ここから本文です
楽しく走って☆記録もアップ!
最近、故障続きで楽しく走れてないな〜

書庫大会レポート

すべて表示

両膝の故障(右膝が半月板の逸脱、左膝がと半月板損傷)で
4月以降殆ど走れていない中、2017年12月10日還暦を迎える
誕生日の記念「武田の杜トレイルレース」を走って来た。
 
この脚、練習状況(していない!)下でレースなんか出来る
わけもないので、あくまでもメモリアルレースでの参加。
クラブの女性と二人で30kmを完走して、二人で60kmで
60歳を祝う記念にしたかった。

12月9日(土)前日に甲府の湯村温泉に泊まる。
最近すっかり顔なじみになった湯村温泉ホテルはに宿泊。
前日祭イベントも、その湯村温泉で開催されるので便利だった。

<前日祭>
石川弘樹氏のコースガイダンス
ヤマケンこと山本健一とのトークイベント
そして抽選会がありました。
抽選会では、なんと二人とも当たったのでした。
(甲府の銘菓とワインが当たりました!)

イメージ 1


<レース当日>

スタート地点は霊験あらたかな武田神社
参加者全員でレースの安全祈願をする。

イメージ 9


イメージ 10


参加者が例年より100名増やして600名でレースがスタート。
午前8時、冷え切った境内の空気を切り裂くようにランナーが
飛び出していった。
神社の回りのロードを1km程走りトレイルへ入っていく。
渋滞発生が予測されるトレイルに入る前に、ある程度前に出て
いいポジションを獲得しておきたかった。

イメージ 2

石川弘樹氏のプロデュースするコースは「走れる」
コースセッティングになっていることが多く、
武田の杜のコースも例外ではなかった。
とはいえ、急な登り、下り、岩場などもあり
さすがに30km全行程を走ることはできなかった。

イメージ 3
八王子神社へ上がる岩場コース


20km手前、「八王子神社」を過ぎた辺りでは・・・
イメージ 4
甲府盆地と南アルプスが目の前に!

20kmを過ぎ「健康の森」に入りスパート区間に入る。
ところがラスト8kmを切ってから痛恨のコースアウト
なんと30分もロストしてしまった。

コース復帰後、ロード、フルで鍛えられた走力でカバー。
特に得意の登りでは男性も女性もゴボウ抜き。
他のランナーが歩く登りもスタスタと走って行った。

イメージ 5


イメージ 6
ゴール直前の石畳の登りも快走!

イメージ 7
最後の登りもラストスパート!

30km=3時間半切を目標にしていたけど・・・
痛恨のロスト30分。
ラストの8kmを意地の激スパート「サブ4」だけは死守

ゴール後・・・
1時間半も前に走り終えたヤマケンが出迎えてくれた。
着替え終わって、ホウトウも食べ終わって・・・(笑)

イメージ 8
ヤマケン先生お出迎え!

クラブの女性介助ランナーの付き添いのおかげで
人で無事30kmを完走!
タイムも順位も過去最低最悪の記録だったけど
二人で走れて、とても幸せなバースデイ記念ランに!
 
正直、この脚(膝)で30kmのトレイルは相当無謀であり
ロード専門で下りが超苦手なクラブの女性も相当無理して
それでも節目の誕生日に「完走」という記録と記憶ができた。

この夜、眠れない程、膝の激痛に苦しめられたことは
いうまでもありません。(泣)


クリック プリーズ! Run King ランキング参加中。
イメージ 5     イメージ 6

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • トップモデル

    2017/10/5(木) 午後 8:27

    シャツの話です。 このシャツ、軽くて、肌ざわりもサラサラ 汗や雨で濡れても身体にまとわりつかない。 そして乾きも早い! さすが「トップモデル」のシャツです。 値段もトップクラスで、定価は ...すべて表示すべて表示

  • 藤稔狩り

    2017/8/30(水) 午後 11:30

    超大粒 ぶどう の品種 「藤稔」 の収穫に韮崎市へ。   ブドウ畑へ足を踏み入れるのも 木きなっているブドウを収穫するのも 初体験の出来事です。 日照時間の長さでは日本で二番を誇る穂坂町 ...すべて表示すべて表示

  • 真夏の共演 Part2

    2017/8/27(日) 午前 11:03

    毎年8月の最終土曜日の楽しみは 西の空で豪華共演 である。   目の前には毎週末土日に見られる 西武園の花火 があがり そして西武ドーム左手には 武蔵村山市の花火 が上る。 空飛ぶキティ! ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事