リノクウ お部屋作りを楽しく、カンタンに!

DIY、セルフリノベーション情報をお届けします!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

トイレの壁紙の貼り方

イメージ 1


イメージ 2
ペーパーホルダーなど、付いているものを外します。

イメージ 3
ビスは元の穴に入れておきます(後でわからなくなることがあるためです)。

イメージ 4
水を止めておきます。マイナスドライバーがなければ10円玉でOKです!

イメージ 5
タンクのフタをとりましょう。

イメージ 6
少し上げると白いナットがあるので緩めます。

イメージ 7
フタ取ると写真のように隙間がある場合もあります。その場合はその隙間に壁紙を通せばOK! 開いていない時は、スムーサーを使ってタンク裏は貼らず、周りの見えるところまで貼ります。

イメージ 8
さあ、一枚目の壁紙(クロス)を貼ります。

イメージ 9
このお家には棚があったので、たなうけを切り込みます。

イメージ 10
壁紙をピーンと張った状態で木に沿わせながら切っていきます。

イメージ 11
便器の正面は一枚で貼るほうが貼りやすいので角はすべて切ります。

イメージ 12
さあタンクです。

イメージ 13
上から壁紙を貼り付け、タンクのところで止めます。

イメージ 14
壁紙の中心をタンクの中心に向かって鋏でチョキチョキ!

イメージ 15
手前で鋏を止めてタンクの角に向かって斜めにチョキチョキ!

イメージ 16
右半分を下にたらしてタンクのした角に向かってチョキチョキ!

イメージ 17
ココまではOKかな?

イメージ 18
写真のように切れていますか?

イメージ 19
水道管も横に切込みを入れておきます。丸いキャップは手前にひっぱておきます。

イメージ 20
差し込めるところは差し込んでおきます。

イメージ 21
タンクの下で切り込んだ部分をつき合わせます。あせらずに壁紙に無理を掛けずに貼ればピタリと合うことでしょう!

イメージ 22
これでタンクの切り込みは完了! 横と下を切りましょう!

イメージ 23
点検口があったので点検口のきり方も勉強しましょう! まずは写真のように切り込みます。

イメージ 24
しっかりと曲げていきます。
曲がりにくいときは、出角・入角に一度めくって、コークボンドを入れておきます。

イメージ 25
余分な部分をカットします。

イメージ 26
出来上がり!

イメージ 27
コンセントの切込みを忘れてました!

イメージ 28
写真の様に切り込めばプレートでちゃんと隠れます。

イメージ 29
ペーパーホルダーのビスは、そのまま貼ると『ビリ!』と破れることがあります。小さく×の字のように切り込み、そこに通すようにしましょう!

イメージ 30
壁紙の取り合いやドア枠に、ジョイントコークA(基本6色)!(←こちらで色が合わない場合には、ジョイントコークA(特別色33色))を塗ります。特に脱衣場など、湿気が多い所は、必ず塗っておきましょう!

イメージ 31
指でなぞるとなじみます。

イメージ 32
ドア枠の隙間・・・・。

イメージ 33
ココにもジョイントコークA(基本6色)! ←こちらで色が合わない場合には、ジョイントコークA(特別色33色)もございます!!

イメージ 34
点検口は別に貼っておきます。裏側まで巻き込んでおくと切り口が見えずにすみます。

イメージ 35
フタお止めて。

イメージ 36
プレートをつけて。

イメージ 37
カバーを付けて。

イメージ 38
ペーパーホルダーをつければ。

イメージ 39
出来上がり〜!

みなさん、おわかりいただけましたでしょうか?
このページ以外にも、壁紙の基本的な貼り方ページもご用意しておりますので、そちらも参考にしてくださいね!










さぁ! あなたもセルフリノベーションで快適空間をつくりましょう♪

壁紙の補修(部分貼り)の仕方


イメージ 1
壁紙(クロス)の一部分だけが汚れてしまった!
でも他の部分はキレイなので、お部屋全体を張り替えるのはモッタイナイ!
このページでは、とても便利で簡単な、壁紙の補修方法を紹介します。

イメージ 2
汚れを囲むように大きめに切り、壁紙をはがします。この時、壁の下地まで、あまり切りすぎないように気をつけて!

ちなみに写真の女性は、プロではございません! 弊社のDIYリフォーム発表会にご協力いただきました、大阪のM様(壁紙を貼るのは初めて)です!

イメージ 3
新しい壁紙を用意します。
はがした壁紙より上下左右、各5cmほど大きくカットして、裏にのりを塗ります。壁に貼る際には、上下左右、各5cmほど、既存の壁紙に重なるように貼ってください。

そうそう! 今回は新しい壁紙ではありません。
実は、この壁紙を補修する前に、写真の緑色の壁紙を張り替えたのですが、ナント(!)張り替えの際に剥がした“白い壁紙”をリサイクル!
近くの場所に貼られていた、まったく同じ壁紙ですので、同じように年月を重ねている分、違和感なく溶け込みます♪

イメージ 4
撫でハケで伸ばします。

イメージ 5
元から貼ってあった壁紙と、新しく貼った壁紙が重なった部分の真ん中辺りを地ベラを定規にして切ります。
この時、新しい壁紙と、古い壁紙の2枚を一度に切るわけですが、力を入れすぎて、下地まで切りすぎないように注意!
切りすぎてしまうと、乾燥後、目開き(つなぎ目部分が開いてしまう)の原因になるためです。
切る前にカッターの刃を折り、切れ味をよくしてからカットしてください♪

イメージ 6
カットした不要な部分をはがします。

イメージ 7
元から貼ってある壁紙の(下に重なっている)、カットした不要な部分をはがします。
この時、上の新しい壁紙をはがし過ぎて、ずれないように注意!

イメージ 8
ローラーを全体的にかけて貼り付けます。継ぎ目部分は、丁寧にローラーをかけてください♪

イメージ 9
完成です! 全然わからなくなりました!!
(壁から50cm以内に近づいて、目を凝らせば、わかるかもしれませんが...)。
でも、本当にキレイで、簡単です♪

あなたもぜひ自分でリフォーム始めましょう!










さぁ! あなたもセルフリノベーションで快適空間をつくりましょう♪
イメージ 1


壁紙 → 壁紙への貼りかえ

壁紙(クロス)をはがします。はがれにくい場合は、結構大変な作業になるかもしれませんが、がんばってください! はがした後、壁紙を貼ります。壁に穴がある場合は、シーラーとパテの両方の効果を持った水性シールパテでパテ処理(壁を平らに)します。穴が大きい場合は、リペアパッチと合わせてご利用ください。

壁紙の上から、壁紙を貼る

壁紙の上から貼る場合は、浮いている箇所は剥がし、パテを塗って平らにします。また、壁紙自体に凹凸がある場合も同様にパテをします。古い壁紙と新しい壁紙のジョイント(つなぎ目)部分重ならないように貼り付けて下さい。壁に穴がある場合は、シーラーとパテの両方の効果を持った水性シールパテでパテ処理をして、壁を平らにしてください。穴が大きい場合は、リペアパッチと合わせてご利用ください。
※下地が壁紙の場合は出来るだけ「貼りかえ」をお勧めします。
※当社の“生のり”を使用した場合にのみ上記の方法で貼り付け可能となります。

石膏ボード・コンクリート

特に下地処理は必要ありません。壁に穴がある場合は、シーラーとパテの両方の効果を持った水性シールパテでパテ処理をして、壁を平らにしてください。穴が大きい場合は、リペアパッチと合わせてご利用ください。
※コンクリートは当社の“生のり”を使用した場合にのみ上記の方法で貼り付け可能となります。

化粧合板(つるつるした壁、水分を吸収しない)

壁がつるつるした状態では、壁紙は貼れません。中目のサンドペーパーを使ってこすり、表面をざらざらにしてください(そうすることによって表面の汚れも落ちるので、一石二鳥♪)。
そのあと濡らしたぞうきんを硬く絞り、きれいに引き取ってください。壁に穴がある場合は、シーラーとパテの両方の効果を持った水性シールパテでパテ処理をして、壁を平らにしてください。穴が大きい場合は、リペアパッチと合わせてご利用ください。そのあと、化粧合板用下地直しを塗ってから、壁紙を貼るのがベターです。

砂壁

壁を触ったときに、ぱかぱかと浮いていない場合は、シーラーとパテの両方の効果を持った水性シールパテが使えます。使い方は次のとおりです。一回全面に塗ります。その後、乾くまで待って、さらにもう一回塗ります(2回塗り)。その後、さらに乾くまで待って、乾いた後、壁紙を貼ります。大きな穴がある場合は、リペアパッチと水性シールパテを合わせてご利用ください。

土壁

そのままでは、壁紙は貼れませんので、壁の上にベニア板を貼って、その上に壁紙を貼ってください。

じゅらく壁

まず、じゅらく壁が簡単に剥がれ落ちるなら、じゅらく壁をヘラなどで掻き落としてください。砂やほこりは雑巾でふき取ってください。そのあと、壁を触ったときに、ぱかぱかと浮いていない場合は、シーラーとパテの両方の効果を持った水性シールパテを使います。
使い方はつぎのとおりです。一回全面に塗ります。その後、乾くまで待って、さらにもう一回塗ります(2回塗り)。その後、さらに乾くまで待って、乾いた後、壁紙を貼ります。大きな穴がある場合は、リペアパッチと水性シールパテを合わせてご利用ください。





下地処理の仕方  ←現在表示中のページです!





さぁ! あなたもセルフリノベーションで快適空間をつくりましょう♪
イメージ 1


必要な壁紙の長さの目安

イメージ 2

※あくまで目安です。下の図もご参照ください。

必要な壁紙の長さの測りかた

イメージ 3

『測り方がよく分からない!』とお考えのお客様は、
●貼りたい壁紙(クロス)の、メーカー名、品番
●お部屋の見取り図(上記のイラストを参考に)
を、当店までをファックスしてください。こちらで計算します。
特に柄物の壁紙の測り方は、少々ややこしいので、お任せください♪










さぁ! あなたもセルフリノベーションで快適空間をつくりましょう♪
イメージ 1

柄モノの壁紙(クロス)の場合は、隣り合う壁紙の柄をあわせる必要があります。そのため、無地の壁紙に比べ、必要な壁紙の長さは少し長くなります。

イメージ 2

柄あわせに必要なリピートの数(小数点以下は切り上げ) = 壁の縦の実寸 ÷ 縦のリピートの長さ
4柄(3.529ですが切り上げで4) = 240cm ÷ 68cm
必要な一枚あたりの長さ=リピートの長さ×小数点を切り上げした縦のリピート数
272cm = 68cm × 4柄










さぁ! あなたもセルフリノベーションで快適空間をつくりましょう♪

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事