ここから本文です
☆恋の映画とお酒に恋してる☆
心ときめく3月 でも忙しいよね…

書庫全体表示

少林少女

イメージ 1

ど、どうしよう^^;
これ書くの勇気要りますよね。。

チャウ・シンチーは
「ブルース・リーファンクラブ名誉会長」と自ら名乗るほど、
ブルース・リーを尊敬してやまない方なんですけど、
彼がこの作品に参加してるんですよね。。


うーん。。 




「踊る大捜査線」の本広克行監督&亀山千広プロデューサーと
「少林サッカー」のチャウ・シンチーが強力タッグを組み、
柴咲コウを主演に迎えて贈るカンフー・アクション・エンタテインメント。
共演に仲村トオル。


今は亡き祖父の少林拳道場を継ぐため、中国にある“少林拳武術学校”で修行していた凛。
三千日の厳しい修行を終え、
“日本に少林拳を広めたい”との想いを胸に帰国した彼女を待っていたのは、廃墟と化した道場だった。

途方に暮れた凛は、ひょんなことから国際星館大学女子ラクロス部の劉にスカウトされる。

部員に少林拳を教えようと思い立ち、助っ人として入部した凛だったが、
そんな彼女を特別な思いで見つめる男がいた。
最強を追い求め続ける学長の大場雄一郎。

彼は凛との対決を願わずにはいられなくなっていく。


                                allcinemaより



柴咲コウさんがとても頑張られた、という話は聞いております。
実際彼女、良く頑張っていたと思います。。けど。。

映画の出来がねぇ(汗)


一体何の映画だったんだろう・・・

笑いも中途半端、
シリアスなところは、ちょっと、それはないんじゃないの、という描き方で
自分は何を観せられているのか、わからなくなってしまいます。


ブルース・リーのファンの方なら
彼の作品を使うのだったら、
もっとこうして欲しかった、という思いを私同様抱かれるんじゃないのかなぁ。。


白いあの少林着も、『燃えよ、ドラゴン』で彼が着ていたものですよね。
頬に傷・・・これも同じだし、
高いところへ戦いながら塔を登って行くのは『死亡遊戯』かな・・・その後入る鏡張りの部屋。。


でも、あの一瞬登場する、あの人物はなんだ^^;



一番よかったのは岡村さんとの場面かもしれませんけど、
それだってこの中でよかったのは。。という評価しか出来ませんし。


最後はドラゴンボールになるのかと思いましたよ・・・
(実際今、チャウ・シンチーは実写版の『ドラゴン・ボール』を撮影中らしいですw)


今日公開ですので色々細かいところを挙げるのは遠慮しますが、
柴咲コウさんを観たい方なら、納得・・・なのかなぁ。。


うーん、
辛口レビューになってしまって申し訳ないです・・・






柴咲コウ   桜沢凛
仲村トオル   大場雄一郎
キティ・チャン   劉[王民][王民]
ティン・カイマン   ティン
ラム・ジーチョン   ラム
岡村隆史   田村龍司
江口洋介   岩井拳児

  • なかなか女優さんが1年かけて準備してカンフー映画を撮る、なんてことはないですよね。彼女の頑張りは凄いです^^
    ファンの方なら楽しめるかもですね〜くるみさん。
    トラバありがとうございます。

    恋

    2008/5/1(木) 午前 8:12

  • 日本でもいよいよカンフー映画(それも柴咲コウちゃん主演)が。。と、予告編で期待していたので、あれ、カンフー映画?コメディ?青春物?と、ちょっと混乱を^^;
    トラバありがとうございます、月海さん。

    恋

    2008/5/1(木) 午前 8:16

  • うーん、何を描きたかったかがわからなかったんですよね。。
    面白いか、というとネタはこれまでのカンフー映画なんかでやったものばかりでしたしねぇ。。コウちゃんの頑張りと、岡村さんの個性が見どころといえば、見どころかしらん。。と。かりおかさん。。

    恋

    2008/5/1(木) 午前 8:19

  • フジ系ですから案外早く観れるかもしれないですね〜♪
    『どろろ』の時もそうですが、柴咲コウちゃんって、本当に本格的に役に取り組む女優さんなのですね、すごいな〜と思いますよ。jeantakoさん。

    恋

    2008/5/1(木) 午前 8:23

  • 顔アイコン

    レビューを書くのも遠慮したくなる出来でしたね〜今の柴咲コウちゃんが、わざわざ出なくても・・・もっと若手のこれからの女優さんで良かったかも・・・10年前なら凄い映像もただのパロディでした><;

    [ MA2DA裏BLOG ]

    2008/5/1(木) 午後 10:19

  • あはぁ^^; まあそういう感じですよね。。マツダさん。。
    でも彼女で観客が集まる、ということはあるみたいですし。。

    恋

    2008/5/1(木) 午後 10:45

  • 顔アイコン

    後半、ストーリーがぐちゃぐちゃになってしまって、おもろなかったです。あれこれ詰め込みすぎたですね。UDONのようなつまらない映画になってしまいました。

    mossan

    2008/5/3(土) 午後 4:15

  • 記事にも書きましたが焦点がぼやけて、ちょっと。。ですよねえ。。トラバありがとうございます^^もっさん。

    恋

    2008/5/3(土) 午後 11:28

  • うちの息子が見まして、ほぼ同じ様なことを言ってました。
    コメディーなのか、そうでないのか、中途半端だったそうです。
    ステキな女優さんを主演にしたのにちょっと残念ですね〜!

    ゆうちゃん

    2008/5/7(水) 午後 6:44

  • じっ、実は…公開してすぐ観たのですが、記事に何を書けばいいんだ…と悩み…
    でも、コウちゃんは「どろろ」以上にワイヤー頑張ってました☆岡村クンと少林サッカーのお二方も子供達に人気でした♪

    沙粧

    2008/5/10(土) 午前 1:16

  • 息子さんがそうおっしゃっておられましたか。。
    やっぱり映画に入り込むには、これがどういう映画なのかを漠然とでも感じていないと入り込めないかもしれないですねえ。。
    トラバありがとうございます^^ゆうちゃん。

    恋

    2008/5/12(月) 午前 8:10

  • わかります(汗)
    こういう記事書いていいのかしらん、と、思いつつ私も書いたわけでございまして。。^^;
    コウちゃんの頑張り、さすがの岡村さんでしたね^^トラバありがとうございます、沙粧さん。

    恋

    2008/5/12(月) 午前 8:11

  • 顔アイコン

    珍しく恋さんにしては辛口ですね(笑)
    まー私も近いような感想でしたが、やはり岡村隆史との対決が
    一番よかったでしょうか??

    中村トオルとのはちょっとCG使いまくりでありえない雰囲気で
    ま〜〜〜そういう「超」っていう感じにしたかったのでしょうが、
    あの締めくくりは・・・。うーむ。

    柴崎コウが非常に頑張っていた感じがわかるだけに、どうでしょう?
    という印象も強い気がします。あまりギャグを入れなくてもよかったかも。

    女の子がみんなで、小林拳を練習している様とかは、
    雰囲気好きでしたが(笑)
    ・・・でも本当のミドコロは別になくては、と思いますよね!?

    詰まらないというよりは、勿体無いというか、中途半端というか
    そんな印象でした・・・(ーー;)

    エルザの大聖堂への行列に並ぶ人

    2008/5/14(水) 午後 10:31

  • 恋さんがこれほどの辛口レビューだっただけありやはり何を語りたいのかが分からない作品でしたね。何もかもが中途半端で柴崎コウさんをとにかく見ていたいというファンにしか価値がない作品かも。トラバ返しさせてくださいね。

    いっちー

    2009/3/22(日) 午後 11:22

  • 遅レス申し訳ございません。。
    岡村隆史さんはお見事でございました ^^
    そうですね〜もったいないですよね〜エルザさん。。

    恋

    2009/3/23(月) 午後 3:57

  • 彼女の頑張りは聞いていたので楽しみにしていたのですけれど・・・
    なんだかちょっと、よくわかりませんでした^^;
    トラバありがとうございます、いっちーさん。

    恋

    2009/3/23(月) 午後 3:58

  • 恋さんには珍しい酷評ですね…^^;
    コメディ、カンフー、癒し(?)、全てに中途半端に終わってしまったようですが、
    TV局製作の映画はだいたいこんなもんじゃないですか?

    やっくん

    2009/4/27(月) 午後 11:45

  • ファンの方がご覧になったらどう思われるか^^;
    柴咲コウちゃんの頑張りは素晴らしいと思うのですが、
    ブルース・リーをリスペクトしている私には、ちょっと解せないことが多くあり。。個人的な感想ですからお許し下さいませ(汗)
    トラバありがとうございます ^^ やっくん。

    恋

    2009/4/28(火) 午前 8:18

  • 恋さんでさえ酷評になってしまうのが納得の中途半端な作品だったと思います。
    結局この映画何だったのでしょうね。
    コウちゃんの頑張りが分かる分、余計に観ていてつらくなってきちゃいました( ´Д⊂
    TBさせて下さいね!

    ゆき

    2009/6/13(土) 午後 7:39

  • お好みだとは思うのですけど、休日に1800円払って劇場で観たら、ちょっと。。^^;
    コウちゃんの頑張りは確かに凄いと思うのですが、映画として何かしらの印象が残らないと・・・
    トラバありがとうございます ^^ ゆきさん。

    恋

    2009/6/13(土) 午後 11:18

開くトラックバック(9)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事