ここから本文です
☆恋の映画とお酒に恋してる☆
心ときめく3月 でも忙しいよね…

書庫全体表示

ひまわり

イメージ 1

1970年のイタリア製作映画です。


ヘンリー・マンシーニのあの名曲は、
この年のアカデミー賞作曲賞にノミネート。


え、今でも愛されるこの曲がノミネートだけなんて・・・と、調べたら、
1970年は、フランシス・レイが受賞しているのですね。


『ある愛の詩』で・・・うーん、どっちも名曲だわ。。




子供の頃の話になりますけれど、父とこの作品を観ていまして。


沢山のひまわりが映っているから
『ひまわり』っていう映画なのね、と、言う私に、


「ひまわりは太陽を追いかけているよね。この女の人は、誰を追いかけてここに来たんだろう?」


父が逆に私に尋ねて、はっ、としたことを思い出します。


ひとつのものを観るときに、
色々な角度から、色々な情報から、そしてなにより自分の感覚から観ることが大事だよ、と、
そのとき教わったような気がします。


もちろん当時は、
ただ、はっ、としただけなんですけどね ^^



この作品に登場するひまわりの花たちの印象は、
作品を観るたび、私が年齢を重ねるごとに、微妙に変化しています。



ウクライナの大地に咲き乱れる、多くの花の下に埋まっている死体。

命を落とした大勢の人々が、
太陽を仰ぎ見たいと望んだに違いない、凍てついた戦いの大地。



そしてこの映画で揺れている沢山の黄色い花々は・・・


太陽の方を向いておりません。

下を向いて咲いているのです。。



原題は『I GIRASOLI』
『SUNFLOWER』です。





ナポリの女性ジョヴァンナは、ソ連の戦線に送られて以来、
戦後も行方不明になった夫を探すことを決心する。

だが、探し当てた夫は、シベリアの娘と幸せな結婚をしていた……。


戦争によって引き裂かれた夫婦の悲劇を描いたメロドラマ。

H・マンシーニのメロディが涙を誘う。


                                  allcinemaより


明るい太陽の中、
知り合ったばかりらしい男と女は、美しい海辺で抱き合っています。


男が彼女のピアスを飲み込んだことで、
「それ純金なのよ」「俺だって胃潰瘍だよ」
「海の水を飲んで」「塩辛いよ」
「当たり前じゃないの。可愛いひと」


陽気なカップルは大騒ぎのあと、再び抱き合います。



最初は12日の休暇を貰うための結婚だったのが、
もっと2人でいる時間を延ばすために、大騒ぎまで引き起こし・・・


オムレツのエピソードを含め、楽しい前半です。


それがソ連へ出兵が決まってから、
大きく運命の歯車が動き始めるわけですね。




これはもう、多くの方がご覧になられているので、
特に説明することも、何もないのですが。


あれだけ無邪気だった若い男女が、
別々に年齢を重ね、ずっと引き摺っていかねばならないものがある、ということ。。



戦争が、どれだけの人々の幸せを奪ったのかを
この2人の人生を観ながら、私たちは知ることになります。



再会のシーンは2度ありますけれど、
どちらも胸がいっぱいになっちゃいますよね。



彼女が夫の写真を持って、
イタリア人はいないか、と、見知らぬ国を訪ね歩き、
ついに小さな娘がいる美しいブロンドの女性に連れられ、
線路脇で、着いたばかりの汽車から降りる夫の姿を見て・・・


これはとても有名なシーンですが、やはり涙なしには見れないです。。




「死を目の前にすると、人間は変るんだ・・・でも、こんな説明じゃわかってもらえないだろう」


夫は無事なんでしょ、と、テーブルを叩き、わめいていたあの女性が、
停電した、暗いアパートの一室で、
もう一度やりなおそう、という、男の言葉を聞いている・・・


静かなシーンですけど、ここも凄いです。




イタリア行きの列車のチケットを手に入れようとするところで、
「いえ、行くのは彼ひとりです。私は幼い娘もいますし、引っ越したばかりですから」
と、健気に応える若い妻。


彼女の心情を思うと、これまた泣けてきます。




誰が悪い、という犯人探しは出来ません。

ただただ、こんな戦争が、二度と起きないようにと祈るばかりです。



ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ、
そしてこの女性なら、と、思わせる美しいリュドミラ・サベリーエワ。


このキャストがまた素晴らしい。

文句なしでございます♪



そうそう、製作に名を連ねているのは、
色々あった後、ソフィア・ローレンが結婚したカルロ・ポンティです。



この映画の中のジョヴァンニの赤ちゃんは、
ソフィア・ローレンの本当のお子さんなんですって。


未見の方は是非一度ご覧になって下さいませ。







ソフィア・ローレン
マルチェロ・マストロヤンニ
リュドミラ・サベリーエワ
アンナ・カレナ


監督: ヴィットリオ・デ・シーカ
製作: ヴィットリオ・デ・シーカ
カルロ・ポンティ
脚本: チェザーレ・ザヴァッティーニ
トニーノ・グエッラ
ゲオルギ・ムディバニ
撮影: ジュゼッペ・ロトゥンノ
音楽: ヘンリー・マンシーニ

  • 朝方まで雨でしたが、すっかり午後には晴れて暖かくなりました。
    レンタルできたでしょうか ^^ あの番組を観た方が多くて、レンタルされてなかった、なんてこと、あったりして♪
    またご覧になられたら、感想よろしくです ^^ あきさん。

    恋

    2011/2/9(水) 午後 10:40

  • 私も悲しいお話だとは思ったのですが、大人になってからの方が、より切ない物語かもしれないですねえ。。
    まあ、感受性の強いお母様で。。^^;

    そうなんです。私にはそう見えちゃったんですよね、くろねこさん。

    恋

    2011/2/9(水) 午後 10:41

  • 酸いも甘いもw
    大人の魅力ですよ〜 ^^ ひかりさん♪
    イーストウッドやポール・ニューマン、マックイーンなんて役者さんの映画は、殆ど父との想い出に浸れます。。^^;
    イタリア映画、そういえば、この手は珍しかったかもしれないですね。父も案外ロマンチストだったのかもしれませんね〜

    恋

    2011/2/9(水) 午後 10:43

  • あれはそう思っちゃいますよね。
    もちろん、そうするのはいいことじゃないと私も思うのですけど。。
    やっちゃうこともあるかな〜って。。ね ^^ る〜さん。

    恋

    2011/2/9(水) 午後 10:45

  • 想い出の作品でもおありなのですね ^^
    私も何故か観ちゃう作品のひとつなのです。
    劇場では彼女の声、そんなに大きかったのですね。。^^; Shinchanさん。

    恋

    2011/2/9(水) 午後 10:46

  • いえいえ。。^^;
    うちは父も母も映画が好きで、父は亡くなりましたけれど、母とはDVDを観ながら食事をしたりという。。あ、お行儀悪いのかしら。。^^;
    いい作品だと思っております。
    ポチ、ありがとうございます ^^ けいときさん。

    恋

    2011/2/9(水) 午後 10:48

  • 顔アイコン

    素敵なお父様だなぁ〜♪
    私も親父に「はっ!」としたことあるあるです。
    「ひまわり」は中学の頃に見ましたが、ソフィアローレンの表情が忘れられません。人生の酸いも甘いも知った今、もう一度見てみようと思います。。。(^^;)

    あんず(*^m^*)

    2011/2/10(木) 午前 0:29

  • ありがとうございます ^^ そう素敵だと思ったことはないのですけどもw
    酸いも甘いもw
    これ、ちょっとツボになりつつあります、あんずさんw

    恋

    2011/2/10(木) 午前 7:47

  • 顔アイコン

    この映画、その昔、月曜ロードショーで観ました。まさに可憐という感じのリュドミラ・サベリーエワと、ヘンリー・マンシーニの音楽が印象的でした。テレビ放映版だと、前半の夫婦でイチャイチャの部分はカットされてたかも。

    [ einhorn2233 ]

    2011/2/11(金) 午前 1:02

  • 昔の映画はいいですね。なんだろう?趣があるというか、今時にはない重厚な感じありますね。僕はこの映画子供の頃見たのですが、このテーマの曲と駅のシーンが忘れられません。俳優さんも渋いというかカッコいいしね^^

    カンパネ

    2011/2/11(金) 午前 1:12

  • この映画は、多感な年頃の時に・・・(^^;
    心に残る名作ですね。ひまわりの花言葉も好きです・・・(^^)

    リュドミラ・サベリーエワの瞳に、デレっとしてしまいました・・・(爆)

    NZ_RR

    2011/2/11(金) 午前 7:00

  • 質素な格好なのですけど、エプロンを外しながら駅へ向う姿とか。。美しい方でしたね〜
    あ、そうなのですか。相当仲良くしているシーンありましたけどね ^^ einhornさん。

    恋

    2011/2/11(金) 午前 10:30

  • ストーリーにも入っていけますし、余韻も残りますね。
    名作といわれるものは、そういうものかもしれません ^^
    ところでお久しぶりです、カンパネさん♪

    恋

    2011/2/11(金) 午前 10:31

  • 「私はあなただけを見つめていたい」でしたっけ ^^

    リュドミラ・サベリーエワの美しいブルーの瞳、印象的でしたよね〜 ^^ nzrrさん。

    恋

    2011/2/11(金) 午前 10:32

  • 顔アイコン

    お父さんの含蓄のあるお言葉も凄いですが、ちゃんと記憶に残されている恋さんも素晴らしいですね。戦争は誰も幸せにはしない。ソフィアのグッと耐える姿に胸をうちます。TBさせてくださいね。

    シーラカンス

    2011/2/11(金) 午前 11:17

  • たまたま憶えていただけのことで。。^^;
    でも父と一緒に映画を観ていると、世界が広がる感じがして楽しかったですよ〜疑問もすぐ解決しますし♪
    ホントその通りですね。戦争の空しさを描いた名作だと思います。
    トラバありがとうございます、シーラカンスさん。

    恋

    2011/2/11(金) 午後 11:00

  • 顔アイコン

    この映画は、観てません
    案外、古い映画は片寄っていてあの頃はリバイバルの西部劇あたりは
    よく見ましたが・・・

    [ - ]

    2011/2/12(土) 午後 1:10

  • むか〜し、観ました♪
    名作ですもんね〜曲も良い曲でしたし^^
    ジョヴァンニの赤ちゃん、ソフィア・ローレンの本当のお子さん?!
    それは知りませんでした(アセアセ)いや〜それを知って、再見したいです!

    くるみ

    2011/2/13(日) 午後 4:56

  • 西部劇も私は実はとても好きなのですよ〜♪
    そういう作品も記事にしていければいいな、と、思っております、rindoさん。

    恋

    2011/2/13(日) 午後 10:46

  • ええとこの製作年数から考えると・・・
    数学苦手なので、赤ちゃんの年齢計算はやめときます。。^^;
    いい作品ですよね。多くの方に愛されて、また映画は幸せになる、なんてことも思っております ^^ くるみさん。

    恋

    2011/2/13(日) 午後 10:48

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事