ここから本文です
☆恋の映画とお酒に恋してる☆
新緑の美しい季節です

書庫全体表示

イメージ 1

コピーはこれです。

「ダイヤの価値を決める4つのC・・・
color(色) cut(カット) clarity(透明度) carat(カラット)
しかし、実は5つ目のC(conflict)が存在することを、あなたは知る。
「自由」「家族」「真実」・・・彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た」


舞台はアフリカ・シエラレオネ共和国。

なぜこの国を舞台に『ブラッド・ダイヤモンド』という映画が撮られたのかを、
まず少々ご説明させて頂ければと思います。


ここは品質の高いダイヤモンドの産地としても有名ですが、
漂砂鉱床(つまり石や鉱物などが堆積してたりするところ)でありまして、
映画の中でも登場しますが、
水の中をさらえば、石が見つかる・・・なんていう場所だったりします。


設備投資がいらない、という便利なところにゲリラが目をつけるわけですよね。
簡単に巨額の富が生み出せる場所・・・


世界で最も平均寿命の短い国としても知られるこの国の物語で
(大体男性、女性ともに30代前半あたりが寿命とされています)
無知な私は初めてこの映画で、紛争ダイヤというものの存在を知ることになりました。



内戦が続く90年代のアフリカ、シエラレオネ共和国。
妻と子供たちと暮す美しい自然の中で、
ソロモンは漁師をしながら、子供たちの成長を楽しみにしておりました。


が、息子と歩いているそんな平和な村に、突然反政府軍であるRUFの襲撃に遭います。
彼らが弾を撃ち終える頃には、無数の遺体がそこらじゅうに転がっています。。


選挙の投票を阻止するというたったそれだけのために、
容赦なく、生き残った人々の腕を斧で切り落としてゆく反政府軍。


かろうじて家族を逃がしたものの、彼らに捕まったソロモンは、
身体が丈夫で使えそうだということでその場から連れ出され、
ダイヤモンド採掘場で、強制労働をさせられることに。


もちろん監視の目は厳しく、
ちょっとでも持ち出そうとする者があれば、
容赦なく銃を持った男たちに撃ち殺されるという状況下にあって、
なんとソロモンは、数億円にもなりそうな、ピンクダイヤの原石を見つけます。

なんとか彼は、それを秘密の場所に隠すことに成功しますが。。


ダイヤの密売人であるダニーはあることで逮捕されておりましたが、
そこで偶然、ソロモンが巨大なピンクダイヤを発見したことを知ります。


彼も長い間、アフリカで過酷な人生を生きており、
このダイヤを売りさばく事を最後に、
この世界から足を洗いたいと思うようになります。


ダニーは、ソロモンに接近。
ソロモンの家族捜しに協力するという条件で、
ダイヤの隠し場所を教えて欲しいと告げます。。


アメリカ人ジャーナリストであるマディーにも、
武装組織の資金源である、通称ブラッド・ダイヤモンドの秘密を明かすとほのめかせ、
彼女の報道パスを利用して、手伝って貰うことに。


そして同行する3人の行く手に待つものは・・・



これはね、やっと合点がいきました。
ディカプリオは、『ディパーテッド』より断然この映画の方が素晴らしいです〜♪
それでノミネートはこちらの作品だったんですねぇ。。


ご存知のようにアカデミー主演男優賞はフォレスト・ウィテカーに持って行かれましたが、
いやいや、この映画の彼の演技って、本当凄いですよ。
野性味溢れる演技と繊細さ・・・いやー見事でした。


そしてソロモンを演じたジャイモン・フンスー。
彼なしではこの映画はここまで骨太にならなかったかも。

素晴らしい存在感です。
圧倒的なアフリカを感じさせてくれました。


マディーを演じたジェニファー・コネリー。
いやあ、大人の女性ですね〜
この映画での位置がとてもよくて、さすがの演技力だと感じました。
ダニーとのシーンは泣かせます。。



凄まじい戦闘シーンには目を背けたくなるかもですが、
あの場面をじっと見つめていると、
本当に人間って、何をやっているんだろう・・・という、無常感が漂います。


辛く悲しい場面も多くありますが、
安心なさって下さい、きっと温かい気持ちも残ります。


何故残るのか、というのはそれぞれの目でお確かめになって下さいまし^^


なんでもこの映画、
最初は、ハリウッド風のアドベンチャーの予定だったそうですけれど、
エドワード・ズウィック監督が「リアルなアフリカを描きたい」ということで、
ダイヤを軸に、ここまで掘り下げた映画になった、という経緯があるみたいです。


この硬派なストーリーに、
ディカプリオが心動かされて出演となったとのこと。


実際、アフリカには現在も子供の兵士が30万人もいること、
この土地では、レイプや誘拐、虐待や殺戮が当たり前のように行われていること、
(映画の中の手足の切断はこの反政府軍が行った、哀しいけれども有名な蛮行のひとつだそう)
国民の殆どが難民であることなどを、言葉通りリアルに描き、
ハリウッドを驚かせたと言います。


・・・そりゃそうですよね、
商業世界ではスポンサーがモノを言わせている世界ですよ・・


その大スポンサーのひとつである宝石業界を
もしかして敵に回す?作品を創りあげちゃったんですから。


ちょっとワーナー・ブラザーズ(ユダヤ系です^^;)から
こんな映画が登場するなんて驚きですよねぇ。。


詳しいことは映画の中で観て頂くとして、
ちょっとこれ観ちゃうと、
あのマリリン・モンローが『紳士は金髪がお好き』で、
♪ダイヤモンドは女性の友達♪・・・なんて歌ってるのを想い出したりして。。


ま、別の意図で作られた映画をごっちゃにすることはないですけどね^^


そうそう、ダニーが自分はローデシア出身だと言うシーンが何度か登場します。


「ローデシアってジンバブエでしょ?」と軽く流されますが、
彼が何故ローデシアと言ったのか。


ダニーは白人ではありますが、
ローデシアという名前は、白人たちがある有名な人物から取った国名なのだと言われております。

その名前はローズ。
そう、あのデ・ビアス社のセシル・ローズからなんですね。


詳しいことはこちらで→  http://www15.plala.or.jp/gemuseum/gemstry-dia-smg.htm


はっきりは言えないけれど、これなんだよ、というところでしょうか。。


・・・そんなことも、ちょっと頭にあると、
この映画に込められたメッセージが、より深く理解できるかもしれないですね〜


この映画はもちろんお好みはあると思いますが、
私は、かなりのめり込んでしまいました♪


今週末公開なので、どれを観ようかな〜と思っている方に、
是非お薦めですっ。




レオナルド・ディカプリオ   ダニー・アーチャー
ジェニファー・コネリー   マディー・ボウエン
ジャイモン・フンスー   ソロモン・バンディー
マイケル・シーン   シモンズ
アーノルド・ヴォスルー   大佐
カギソ・クイパーズ   ディア・バンディー
デヴィッド・ヘアウッド   ポイズン大尉
ベイジル・ウォレス   ベンジャミン・マガイ
ンタレ・ムワイン    メド
スティーヴン・コリンズ    ウォーカー

この記事に

  • 辛い場面はあったものの後半の暖かい展開にはホロッとさせられました。社会派でいてドラマティック。満足の一本でしたね。TBさせてください。

    pu-ko

    2007/4/20(金) 午後 11:04

    返信する
  • 女性にもやはり観て欲しい作品ですね。時間がちっとも長く感じませんでした。トラバありがとうございます^^pu-koさん。

    恋

    2007/4/20(金) 午後 11:26

    返信する
  • 顔アイコン

    美しいダイヤモンドの影にこんな怖ろしい出来事があったんですね〜!!ショッキングなシーンの連続でしたが、今まで知らなかったことを教えてもらって観て良かったと思います。TBありがとうございました。お返しさせてくださいね。

    つらら

    2007/4/21(土) 午前 0:01

    返信する
  • 銃撃シーンはまさに身がすくむ思いでした。。でも、この映画観ることができてよかったです^^トラバありがとうございます、つららさん。

    恋

    2007/4/21(土) 午前 0:27

    返信する
  • 顔アイコン

    僕も「ディパーテッド」より断然この映画の方が上だと思いましたね〜そしてレオの演技力がすっかり成長してるってのもビックリでした。ほんと凄かったですよね。この作品でほんと感動がありましたが恋さんが書かれてるように「人間って何してるんやろ・・」って思わせますね。観た事を胸に刻みたいですね。

    SHIGE

    2007/4/22(日) 午前 0:42

    返信する
  • 映画としてもちゃんと楽しませてもくれて、なおかつ掘り下げた内容は現代の問題をちゃんと指摘して。。演技も素晴らしいものを見せて頂きましたし、この映画はスクリーンで観てよかった^^と、思える映画でございました。トラバありがとうございます、しげさん♪

    恋

    2007/4/22(日) 午前 9:37

    返信する
  • ローデシアの国名の由来…勉強になりました☆アフリカはダイヤだけに限らず、紛争紛争の繰り返しが今も尚…「あいのり」観ててズシっとくることが多々ありました(/_;)レオ様もジャイモンもアカデミー賞にノミネートされた迫真の演技でした☆彡

    沙粧

    2007/4/23(月) 午前 1:22

    返信する
  • 主要な3人の演技がやはり確かなものだったので、物語に飲み込まれてしまいました。重いテーマですが、素晴らしい映画でしたね。トラバありがとうございます、紗粧さん。

    恋

    2007/4/23(月) 午前 7:19

    返信する
  • はじめまして〜色んなところから飛んできました(笑 ブラッドダイヤモンド、そーとー良かったですよね。ジンバブエ、そういうことだったんですか〜勉強になりました!TBさせてください☆

    Tommy

    2007/4/25(水) 午前 0:08

    返信する
  • いらっしゃいませ^^Tommyさん。相当よかったです♪ 映画としても満足のいく作品ですし、なおかつまた深い闇の世界をひとつ知ることとなり。。こういう映画でまだまだ学ぶことは多そうです。トラバありがとうございます。

    恋

    2007/4/25(水) 午前 7:54

    返信する
  • 見応えのある映画でした。重いテーマを損なうことなくバランスよく作られていたように感じます。遅ればせながらTBさせていただきます。

    takutaku!

    2007/10/7(日) 午後 10:44

    返信する
  • これは私も真剣に見入ってしまいました。
    絶対「ディパーテッド」よりいいですよねw
    なんて個人的な意見をついw
    トラバありがとうございます^^たくたくさん。

    恋

    2007/10/7(日) 午後 10:53

    返信する
  • こんな深い映画だったとは!と衝撃を受けました。
    少年兵の洗脳のシーンや紛争シーンがリアルでしたね。
    実際もあんな感じなのかなと思うと…ダイヤがほしいなんて軽々しく言えるセリフではなくなってきました(>_<)
    TBお返しさせてくださいね。

    ゆき

    2007/11/1(木) 午前 10:22

    返信する
  • 色々な社会問題に興味を持つレオさまが選んだだけありますよね。。
    この作品はとてもよく出来ていると思いました。
    トラバありがとうございます^^ゆきさん。

    恋

    2007/11/1(木) 午後 9:52

    返信する
  • 顔アイコン

    この作品は本当に衝撃でした。娯楽作としてではなく、強烈なメッセージが放たれるような凄まじい熱を帯びた作品だと思います。今、この社会で生きるならこの現実を見て欲しいと思います。

    sha**owgra*e197*

    2007/12/25(火) 午後 0:34

    返信する
  • レオ様の演技が素晴らしかったし、この映画自体が持つパワーも凄かったです。こういう形で知る現状というのもありますね〜
    トラバありがとうございます、ぐれいぶさん。

    恋

    2007/12/26(水) 午前 0:54

    返信する
  • 詳しい記事ありがとうございました。アフリカ混迷の原因にもなってるとは。婚約指輪にダイヤなども宝石会社の仕掛けなんですね。遠く離れているけれど、日本人はお得意さんですね。こういう真実が広く知られるべきですね。スターのレオが意識が高く、こういう映画を選んで出演しているのが、強く逞しくなって頼もしいですね。レオは映画でいつも輝いているので、作品はどれも引き込まれます。TBお返ししますね。

    かりおか

    2008/1/25(金) 午前 8:40

    返信する
  • この映画は本当にすごかったですね。ローデシア出身ってとこにそんな意味があったとは。。。!!深いですね。TBさせてください

    恋愛映画

    2008/11/25(火) 午前 5:54

    返信する
  • 遅いレスすみません。。かりおかさん。
    こういう事情に本当に疎くて、かなり衝撃を受けました。
    レオはなるほどこういうことに関してアンテナを張っていますね〜今に政治家になっちゃうのかな。。^^;
    トラバありがとうございます。

    恋

    2008/11/25(火) 午後 9:55

    返信する
  • あのレオ様の映画だわ、なんて思ってたら非常に深い映画でやられた〜と思っちゃいましたね。ダイアモンドにそんな話があったとは。。かなりショックを受けました。。
    トラバありがとうございます^^恋愛映画さん。

    恋

    2008/11/25(火) 午後 9:57

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(29)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事