Neue h-moll Tagebuch

東京ジングフェラインに所属するrentzの、ミサ・ロ短調・練習日記

引っ越しと感想と

Et expectoのオーケストラのパウゼが気になるので、 色々調べたり、聞いたりしておりました。 という事で、ある方からの、ご意見です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ パウゼですがバッハの後期作品にはところどころこういうことが起こるようですね。 アンナ=マグダレーナの日記帳という映画に、確か通奏低音に関する所見が 述べられており、そこでバッハ役のレオンハルト教授は通奏低音でさえも新しい楽曲手法 では休符になることがあると言及してます。 自分が製作した中(この方は、バッハの作品をヴォーカロイド、その他パソコンを使って、作っています) では1730年初演のカンタータ51番1曲目アリア(ソプラノソロですが)すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事