全体表示

[ リスト ]

冷たい熱帯魚

イメージ 1

DVDで、映画「冷たい熱帯魚」(園子温監督、日本、2010年製作)を観た。

社本信行(吹越満)は亡くなった先妻の娘(梶原ひかり)と後妻(神楽坂恵)の3人で暮らし、小さな熱帯魚店を営んでいた。ある日、娘がスーパーで万引きをしたとの連絡を受ける。社本と妻は直ちに謝罪へ向かうが、店長の怒りをおさめてくれたのは、同業者で大型熱帯魚店を経営する村田(でんでん)だった。さらに村田は親切にも娘を預かり、店で雇ってくれるという。娘とうまくいってなかった社本と妻は、村田夫婦に娘の更生を託し、彼らとの交流が始まる。


園子温作品はドラマでは観てるけど、映画は初めて。まぁ、噂通りのインパクトで、実話に基づいた猟奇的なストーリーが当然にとんでもなく、でんでん演じるシリアルキラーなキャラクターも終始、作品の中でビリビリとした緊張感を持続させていた。個人的見解だけど、他者を翻弄させるほどに喜怒哀楽に富むギラギラした経営者ってのは、多分にこういう狂気を孕んでますよね。だからってわけではないけど、次第にでんでん・黒沢あすか演じる夫婦が、園・神楽坂恵夫妻に見えてくるのは気のせいか(笑)。園演出のドラマ「みんな!エスパーだよ!」で無遠慮に妻の胸を弄ってるし、確信的に一種の夫婦プレイの一環として我々視聴者が利用されてたような気がする(笑)。まぁ、異常夫婦ですよね。

映画ラストで、社本・娘の「クソジジイ、やっと死んだか!起きてみろよ!」にウチの父と妹の関係性を思い出す。日本の家庭というのは、とにもかくにもやはり基本的には不和であり、日本映画に描かれる家庭も一概にして争っている。

あと、この映画の吹越さんとでんでんを思うと、「あまちゃん」のキャスティングは絶対に悪意あるよな〜。

満足度は・・・・70点。

この記事に

閉じる コメント(2)

始めまして。履歴からお邪魔しますね。
自分もこの映画は大好きです。
園子温監督のブラックユーモアが冴え渡り、またここまで勢いのある映画はそうそう撮れないでしょう笑。
近年では最も期待できる日本人映画監督の一人だと思います。

2014/5/11(日) 午後 6:56 WANTED222 返信する

顔アイコン

WANTEDさん>>はじめましてー。ですね、エロ&スプラッターが度を過ぎてて、ほとんどコメディーみたいでした(笑)

2014/6/1(日) 午後 8:39 [ 廉太朗 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事