ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

記事検索
検索

6月2回目定例練習

前回の一括UPに引き続きの連続投稿です。
開催日は25日。
場所は青葉山にある青葉の森緑地。
ここは以前の練習会でも利用しましたが緩めの起伏がある林間コース。
夏の暑い時に涼しさを求めてトレランに移行する前の足慣らしに最適なコースなので
この時期にこの場所を選びました(実際にはこの夏、連続36日雨の冷夏で涼を求める必要は無かったですけど)。
緑地内の西側半分を利用して1周目は全員で走りコースの確認。
2周目はウエイブスタートして各自で全力走。
緩めの起伏といっても以外に1周目で足を使っていたようで2周目はヘロヘロになり、
良い練習になりました。
イメージ 1

6月1回目定例練習会

なんと昨年の9月からこのコーナーの更新が滞っておりまして大変失礼いたしております。
その間に12月10日の忘年会やロゲ、

イメージ 1

1月8日の3時間耐久&新年会
イメージ 2

2月26日の松島牡蠣丼マラニック
イメージ 3

5月14日の仙台国際ハーフ&打ち上げ

イメージ 4
に関しては細かい記録が無いために上に掲載の写真のみでご勘弁ください。
その他の定例練習会については写真すらないので全く記録なしとなってしまします。
申し訳ありません。

で、記憶のある6月の1回目定例練習会の記事です。
実施日は10日。
泉区の七北田公園で行いました。内容は適正ストライドの確認。
まずは基本となるゾンビ走のおさらいをしたあとに
足の裏を濡らして普段どおりに走ってもらって足跡で歩幅(走っていても歩幅と言うのだろうか?)を各自、計測。
その後、その歩幅より+5cmと-5cmの2つの間隔でマーカーを並べて走った時の
違いを実感してもらいました。
ポイントは地面からの反力がどう変わるか?
予想どおりと上級者は通常ストライドがベストストライドだったようでした。
それ以外の人も流石に通常ストライドとベストストライドの差が5cmも無かったようで、各自で微妙な調整が必要なことが分かりました。写真の足元にコッソリ写っているのが練習で使用したマーカー。
そんなものを並べて練習していると部活っぽくって恰好よっかた。
イメージ 5

9月10日は9月の2回目の定例練習として、リスペクト仙台の年中行事と化した泉ケ岳いも煮ランを実施。実施要項を見直しする気力がないので前年どおりのランですが、今年は泉ケ岳のキャンプ場の予約ができず、せっかく上った泉ケ岳を下りて支部長の町内の集会所にて芋煮をする点が変わっています。
その為、下山に使う車を泉ケ岳の上にあらかじめスタンバイさせておかなくてはいけないので、かずさんと支部長が車を置いて下山して合流ポイントに移動します。
やっちーと支部長が根白石からスタート。そこから福岡のミニストップに移動しこっひーさんとかずさんと合流。
ここからは本格的な山道となり走力の差が出てしまうので今年はウエーブスタート制を導入。結局は最期の方にスタートしたこっひーさんが逆転して独走でゴールとなりました。他のレースとの兼ね合いでつっちーとにゃもりんさんが最終合流ポイントの無我久庵よりスタート。
今年もここからのスタート組は待ち時間で既に一杯(いっぱい?)やってました。
車で移動し集会所で芋煮の調理に移ったのですが今年は肉は仙台風、味付けは山形風の折衷芋煮。〆にはうどんを入れて芋煮うどんにしました。
夏合宿の反省を踏まえて大量に買い込んだお酒が集会所を借りていた時間内に消費しきれず、支部長の家に移動して二次会を行いました。

9月1回目の定例練習会

9月4日、9月の1回目の定例練習会を開催しました。
メニューは次回の定例練習会の泉ケ岳ランに備えて坂道練習。参加者は2枚目の写真のメンバーの他、かほろさんと支部長の共通の知人のWさん。
舞台は国際センター駅から青葉山駅にかけてで本番の泉ケ岳より傾斜はここの方がキツイハードバーン。国際センターから1キロほど緩い上りの後、1周4キロ程の周回路に入ります。
最初の1周は全員でコースとフォームを確かめながらゆっくりとアップダウンしその後は各自で1周もしくは2周して合流ポイントで再集合です。
女性陣が1周、男性陣が2周する中、前日に水戸黄門漫遊マラソンのコース下見に行った支部長だけ大事を取って女性陣に交じってのハーレム状態。
最期の下り坂でスパートをかけたよーちゃんが次の写真の合流ポイントである
イメージ 1
東北大工学部から東側に坂を下りた最初の交差点を通り過ぎて坂の下に消えていきます。
慌てて支部長が追いかけますが500m以上逃げられると言うハプニングもありましたが急坂での練習も事故なく終了しスタート地点の国際センターに戻ってパチリ。
イメージ 2

8月定例練習会

とうの昔のさる8月20日に定例練習会として青葉区折立から錦が丘にかけて続く蕃山連山(て言うと凄い山のようですよね。本当か嘘か?山頂にはこんな看板が)
イメージ 1
富士山より高いです。
錦が丘のヒルサイドモール(アウトレットから名前が変わっています)で集合し本法寺横の滝から入山します。山に入ると街とは空気が変わり夏のランには山はここちよいのですが入山するなりいきなりのロープでの山登り。でもキツイのは最初だけであとは緩斜面で1つ目のピークの西風蕃山に到着。残念ながらガスっていて展望台はスルーして次のピーク蕃山へ。一部傾斜のキツメのところもありますが全体としてここも緩斜面で蕃山に到着です。山頂には社がありそこからは太白山方面が見渡せます。
そうです。この頃にはガスが晴れてきたのです。折り返して西風蕃山に戻り行きでスルーした展望台に。バッチリ中山方面が見渡せました。
一気に下山しスタート地点のヒルサイドモールに戻り、森の卵舎のスイーツを食べてのゴールです。
イメージ 2

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事