ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

記事検索
検索

7月1回目定例練習

7月3日(日)、仙台市陸上競技場にて定例練習会を実施しました。
翌週に控えた「みやぎ元気マラソン」の対策の意味も込めて1000m+レスト400mを5本のインターバルトレーニングです。
参加メンバーはこっひーさん、にゃもりんさん、支部長の3名です。
設定タイムはこっひーさんと支部長が4分+レスト3分。銀河ウルトラからのリハビリ―中のにゃもりんさんは4分30秒+レスト4分。
最初は支部長がペースメイクしていたのですが設定から遅れをとり、こっひーさんにペースメーカーを譲るとこっひーさんは淡々と設定どおり
走っておりましたが支部長はズルズルと後方へ。はっきり言って絶不調です。
一人、黙々と走っていたにゃもりんさんの最終回の途中から並走に入った支部長ですがいつもの様にスイッチの入ったにゃもりんは4分20秒ぐらい
で走っておりました。日曜日の午前中と言うこともあり学生達が多数、トラックを走っていたのですが、泉高校の陸上部の生徒を追い回しながらの
練習に悦に浸っておりました。
イメージ 1

6月2回目定例練習会

最近、参加者が減ってきているマラニック企画を象徴するかのように今回はだいちゃんと支部長の「サシ」での練習会となりました。といってもドタキャンならぬドタ参加も良くある話なので各途中合流地点に定時にはしっかり到着しての行軍です。この辺は走力に余裕があったおかげ。で、企画段階では知らなかったのですが当日は丁度、船岡城址公園であじさい祭りが開催されていたのでちょっと寄り道して公園の坂道を駆け登ります。お祭りなんだから屋台が立ち並ぶ姿を期待しそこで定番のスイーツタイムにしようと考えていたのですが、祭りらしかったのはご当地のユルキャラの「はなみちゃん」がいたくらい。結局、「花より団子」ならぬ「団子なしの花」と「モミの木は残った」の碑がある展望台からの景色を楽しんで下山。
ゴール後は二人でBQQも怪しいので温泉施設の食堂でもちぶたを堪能しての18キロコースとなりました。二人だけだったので普段では話題に上らないような仕事の話やエトセトラ。は、二人の秘密と言うことで。

6月1回目定例練習会

12日(日)榴ヶ岡公園で定例練習会を行いました。榴ヶ岡公園での練習と言えば過去にS特別コーチをお招きしての「短距離走の大きなフォームを取り入れよう」とか「フォーム撮影会」とかハードな練習会を行うことが多いので榴ヶ岡での練習会に警戒された方が多かったのか今回の練習会には強者が集まりました。特に今回より正式に新加入のこひーさんがじゅんちゃんとデットヒートを繰り広げ1勝1敗の五分の勝負を繰り広げておりました。
練習内容は「骨盤をきちんと立ててますか?」をテーマにまずはウォーミングアップがてら2種類の腰サポーターを試着しての骨盤へのサポート力を実感してもらいました。
その後「みやぎ元気マラソン」に標準を絞って1100mのタイムトライアルの1回目。
2回目に突入前の休憩時間を兼ねて骨格模型を使った骨盤を立てることのメリット、骨盤が寝ることのデメリットを解説しました。今回の参加者は上級者ばかりだったので釈迦に説法でしたのでまた別の機会にも解説できればと思っております。
そうこうして落ち着いたので2回目のタイムトライアル。流石に2回目はタイムが落ち気味でしたがそれでもキロ3分14秒〜40秒ペースでのハイレベルなトライアルとなりました。
イメージ 1
5日はさくらんぼ東根マラソンに仙台支部から7名+1名、本部から6名+2名の総勢16名の大集団で参戦してきました。本部からの8名と支部からの3名+1名の12名は前日に天童で合流して「水車」で名物の鳥中華そばのお昼を食べた後、山寺へ。参拝経験のある仙台支部の一行は麓の茶屋でスイーツを食しつつ煩悩を捨てに行った本部のメンバー達を待ちます。再び天童に戻り参拝組はスイーツを摂っていないので「こしかけ庵」へ。お目当てのかき氷が売り切れでもう一つの名物の蕨もちをゲット。12名に20切れ。この半端な数が後の宴会で壮絶なバトルを引き起こします。寒河江のゆーチェリーで入浴&夕食を軽く済ませ、大江町の自然公園のコテージへ。本部のふくちゃんの差し入れの新鮮なお刺身を肴に大宴会が繰り広げられます。レース当日はかなり気温が上がる予想なんですが深酒して脱水症状は大丈夫なんでしょうか?
毎年高温になることで有名なこの大会ですが3年前が23℃、一昨年が25℃、去年が19℃とそうでもなかったのですが今年はなんと28℃越え。そんな過酷な環境にタイム的には苦しむメンバーが多かったものの深酒なれした酒豪集団の本領か脱水に苦しむ者もなく私設エイドで何を食べたとか、特設エイドのりんごジュースやケーキ、ゼリーが旨かったなどしっかりレースを満喫し天童温泉の「いちらく」で汗を流したあとNUMAさんお勧めの「大久保」でげそ天の量に慄きながらの昼食をとり解散となりました。
イメージ 1

5月特別練習会


29日(日)秋保大滝〜新川の支部長好みの高速トレランコースで特別練習会を実施しました。特別って何?って今回の行程は8キロですがトレランなので負荷は12キロ相当。それを途中合流地点を設定せず(山の中で設定できる訳なかろう)となると全メンバーが参加可能を前提とした定例練習の域を超えているので定例外の特別練習と言うことです。トレランと言っても標高差が200m程度と以前に実施した作並〜定義山同様の難易度。こうしたコースをすっ飛ばすのが支部長プロデュースのトレランの特徴です。
あきんこさんのお奨めで集合場所の秋保里センターの花壇で記念の一枚。
その後、秋保大滝の駐車場で今回も何故か合流してきたIさんのペースで高速コースの本領が発揮されます。山を抜けて新川集落のロードに出るとIさんと今回、体験参加のKさんの激しいバトルが展開されます。ゴールして仕込んでおいたつっちーの車の定員いっぱいの7名で作並の温泉に。実はどこの温泉宿に行くか決めていなかったのですが、「一の坊」は贅沢だよね。と言っておきながら、アイスが食べ放題との情報に180°の方向転換して「一の坊」へ。アイス以外にもお奨めポイント多数でここはハイCPです。すっかり休憩ロビーでくつろいでしまい、またまた前回の様にニッカの工場見学が危うい時間に。慌てて来る途中に見つけておいた蕎麦屋に向かうものの臨時休業。結局、今回も「どうだんの里」で蕎麦を食べでギリで工場見学に滑り込み。
これにてサッポロビール園に始まり、キリン、一ノ蔵、浦霞、のアルコール巡りのコンプリートです。
イメージ 1

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事