全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 
 
水彩とペンで描かれるイラストがとっても心に暖かい。
イギリスの絵本作家スーザン・バーレイのデビュー作。
 
とても大事な人(アナグマ)を亡くした時に。
ただ悲しいって思い続けるのもそれはそれでその時はそれでいい。
しかし、それが長く続くことは・・・・。
それを、亡くなった人が望んでいるのだろうか。
 
ふと、この歌を思い出した。
千の風になって。
この歌からも同じことが伝わってくる。
 
そう。
出会えたことに感謝したい、そんな気持ち。
こうだったね、こんなことがあったね。なんて話すうちに。
想い出が宝物となり。
何よりもこの本では知恵と工夫を教えてくれたことに気づく。
時間と共に、悲しみではなくて
楽しい思い出となっている。
 
 
 
今日。
 
 
 
我家のかわいい「りん」が天国に召された。
 
実は、金曜日の夜から様子がおかしかった。
土曜日の朝、りんの体温が低い。
これは、そろそろりんがお別れを言うのかなってとっさに思った。
まだ、まだそばにいて欲しいのに。
 
土曜日はずっと一緒にいてあげれた。
日曜日。
私は外出。でも、いつもはいないうちの子が居てくれた。
私は5時にやっと帰宅できた。
急いでりんのところに行った。
りんを抱きかかえて「りん。帰ったよ。」
って言うと。
 
りんはちょっと口を開けてそのまま。
私の腕の中で静かに眠った。
私の帰りを待ってたように。
 
 
 
もう少し、一緒にいたかった。
でも、それぞれに寿命や役割があるからね。
 
りんは、ほんとに気持ちの優しい犬だった。
たくさんの笑いもくれた。
1Q84に出てきたドイツシェパードのように
ほうれん草が好きだった。
 
りんが耳をピンとそばだてる魔法の言葉。
 
りん!!お水いる??
 
 
 
 
もう、私の言葉には答えてくれないけれども。
りんと過ごせた時間が楽しかった。
 
ありがとう。
 
わすれられないりんからのおくりもの。
 
りん。また何処かできっと。
 
会おうね。
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事