ここから本文です
☆恋の映画とお酒に恋してる☆
心ときめく3月 でも忙しいよね…

書庫映画・ま行

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

MR.デスティニー

イメージ 1

1990年のアメリカ製作映画です。


大変なことが沢山ありすぎて、腐っているところに車が故障。

そこは誰もいない街角で、
すぐ横に、小さなバーのネオンサインが見えます。



レッカー車を呼ぶ電話をかけるため、その店に入ると、
マイケル・ケインが
「いらっしゃいませ」と、薄暗い店内から声をかけ・・・



映画の中の主人公が、彼と話すのは必然ですが、
映画の外からこれを観ている私も、
マイケル・ケインがバーテンダーなら、
そこで気が済むまで、相手をして貰って、お酒を飲み続けていたい。。



・・・って、願望を語って、どうする、って話ですけれど。。^^;


原題は『MR. DESTINY』




ラリーはいつも、高校野球の試合で活躍できなかったことを悔やんでいた。

その試合以来、自分の人生は失敗ばかりだと、思っていたのだ。


そんなある日、会社をクビになった勢いでバーに飛び込んだ彼は、
バーテンから不思議なカクテルをふるまわれる。

そしてそれを飲んだ瞬間、ラリーは過去に戻っていた……。


                                   allcinemaより


この元ネタは、ああ、あの作品だな、と、
映画がお好きな方なら、すぐおわかりになるでしょうね。



ときおりふと、こんなことを思ったこと、ありません?


あのとき、もし別の結果を出していたら、
今の自分はきっと、違う人生を生きていたかもしれない・・・



もちろん、今に至る道は実はそんなに簡単ではなくて、
目の前に光の玉がぽん、ぽん、ぽん、と現れて、
2通りの説明をされて済む話ではありません。


ずっとずっとそこいらの話は複雑ではあるのですが、
それでも人というのは、
今が切なければ切ないほど、辛ければ辛いほど、
「もしあのとき・・・」という想いを抱いてしまうことがあったり致します。



この物語のラリーもそのひとり。



彼は高校の野球の試合で、
ここで勝てば一発逆転、町のヒーローになるというバッターボックスに立ちます。


そこで、ほんの0.5秒バットを振るのが遅れてしまい、
その大事な試合に負けてしまいます。



それから色々あって、
地元のスポーツ関連の会社に勤務していますが、
父親、妻、友人など、みんな同じ会社で働いています。



彼の35歳の誕生日。

6歳から食べ続けているお気に入りのシリアルを、妻が買い忘れたことから始まり、
次々とトラブルに見舞われ、
ラリーの人生最悪の日として終わろうとしておりました・・・



そこで、冒頭のバーが登場するわけですが、
マイケル・ケインは、一応マイクと名乗っていますが、正体は謎。


「人生で何かを選択するとき、自分は示唆をする、君はそれを選んでいるんだ」

・・・ま、彼のセリフを借りれば、そういう存在、ということなんですけれど ^^



そして不思議なカクテルを飲み、
ラリーはあの運命の試合で、
逆転サヨナラホームランを打った男として、
そのバーから歩み出すこととなってしまうのです。。




ジェームズ・ベルーシ、相当可笑しくて、でも下品じゃないので、
やっぱりいいですね〜 ^^ とてもいい感じです。


彼の妻の役が、リンダ・ハミルトン。

条件反射的に、名前はサラじゃないか・・・
そう思われる方がいらっしゃるかもですけど、彼女の役名は、エレンです。



大体ストーリーは想像頂けると思うのですけれど、
その見せ方が巧いんですよね〜



爆笑シーンも多いのですが、
物語として、ぐいぐい観ている人間を引っ張りこむ力があるのですよ。



最後のシーンなんて、もう最高ですっ〜♪



ラストにあのシーンを持ってきて、
そこで、あの、「オンリー・ユー」・・・


え、なんで私は泣いているの。。^^;


ああ、言えないのがもどかしい・・・でも言わない・・・



こんな映画を観た日は、
今日という日が散々でも、ちょっと元気を貰っちゃいますね。


いい作品です ^^ ご家族揃ってご覧になれる作品でもありますよ〜!








ジェームズ・ベルーシ    ラリー・ジョセフ・バロウズ
リンダ・ハミルトン    エレン・ジョセフ・バロウズ
マイケル・ケイン    マイク
ジョン・ロヴィッツ    クリップ
ハート・ボックナー    ナイルズ・ベンダー
レネ・ルッソ    シンディ・ジョー
コートニー・コックス    ジュエル・ジャガー
キャシー・アイアランド


監督: ジェームズ・オア
製作: ジェームズ・オア
ジム・クルークシャンク
製作総指揮: ローレンス・マーク
脚本: ジェームズ・オア
ジム・クルークシャンク
撮影: アレックス・トムソン
音楽: デヴィッド・ニューマン

イメージ 1

2009年のアメリカ製作映画です。


3Dアニメとして劇場公開されたので、
ご覧になられた方も多いかもしれませんね〜 ^^


殆どの地域で吹き替え版だったのかな?

今回は字幕版で観ることが出来ました。


有名な役者さんたちの声が聞けるのって、ちょっと嬉しいですっ。


でも日村さんのボブだけは、ちょっと聞いてみたかった気がする・・・


原題は『MONSTERS VS. ALIENS』





それまで日陰の存在だったモンスターたちが、突如地球に襲来したエイリアン相手に大活躍する
痛快SFアドベンチャー・アニメ。


ごく普通の女性がひょんなかことから巨大化してしまったばかりに
奇妙な生き物たちと一緒にモンスター扱いされ、果てはエイリアンと戦わされるハメになるさまを、
SF映画はじめ過去の名作へのオマージュをふんだんにコミカルに描き出す。


声の出演にオスカー女優リース・ウィザースプーン、
「24」のキーファー・サザーランド。


監督は「シャーク・テイル」のロブ・レターマンと「シュレック2」のコンラッド・ヴァーノン。




今まさに幸せの絶頂にいたスーザン。

恋人とついに念願の結婚式を迎えようとしていたのだ。

ところが、式の直前しばしテラスでひとり佇んでいたところ、
突然落下してきた謎の隕石の直撃を受けてしまう。


そして、何が起きたのか分からないまま式に臨んだスーザンの身体はおよそ15mにまで巨大化し、
周囲のみならず自らもパニックに陥るスーザン。


すると、そこへ軍隊が駆けつけ、彼女を捕獲して連れ去ってしまうのだった。


やがて、冷たく固い建物の中で目覚めたスーザンの前には、奇妙奇天烈な生物たちが。

彼らはみなモンスターとしてこの施設に監禁されていた。


スーザンもまた、事情を説明するモンガー将軍から
“ジャイノミカ”と名付けられ彼らの仲間入りとなる。


一方その頃、米政府は地球侵略を目論むギャラクサーが放った
エイリアン・ロボットへの応戦に苦しんでいた。


窮地に立たされた人類は、ついにモンスター軍団の出動を決断、
スーザンも当然のようにエイリアンとの戦いに駆り出されてしまうのだが…。


                                 allcinemaより




ドリームワークスの、
あの三日月の上で釣りをしている少年が、
いきなりやって来た宇宙船に攫われてしまいます。


・・・あらら。。^^;



解説にもあったように、
これが、沢山の過去の作品へのオマージュで出来上がっている作品ということは、
観ているとなんとなくわかりますね。



ストーリーはとてもわかりやすいです。

突然宇宙から降って来た隕石に遭遇してしまったばかりに、
巨大化してしまうヒロイン、スーザン。


わけがわからないうちに収容されてしまう施設は、
「モンスター」と呼ばれる生き物たちがずっと監禁されています。


が、地球にエイリアンが現れ、
アメリカ大統領が接見するのですが、役に立たず。
(この大統領、『未知との遭遇』、『ビバリーヒルズ・コップ』を何故か演奏・・・不思議・・・)



アメリカ政府はついにモンスター軍団をエイリアンと戦わせることを決断。


自由と引き換えに、彼らは戦うことを決意。


さて・・・というお話です。

ね、シンプルでしょ〜



大体なんちゃら物質だの、なんちゃら光線だの、
人類は分からなくていいのだ、でもすごいのだ、
みたいな「貴重な怖いもの」が登場したり、
エイリアンは、今でこそ銀色の小さい人というイメージが強いですけれど、
昔は火星人はタコそっくりだった・・・なんてことから、
この作品でもエイリアンはイカそっくりだったり致します。



こういう場合、表舞台に立つのはアメリカで
(これ、映画の中でもセリフとしても登場しますw)
アメリカの象徴的なものが壊される、というシーンがあって・・・などなど、
堂々とこの手の作品の王道を行くアニメなんですよね。



核ボタンとコーヒーを入れるボタンが、隣り合って2つ並んでいます。


形も大きさも色も全く同じで、
コーヒーを飲もうとするたび、大統領が間違えそうになるので、
みんな毎回、大騒ぎをするのですが・・・


若干自虐ネタなのかしらん・・・^^;



モンスターたちも、きっと様々な映画からヒントを得た、という感じなので、
B級映画や、昔のSF映画にお詳しい方だと、より楽しめるかもしれないですね。



トウキョウを襲ったムシザウルスは、
多分ゴジラのイメージなのだと思うのですが、
でも見かけは、ジプリ映画のモスラなんですよね。。あ、叱られるかしら(汗)



お子さんが楽しめる作品になっているので、
難しいことは全くわからなくても大丈夫です。



スーザンの肌とか、髪とか、質感の描き方は、凄いですね〜 

これ、3Dでご覧になった方は驚かれたと思いますよ。



なかなか楽しかったのですけど、
個人的にはどうしてもピクサー作品の方が・・・好きかなぁ・・・


いえ、これがいけないわけじゃないんです、十分楽しめるのですけれど。。



大人が観て、どきっとする、というか、
きゅん、とする感じが・・・欲しいかな〜なんて。



ちょっと、贅沢言っちゃいました♪







リース・ウィザースプーン スーザン
セス・ローゲン ボブ
ヒュー・ローリー コックローチ博士
ウィル・アーネット ミッシング・リンク
キーファー・サザーランド W・R・モンガー
レイン・ウィルソン
ポール・ラッド デレク
スティーヴン・コルバート 大統領


声の出演(日本語吹替版)
ベッキー   スーザン
日村勇紀   ボブ
内田直哉   コックローチ博士
乃村健次   ミッシング・リンク
山路和弘   W・R・モンガー
青山穣   ギャラクサー
小川輝晃   デレク
森川智之   大統領

監督: ロブ・レターマン
コンラッド・ヴァーノン
製作: リサ・ステュワート
原案: ロブ・レターマン
コンラッド・ヴァーノン
脚本: ロブ・レターマン
マイア・フォーブス
ウォーリー・ウォロダースキー
ジョナサン・エイベル
グレン・バーガー
プロダクションデザイン: デヴィッド・ジェームズ
音楽: ヘンリー・ジャックマン

マチェーテ

イメージ 1

以前、『プラネット・テラー in グラインドハウス』の記事を書いたとき、
「この本編も上映してよ〜と、心から願っちゃったりして」
なんてことも、入れちゃっておりました。


・・・私の意見が通って、ここについに完成〜!

と、いうわけではなさそうですが、
念願叶って、この長編が観られるとは・・・



でも、前の『プラネット・テラー in グラインドハウス』がR-15だったのに、
今回はR+18という。。


大人じゃないと、こういうので遊んじゃいけないよ、
というところでしょうか ^^


原題は『MACHETE』


もちろん、主演は、
ロドリゲス監督の従兄でもある、ダニー・トレホでございます。




ロバート・ロドリゲス監督が盟友クエンティン・タランティーノと組み、
B級映画へのオマージュとして撮り上げた二本立て映画「グラインドハウス」。


本作は、その中で上映するためだけに製作された架空の映画の予告編「マチェーテ」を、
ロドリゲス監督自ら豪華キャストを贅沢に起用し
実際に長編映画として完成させたバイオレンス・アクション。


主演は「デスペラード」「スパイキッズ」シリーズはじめ、
ロドリゲス作品には欠かせないコワモテ俳優、ダニー・トレホ。


共演はスティーヴン・セガール、ミシェル・ロドリゲス、ジェシカ・アルバ、ロバート・デ・ニーロ。

また、多くのロドリゲス作品で編集を手掛けてきたイーサン・マニキスが
共同監督として監督デビューを飾った。




麻薬王トーレスによって愛する家族を殺されたメキシコの元連邦捜査官マチェーテ。

今はアメリカのテキサスで不法移民に身をやつし、復讐の時を待っていた。

ある日、彼は謎のビジネスマンからその腕っ節を見込まれ、
高額の報酬と引き換えに不法移民の弾圧を目論む悪徳議員マクラフリンの暗殺を依頼される。


しかしそれは、不法移民排斥を有利に進めるために仕組まれた巧妙な罠だった。


なんとか窮地を脱したマチェーテは、
タコスを販売しながら不法移民を裏で支援する女トラック運転手ルースと
銃の扱いはお手の物の聖職者パードレの助けを借り、
復讐へと乗り出す。一方、アメリカ移民局の美人捜査官サルタナは、
マチェーテに疑いの目を向け近づいていくのだが…。


                                    allcinemaより



今回もタランティーノが、
製作者のひとりに名を連ねております。


ええと、これ、真面目に記事書けないですよねw


もちろん真剣に作られた作品ではありますけれど、
これはB級映画として、存分に楽しんで下さい、
そのために大人の映画に指定されちゃっても、全く構いませんよ、という、
作り手の気持ちがひしひしと感じられる、
「とんでもない」作品なんですもん。



冒頭の乗り込むシーンから、人体バラバラになっちゃうし、
色っぽいおねーちゃんの・・・あ、書けない。。^^;



ストーリーは、よくある復讐劇。

でも観客がそれを観て、どれほどぶっ飛ぶか、
どれだけ楽しめるか、と、いうのを
花火を打ち上げる勢いで、ノリノリで作っちゃいました、というものなので、
このシーンはこういう伏線がありまして・・・なんてものは一切なしっ。


・・・あ、あったかも・・・って、
しっかりしなさいよ、私。。



だらけた医者と、短すぎる制服のナースたちが雑談しているとき、
腸の長さの話が出てきて、
うん?と、思ったら、
ちゃんとそれをすぐ後に役立てるマチェーテ。


いくら怪我をしていても、マチェーテ、勉強かかさない、ですね〜♪



字幕の中に、携帯メールが出来ないマチェーテが、
教えて貰って(そんな、教えてもらった、というほどのシーンはなかったのですけど)
あっという間にメールを作成し、敵方に送る、という場面で、
「マチェーテ、やればできる」みたいなのが、そのまんま出てたので、
思わずふき出してしまいました。・・・



キャストも無駄に豪華ですよっ。


ダニー・トレホは思い切り「不細工な男」と、
映画の中でされているにも関わらず、
ジェシカ・アルバちゃんにも、ミシェル・ロドリゲスにもモテモテで、
それだけではおさまらず・・・


やれやれ、この調子だと全部書いてしまいそうだわ。。



でも、みなさんが仰っていたように、
ジェシカよりもミシェルの方が、
ぐっとセクシーでフェロモン全開だったのにはびっくり。


腰骨ぎりぎりまで下げた黒の皮の・・・

そういえば鎖骨が見える、とか、
女性が色っぽく見えちゃうのは、骨が大事なんですね、骨が。
(またどうでもいいことを・・・)




デ・ニーロはなんとも情けない役で、
最初は彼に似たニセモノが出ているのかしら、と、思ったくらい。


ですけど、案外こういう役を一流と呼ばれる方々は、
楽しんで演じられるみたいですね〜



スティーヴン・セガールは、はっきり悪役なんですが、
最後の場面の「じゃあ一生会えそうにないな」の、あとの、
あのシーンなんて、まさにサムライの作法ですよね〜 


リンジー・ローハンは・・・
自虐ネタ、ということで、よろしいのかしら?^^;



完全な娯楽作品なのに、
移民問題などもさりげなく盛り込んであるところも、そこはさすが、ロドリゲス監督。



エンディングもどこまで続編作る気だ・・・というのに、
またしても笑わせて貰っちゃったのでした♪






ダニー・トレホ   マチェーテ
ジェシカ・アルバ   サルタナ
ロバート・デ・ニーロ   マクラフリン議員
スティーヴン・セガール   トーレス
ミシェル・ロドリゲス   ルース
ジェフ・フェイヒー   ブース
ドン・ジョンソン   ヴォン
シェー・ウィガム   スナイパー
リンジー・ローハン   エイプリル
チーチ・マリン   パードレ



監督: イーサン・マニキス
ロバート・ロドリゲス
製作: エリザベス・アヴェラン
アーロン・カウフマン
イリアナ・ニコリック
ロバート・ロドリゲス
リック・シュウォーツ
クエンティン・タランティーノ
製作総指揮: アラン・バーノン
アンソニー・グダス
マイルズ・ネステル
脚本: ロバート・ロドリゲス
アルヴァロ・ロドリゲス
撮影: ジミー・リンゼイ
衣装デザイン: ニナ・プロクター
編集: レベッカ・ロドリゲス
音楽: ジョン・デブニー

マッハ!弐

イメージ 1

2008年のタイ製作映画です。


前作、確か劇場で観た記憶が。


確かに凄かったです♪

口の中に虫が飛び込んできても、わからないくらい、
例によって、あんぐり口を開けて観ていた気が致します。



先日、レンタルしたDVDを観ていると、
まさかのトニー・ジャーが突然に現れたので、その予告に釘付け。



早速借りてきてしまう私なのでした・・・ったくもーw





生身の肉体を駆使したリアルにして過激な超絶アクションで
世界にセンセーションを巻き起こした、トニー・ジャー主演「マッハ!」の第2弾。


本作では前作でアクション監督を務めたパンナー・リットグライとともに監督にも初挑戦し、
さらなる極限のアクションに挑む。



アユタヤ王国による侵略が進むタイ。


東の王国では家臣ラーチャセーナのクーデターによって、国王とその妻が殺され
息子のティンだけが、
山賊“ガルーダの翼峰”のリーダー、チューナンに救われる。


山奥に暮らす彼らのもとで生活し、
ムエタイ、剣術、カンフーなどあらゆる格闘技を学び、究極の戦士へと成長していくティン。


チューナンを父のように慕い、
チューナンもまたティンを自分の後継者にと考えていた。


しかしティンには、ラーチャセーナへの復讐という果たさなければならない宿命が待っていた。

                                      allcinemaより




予告のセリフを聞くと痺れますよね〜


1.CGを使いません(練習あるのみです)

2.ワイヤーを使いません(他の人は使います)

3.スタントマンを使いません(ただし、痛いです)

4.早回しを使いません(見せ場はスローモーションを使います)

5.今回はムエタイ以外も使います



うろ覚えなので、間違っていたらすみません・・・ってあら。

アップしたら、画像に書いてありましたね(汗)



これを聞くと、ものすごく興奮しちゃうんですけど、
それって私だけ?^^;



でも今思えば、その映像の半分は前の作品のものでしたね・・・ずるい〜!



前の『マッハ!』でも役名同じでしたけど、
このシリーズはずっと同じ名前で通してるのですね・・・ということは、
もしかして、私には想像も出来ませんけど、
アクションの壮大ななんちゃらシリーズ、とかいうのになる予定なのかしら。



全編アクションです、っていうのですけど、
こういう時代でこういう出来事があって、
それでこうなって、ああなって・・・と、ストーリーがあるんです。



映画にストーリーがあるじゃないか、なんて、ケチをつけるのは、
多分私が間違ってると思うのですけど・・・^^;


トニー・ジャーを観たい人は、
多分「それよりも」彼のアクションが観たいはずなんですよね〜



もちろん象との絡みとか、予告以上のことやってくれていますし、
ジャッキー・チェンもびっくりの酔拳なんかも登場したりで、
楽しめる場面も、多々あるのですが、
うーん、生真面目な復讐劇になっているので、
その辺りが正直、まどろっこしい感じがしてしまうのかも。



幼馴染の女の子も、あれだけの美人に成長してるのだったら、
もう少し印象深いエピソードがあった方がよかったかなぁ。



トニー演じるティンは、感情の起伏がほぼない、というか、
いつも怒っているような表情なので、
ここはもっと怒ってますよ、
みたいなところが、個人的には欲しかった気が致します。



で、エンディングは非常に驚かれると思います・・・


私もこんなに驚いたのは、久しぶりでございます。。^^;


冷静に考えると、原題、
そして前の作品にもそういえば・・・というところもあるにはあるのですけど、
でもこれだけ観た人には、一体なんのことやら。。



とはいえ、また次が出たら私は観ちゃうのでしょうねぇ〜



で、なんで私はこのシリーズ観ると興奮しちゃうかというと・・・と、
話が最初に戻りそうなので、ここら辺にしておきます、はい♪










トニー・ジャー
ソーラポン・チャートリー
サルンヨー・ウォングックラチャン
ニルット・シリジャンヤー
ダン・チューポン
サンスティク・プロムシリ
ペットターイ・ウォンカムラオ

開くトラックバック(1)

イメージ 1

2007年のアメリカ製作映画です。


原題は『THE GIRL IN THE PARK』
ジャンルは、サスペンスとなっておりますが、違うんですよ〜


日本未公開作品ですけど、
キャストもなかなか豪華ですよね。


デヴィッド・オーバーンの初監督作品ですけれど、
彼はかつて『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』の原作・脚本、
そしてリメイク版『イルマーレ』の脚本を手がけた方。


今回も脚本を手がけていまして、
それであの娘は・・・


あ。ジャンルはサスペンス?


ってことは・・・って、
書きながら考える癖、
毎回なんとかしなくちゃとは思うんですけどね。。^^;




ジュリアは2児の母親で、理解のある優しい夫を持ち、
夜は好きなジャズを歌う、という幸せな生活を送っていました。


ある日、いつものように3歳の幼い娘、マギーを公園に連れて行くのですが、
ちょっと目を離した隙に、娘の姿が忽然と消えてしまいます。



必死で探すジュリア。

しかし娘は見つからず。


そして16年後・・・



ジュリアは離婚し、銀行に勤めていますが、
転勤で、再び以前暮らしていたニューヨークに戻って来ました。



成長した息子のクリスは建設業を営み、
愛する女性と結婚を控えています。


結婚式直前、ということから、親族が集まることも多いのですが、
ジュリアは彼から遠ざかるように、
クリスが彼女を招待しても、すぐ姿を消してしまいます。



再婚した父親も気にかけている様子ですが、
自分が過去に、ジュリアとどうしても生活を立て直せなかったことを息子に告げ、
共倒れになるな、と、忠告します。


そんな頃ジュリアはひとりの若い女性、ルイーズと知り合うのですが・・・




丁寧に心理描写がされているので、
果たしてルイーズは何者なのか、に、
つい気持ちは行っちゃいそうにはなるんですけど、
抑えたトーンがよくて、最後までじっくり見入ってしまいます。



娘を失った母親の苦悩の深さって、私たちには理解出来ないかもしれないですねぇ。



ジュリアが起こす行動のひとつひとつは、
ちょっとだけ・・・この「ちょっとだけ」が、なかなかなんですが・・・
人に違和感を感じさせちゃうんです。



彼女は一線を大きくは踏み越えてはいないし、
きちんと自立もしているのですが、
そこのところが、観る側に、
彼女って、一体どうなんだろう、と、思わせるんですよね。



次第にルイーズに心を奪われていくジュリア。

ルイーズもジュリアには心を許している様子をみせますが・・・


最後まで観たのですけど、
はっきり、ルイーズのことを、こっちでしょ、とは、はっきり言えないんですよ。



・・・ちゃんと観てなかったから?^^;


そうかもしれないですけど、
もしかすると、どちらにとってもいいですよ、
みたいな感じの作品で、案外それがいいのかもしれないんですよね。



なかなか考えさせられるドラマです。

興味がおありの方は、ご覧になって下さいませ〜♪








シガーニー・ウィーヴァー
ケイト・ボスワース
アレッサンドロ・ニヴォラ
ケリー・ラッセル
デヴィッド・ラッシュ
イライアス・コティーズ

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事