですね、あくびさん。
    トラバありがとうございます。

    恋

    2007/9/25(火) 午後 11:55

  • ジェームズ・フランコ素敵でした
    そんな努力をしていたとは!
    TBさせてください(v´∀`)Ne★

    [ 翔syow ]

    2008/3/15(土) 午後 7:15

  • 素敵でしたよね〜♪
    さすが役者さん、努力は怠りません^^
    トラバありがとうございます^^syowさん。

    恋

    2008/3/16(日) 午前 0:30

  • 顔アイコン

    ワーグナー・オペラ無知(ワーグナー・オペラだけじゃありませんが)なので、すんなり話に入り込みどっぷりはまってしまいました。重厚でロマンチックで素敵な映画でした^^TBさせて下さいませ〜

    M

    2008/3/29(土) 午後 11:34

  • 本当に、とても分かりやすいお話になっていて楽しめました。コスプレ映画は、大好き!イゾルデの髪の結い方なんかも、とっても素敵です〜(^^)。もちろん、ジェームズ・フランコも、すばらしかったわ!

    kuu

    2008/4/21(月) 午後 4:13

  • おっしゃるとおりですね〜♪
    重厚でロマンチックな映画って、なかなか最近なかったので、これは感動しました^^トラバありがとうございます、Mさん。

    恋

    2008/4/21(月) 午後 9:46

  • このヘアスタイルとかドレスとか、いいですよねえ。。
    気候は厳しいところでしょうけれど、やはり気品もあって。。
    トラバありがとうございます^^kuuさん。

    恋

    2008/4/21(月) 午後 9:47

開くトラックバック(10)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事