ここから本文です

書庫全体表示


千葉市動物公園に居る「動かない鳥で有名なハシビロコウ(嘴広鸛)」です。
最初にハシビロコウを撮影したのは2006年か2007年でしたが、その当時から歩いていました。

イメージ 1
何度か来て見ていますが、この格好でじっと立っていることが多いです。





イメージ 2
この日は5月にしては暑すぎた夏日でしたから、流石のハシビロコウも暑いと見えて、突然ハシビロコウにしてはの早足で茂みの中に消えて行きました。



他の鳥類のようには動き回りませんが、観察していると時々ノソノソと歩きます。
野生では獲物(魚)を捕らえるまでは何時間でも身じろぎもしないで水中に立ち尽くしているとテレビで見ましたが、動物園に飼われているのは時間で餌を貰えるから立ち尽くす意味が無いのでしょうね。


最初に見た時は、まだ名前も特徴も知らなかったので「無愛想な顔で、毛色もお世辞にも綺麗とは言えないし、動きもしないで、なんて面白くない鳥」と思いました。
特徴を知ってからは「ありがとう、歩いて見せてくれて」と思います。




  • 顔アイコン

    顔がとても印象的な鳥で有名ですよね!

    [ UMU ]

    2019/5/22(水) 午前 11:48

  • UMUさんへ

    コメント、ありがとうございます。

    可哀想ですが、恐竜の頭蓋骨のようにも見えますね。
    無愛想で可愛く無いと最初は思いましたが
    何度も見ていると動いた時には可愛いかな、とも思うようになりました。

    ジーグ

    2019/5/22(水) 午後 11:01

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事