ここから本文です
☆恋の映画とお酒に恋してる☆
心ときめく3月 でも忙しいよね…

書庫全体表示

ヒア アフター

イメージ 1

「死後の世界を、あなたは信じますか?」


こんな風に「信じますか?」と、イエスかノーかで問われると、
だってそんなことわかんないし、
はっきり答える理由もないし・・・と、
なぜか即答出来なかったり致します。


そんな感じの「死後の世界」


でも、毎日仏壇にお茶とご飯を供え、
「今日も1日ありがとうございました。今、色々あって大変なんだけど、お父さん見守ってね」

・・・そんなことを言う人間に向って、

「あなたはおかしい、その人はこの世にいない人なのですよ」
なんていう人は、まずいないような気がします。



イエスかノーか、という問い方がいけないのか、
それとも、人は本能的に「死」をするような事柄から逃れようとするのか、
理由はよくわかりませんけれど、
報道番組や、一般の新聞で、このテーマが取上げられることは、
まずない、といってもいいでしょう。


さて、それをクリント・イーストウッドが映画にしました。



彼は、身体は老いて行くはずなのに、
次々と新しいことにチャレンジなさる方なのですねぇ・・・私も見習わなねば。。^^;



2010年度のアカデミー賞で、
視覚効果賞にノミネートされております。


原題は『HEREAFTER』




「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなる
クリント・イーストウッド監督とスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈る
スピリチュアル・ヒューマン・ドラマ。


死後の世界をテーマに、
それぞれのかたちで死と向き合った三者の人生が,
運命にいざなわれるがごとく絡み合っていくさまを感動的に綴る。


主演は「インビクタス/負けざる者たち」に続いて
イーストウッド監督作出演となったマット・デイモン。

共演に「スパニッシュ・アパートメント」「ハイテンション」のセシル・ドゥ・フランス。



パリのジャーナリスト、マリーは、
恋人と東南アジアでのバカンスを楽しんでいた。

だがそのさなか、津波に襲われ、九死に一生を得る。


それ以来、死の淵を彷徨っていた時に見た不思議な光景(ビジョン)が忘れられないマリーは、
そのビジョンが何たるかを追究しようと独自に調査を始めるのだった。


サンフランシスコ。

かつて霊能者として活躍したジョージ。


今では自らその能力と距離を置き、工場で働いていた。

しかし、好意を寄せていた女性との間に図らずも霊能力が介在してしまい、
2人は離ればなれに。


ロンドンに暮らす双子の少年ジェイソンとマーカス。

ある日、突然の交通事故で兄ジェイソンがこの世を去ってしまう。

もう一度兄と話したいと願うマーカスは霊能者を訪ね歩き、
やがてジョージの古いウェブサイトに行き着く。


そんな中、それぞれの事情でロンドンにやって来るジョージとマリー。


こうして、3人の人生は引き寄せ合うように交錯していくこととなるが…。


allcinemaより



洗練された作品ですねぇ、それでいて骨太です。


洗練を、老練とも、素朴とも、削ぎ落とされた、とも、無駄がない、とも、
色々言い換えることは可能だと思うのですけれど、
やっぱり映像の見事さから言うと、
「洗練」が一番しっくり来る感じがしますね〜



イーストウッド監督は、
人を描くことにかけての天才ですが、
それはどの時代、どの環境、性別、年齢であろうと、
こちらが参った、と言わざるを得ない、絶妙な距離感で、
さらりと、シンプルに、作品の中でみせてくれますね。


これまでも人が死ぬ、と、いうことが作品の中に多く登場しましたけれど、
この作品の取上げ方は、ちょっと違います。




フランス人の女性ジャーナリスト、マリー・ルレが、
突然の大津波に襲われ、臨死体験をする、という場面から始まります。



ここの撮影も極力CGを使わない、ということで、
俯瞰の場面以外は、かなり大変な撮影だったのではないかしら、
なんて想像しちゃうんですけど、
美しい青い海が、みるみる豹変して大津波となり、
大勢の命を奪い、生き残った人々の生活を一変させてしまう・・・

そのシーンを丁寧に撮りたい、という監督の気持ちが、
この映画そのものかもしれない・・・そんな風に感じました。



自分がある能力を持つことで、
人と触れ合うことを恐れ、工場勤務をしているジョージ。



彼が10週かけて習うことにした、
イタリア料理の教室へ通い始めるという「意味」


本人が意識しているかどうかはわからないのですが、
ジョージの気持ちがわかると、
ここでの出来事は、より切ないですね。。



ロンドンの双子の男の子たちもそう。

辛いこと、大変なこと、これまで2人で乗り越えて来たのに、
それが果たせなくなったとき・・・



運命はそれぞれに訪れ、
辛いことも経験し、乗り越えて生きていかねばなりませんが、
「孤独」ということを、これだけの映像で描けるのか、というのには、
今回も唸らされましたね〜



例えばジョージ。

彼女が部屋から出て行ってしまったあと、
カメラが少し引いて、奥の部屋のモノクロの絵画が映って、
数秒、そして終わる、なんてところは、一見普通の映像なのに、胸が痛みます。


イタリア人シェフが「僕と組むとコンテストは優勝だよ」と、言う場面でも、
刻まれている赤いトマトの色、
慰めようとするそのシェフ明るさと、ジョージの心のコントラストが。。

・・・もう、枚挙に暇がないほど、これらの映像が語るものは大きいです。



ディケンズの「リーディング」、見事な伏線でしたね。


これは脚本家が優れているのだとも思うのですが、
ジョージにとって、どれほどディケンズの「リーディング」が大事かというのを、
日常の中でちゃんと描いてあるのも、さすがでした。


「リーディング」というのには、色々と意味があるらしいですよ。

映画をご覧になった方で、お調べになると、そっか〜となるかも♪



マット・デイモンの演技はやっぱり、というか、完璧です。


セシル・ドゥ・フランスの心の変化も見事でしたし、
マクラレン兄弟のあの一体感は、
さすが双子ならではかもしれません。


・・・他にも沢山触れたいところはあるのですが、
それはご覧になった方のもの、ということで。



今回もイーストウッドの音楽が、
ギターで、ピアノで、優しく優しく流れます。




私たちは「死」を遠ざけようとしますが、
必ずそれはやってきます。


「死」を無視することなく、よりよく生きるために「死」を想う・・・


このスタンスが大事なのかもしれないですね。







マット・デイモン   ジョージ
セシル・ドゥ・フランス   マリー・ルレ
フランキー・マクラレン   マーカス/ジェイソン
ジョージ・マクラレン   マーカス/ジェイソン
ジェイ・モーア   ビリー
ブライス・ダラス・ハワード   メラニー
マルト・ケラー   ルソー博士
ティエリー・ヌーヴィック   ディディエ
デレク・ジャコビ
ミレーヌ・ジャンパノイ
ステファーヌ・フレス
リンゼイ・マーシャル
スティーヴン・R・シリッパ
ジェニファー・ルイス
ローラン・バトー
トム・ベアード
ニーヴ・キューザック
ジョージ・コスティガン


監督: クリント・イーストウッド
製作: クリント・イーストウッド
キャスリーン・ケネディ
ロバート・ロレンツ
製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ
フランク・マーシャル
ティム・ムーア
ピーター・モーガン
脚本: ピーター・モーガン
撮影: トム・スターン
プロダクションデザイン: ジェームズ・J・ムラカミ
衣装デザイン: デボラ・ホッパー
編集: ジョエル・コックス
ゲイリー・ローチ
音楽: クリント・イーストウッド

  • 顔アイコン

    試写会で一足先に見ることが出来ました。
    どちらかといえば、骨太というよりも、
    一筆書きされた水墨画のような作品。
    80歳になったイーストウッドが「死」を真っ向からとりあげて、
    なおかつサラリと書き上げてみたこと自体に感動しました。
    最後の双子の場面はもう号泣ですよ。
    退屈だ、という感想が出るのもわからなくはなかったですけど...。

    [ 鉄平ちゃん ]

    2011/2/22(火) 午後 11:52

  • アバター

    観て来れたよ〜〜(≧∇≦)/ 大感激♪
    想像以上に迫力あって美しい映像だったし、それぞれの心情が伝わって
    ずっとウルウルでしたぁ〜o(;△;)o さすがクリント様 (*’▽’)
    TBさせてね〜(o^−^o)

    フラン

    2011/2/22(火) 午後 11:54

  • 色々な受け取り方はあるでしょうね〜 ^^
    私はこういう距離感、なんだか沁みましたね。。
    本当にこの監督の「目」は、いつも優しいです。鉄平さん。

    恋

    2011/2/23(水) 午前 8:13

  • あ、ご覧になれたのですね ^^ よかったわ〜♪
    そうそう、映像美しかったですね。
    その中に込められたさまざまなメッセージもちゃんと伝わって来ましたよ〜
    トラバありがとうございます ^^ フランさん。

    恋

    2011/2/23(水) 午前 8:14

  • 一晩でも語り合いたい、そんな作品でしたね!
    もっともっと観ていたかったし、ゆっくりかみしめながら観ていける安心感。どれをとっても洗練されていたけど、ジョージの描き方は特に素晴らしかったです。
    TBさせてくださいね☆

    なぎ

    2011/2/23(水) 午後 10:02

  • マット君の新作、気になってました
    よかった!完璧なのね〜☆これは期待しちゃいます。
    イーストウッド監督の表現って本当に心にきますよね
    劇場にいけたらみたい!!><

    恋愛映画

    2011/2/23(水) 午後 10:41

  • 顔アイコン

    クリントらしい淡々とした運びでしたが、三人の人生が交差するところなど、とても上手く作られていたし、あちらの世界を絡めつつもこちらで生きることに焦点をあてているのが好みでした。
    TBお願いします。

    オネム

    2011/2/24(木) 午後 1:00

  • この映画は、観ようと思っています・・・。

    NZ_RR

    2011/2/24(木) 午後 1:02

  • 必ずやってくる”死”についての、イーストウッドの、思いが感じられました。
    いつもながら、人を優しく包んでくれるような、映像と音楽に、ホッと出来ました。

    kuu

    2011/2/24(木) 午後 2:50

  • すごく気になってる映画です。クリント・イーストウッドってどうしてもダーティー・ハリーっていうイメージが強いのですが、ミリオンダラーベイビーを観て監督としての才能もすごいな〜って感動しました。

    [ おじさん。 ]

    2011/2/25(金) 午後 10:38

  • 恋さんのレビューを読んでうんうんともあっ!そこ気づかなかったってところも(笑)
    ほんとふとした映像で心情を現わして余計な言葉を言わせなかったりするところが私も好きです。
    ラストマッドが一度立ったけどまた座ったあたりで涙が・・・
    その間の取り方の上手さに監督の素晴らしさが・・・
    死はだれにでも来るから…それまで素敵に生きたいですね。
    TBお願いします。

    ひかり

    2011/2/26(土) 午後 4:56

  • マット・デイモン主演だし、スピリチュアルだし、イーストウッド監督だし、スピルバーグ総指揮だし、双子ちゃんの地下鉄事件の時にガーっと泣いて、骨太だけどラストはとても心温まりました〜
    そうだ…色だ…色にもジーンと惹かれたんだ…
    TBさせて頂きました↓

    沙粧

    2011/2/27(日) 午後 3:06

  • 死んだ人間より宇宙人と話してみたいと思ってる者です^^

    三人の人生がなるほどうまいこと交差しましたね。
    死を感じたことのある3人だからこそ、それぞれ希望のある未来が暗示された終盤は良かったですね〜^^
    ブライス・ダラス・ハワードも目隠しがエロ過ぎます(笑)

    インビクタスでイーストウッド大丈夫か?と思いましたが、何とか持ち直したようです・・・(個人的にですが^^;)
    トラバさせてもらいますね☆

    36 サブロー

    2011/2/28(月) 午後 7:23

  • 顔アイコン

    "だってそんなことわかんないし、
    はっきり答える理由もないし・・・"
    ↑いいですね(笑。はっきり分からない私たちが一番普通?なのかなって思います。おそれの世界?うまく言葉で表せません^^;。
    イーストウッドの作品はみなさん評価が高いんですが、私はマカロニウェスタンのトラウマ?か、おもしろいんですが「が」が付いてしまいます^^;。
    本作も、おもしろかったんですが…(・。・;。

    shin

    2011/3/1(火) 午前 11:04

  • タイムリーすぎて劇場から降ろされちゃいました(TдT)
    はやく観ておけばよかった・・・。

    ビッグガーデンルアーズ

    2011/3/17(木) 午前 6:23

  • 地震の直後に観たので、津波のシーンは何とも言えない気分になりました…。
    音楽が凄く心地良く響いて、耳に残りました♪
    個人的には少し淡々としすぎたかなぁと^^;

    TBお願いします!!

    れじみ

    2011/5/25(水) 午前 5:48

  • アバター

    今回もイーストウッド風の音楽で癒されましたね(笑)
    死後の世界を題材としながらもおどろおどろしくないところが良かったと思います。

    こころパパ

    2011/10/10(月) 午後 1:05

  • DVDレンタルが始まりましたんで
    借りて来ま〜す☆
    ・・・今となっては被災地でなくてもショックな出来事過ぎて、
    映像も、レポート記事も・・・
    映画が楽しく感じるかちょっと複雑ですが((。´・ω・)。

    ビッグガーデンルアーズ

    2011/11/6(日) 午前 9:15

  • そう言えば上のコメントから一年経ちますが、ヒアアフター、DVDで観ましたw。素晴らしい出来栄えでした。
    メイキングが良い出来なので、恋さん良かったら観て下さい(^_^)

    ビッグガーデンルアーズ

    2012/11/6(火) 午前 0:51

  • 顔アイコン

    はじめまして、

    ずいぶん前の記事ですが、TBさせてください Pls TB〜

    [ たっふぃー ]

    2017/1/17(火) 午後 4:06

開くトラックバック(20)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事