ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

記事検索
検索

4月1回目定例練習会

4月3日、仙台市陸上競技場の雨天走路にて定例練習会を行いました。雨でもないのに。
参加者はカズさん、ジュンさん、やまっち、かほろさん、にゃもりんさん、せぶんさんに、ミズノのナイトラン(仙台RC)の生徒さんのOさん、同じく仙台RCで夏合宿にも乱入してきたIさんです。メニューはショートショートインターバル。今回は70mの全力走+70mジョグを5本繰り返し、これを2セットです。
「短距離走である70mがマラソンの練習になるの?」とお思いの方も多いでしょうが無酸素運動である70mダッシュも運動終了後にリカバリーの為に酸素を大量に必要とします。この生理を利用して心肺機能を高める練習です。通常にインターバルと違って時間や場所の制約を受けずらい練習メニューである点もこの練習のメリットです。
参加者は普段使っていない筋肉を使い苦しんでいたようですし、後日、筋肉痛にも悩まされていたようですが気軽に?出来るインターバルとして活用してみてください。
今回は練習の模様の写真撮影を忘れてしまいすいません。と言っても、お客人が2人もいたので勝手に写真をアップ出来ませんけどね。(Iさんは既に写真デビュー済です)

3月1回目の定例練習

3月19日、3連休の初日に定例練習会としてマラニックを行いました。行程は第一スタート地点が多賀城駅。砂押川沿いを走り七ヶ浜町に入るとアップダウンの多いコースに。8キロ程走って第一目的地の海の駅に到着。オープン記念と言うことで通常300円でシングルのアイスがお値段そのままでトリプルに!バニラやチョコ、ストロベリーなど定番フレーバーもあったのですが、せぶんさんと私はお米味と海苔味、旬の味(りんご)を淳ちゃんがお米味をチョイス。

イメージ 1

特殊なフレーバーのアイスだと「言われればそれっぽい味」程度の味付けにするのが普通ですがここの「海苔」はしっかり「海苔」。余りにも海苔味が強いので単体で食べるよりお米味と一緒に食べて丁度な感じです。このお米味も只者ではなく固いお米の粒が入っておりました。
海の駅までゆっくり走ったのとアイスをじっくり堪能したので時間が足りなくなり、第二スタート地点である本塩釜へスピードアップして向かうはめになってしまいました。その性か塩釜市手前の最後の急な下り坂で事故が。
予定より遅れてかほろさんの待つ本塩釜に到着。
予定変更して昼食の前に浦霞酒ギャラリーへ。かほろさんと私は日本酒の飲み比べ&酒アイス。せぶんさんは酒アイスを。
酒アイスはアルコール度数は1%程度なんですがお酒の香はしっかりしていて酒ずきには嬉しい限りです。
さらに去年の松島マラニックの時にも寄った近所の五色だんごを食べてから塩釜市内の牡蠣小屋へ。
食べ放題のコースもあったのですが、はしごしながら小腹と別腹を埋め尽くしてしまっていたので定食や単品で牡蠣を堪能してきました。
イメージ 2

3月1回目の定例練習

3月6日(日)に合宿以外では初めてとなる2日連続の練習となる定例練習会をおこないました。場所も練習内容も2月の1回目と同じ正しいLSDについて。別名ゾンビ走ですが前回は2人しか参加できなかったのでまた開催して下さいとの反響が多かったので早々に実施しました。フルマラソンの後半のペースダウン対策にもなるの13日にフルに参戦するメンバーにはちょうど良い内容になったのでは?13日の結果しだいですけどね。
イメージ 1

特別練習会

かつて定例でインターバル練習を行った後、つっちーやかずさんが自主練で利用するようになりスピード練習の「聖地」となった大和町総合運動場にて5日(土)、ヤッソ800を行いました。かずさんは集合時間よりかなり早く現地入りして自主練でヤッソを終了させ、本練習ではにゃもりんさんのペーサー(3分50秒前後)をしてくれました。私は3分10秒の設定で行いました。1週間後にフルマラソンを控える面々ですが本番前の良い刺激になりました。特ににゃもりんさんは最後の10本目はきっちりペースアップしてのゴールとなりました。イメージ 1

2月2回目の定例練習会

27日(土)、榴ヶ岡公園にて2月2回目の定例練習会を行いました。
今回のテーマは「体感を強くしよう」と言うことで、結構誤差がでるGPSウォッチに頼らずペース感覚や心拍数感覚を磨くことを目的に行いました。この公園の内回りは1周が550mであるのを利用して2周(1.1km)を参加した5人がそれぞれ設定したペースを時計を見ずに走り設定どおりに走れているかを全員で予想した後に時計で確認すると言うものです。さすがかずさんはほぼピッタリのペース感覚。他の方はだいたいキロ20秒前後(速い方に)のズレとなりました。他の4人を引っ張って並走する緊張感もあったのでしょうが気合が入りすぎていたようです。先導する人以外は結構、ペース感覚の予想は合っていましたから。
その後、心拍数を各自の設定数になるまで走り、直ぐに心拍数を計測するという練習に移ったのですが計測中に急激に心拍数が減少するせいか心拍数が計測不能になることが多発して、こちらは企画倒れとなりました。
イメージ 1

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事