Chainsaw

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全160ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

8番だが・・・・・・・

さて、026は・・・・・・

スタータがバラバラ状態で来た。
なので、欠品あり。
スタータのラッチはあったがラッチ固定スペーサとピンが無かった。
なので、手持ちのスタータをはぐって移動。

で、スタータを組む。
イメージ 1
パーツリストの分解図通りに組んで逝く。
1番に7番のバネ巻いて8番を被せて・・・・・
9/10/11/12とやれば御終いなのだが・・・・・・
スタータケースに巻バネを巻いて逝くのだが・
巻くのは普通に巻ける、ハスクよりも感嘆に。
しかし、、、、、、、、
ここからが問題。
8番のカバーが入らないんだわ。
こいつはケース内周とバネの間に入る。
つまり、バネが強烈にケース内周に納まっているんでここにはカバーなんぞ割り込むスペースなどない。
駄目じゃんか。
なので、巻いたバネを外してと・・・・・・
今度はケース内にバネを巻く。
こいつは結構指南の技である。
バネの力に打ち勝って・・・・・・
気合いを入れて巻く。
巻きあがったのでケースに収める。
・・・・・・・・おい!
スタータリールは入るがクリップが排卵ぞな!!
どうした、野田 佳彦??
駄目じゃんか??
どうやっても駄目。

今度はケース内にカバーを入れてバネを巻く。
巻きあがって・・・・・・・
リールはおろかクリップまで全部納まったがね。
これでいいのか??
とりあえずバネにグリス縫ってと。
ラッチを入れてカラー入れてスプリング挿しこんで固定。
これでいいのか?
これでいい野田 佳彦。

使えるからよかべ。

開く コメント(0)

忘備録

中華帝国からパーツを購入しようかとおもてるかた。
ブランド物のPCパーツならほぼ100%大丈夫かと。
国内で飼うよりも中華から飼ったほうが遥かにやすく飼える。

ペット用品は要注意。
仕上げが雑で耐久性は??????

チェンソーパーツは毎回地雷原を逝くようなもの。
合致率は25%くらいかと。
寸法違いはあたりまえ(ハネ物を横流しするんで)
機種違いもあたりまえ(画像を欲々見つめて飼うべし)
ちゅうこって、新品で遣えないパーツが溜まってきたがどのパーツがどの機種に載るのかは不明なのであった。
小股揉んだ寝。
特にスチールのリムドラム。
こいつが合わないと後々が大変だ。
オイルポンプ/クラッチスペーサ/クラッチ/リムドラム。
そしてリムスペーサ、最後にEクリップで留めるのだが。
このEクリップの厚みが全く違う。
何故??
純正品で組めば当然純正のEクリップで留める。
中華物は厚みのばらつきがあるんで純正Eクリップだと入らない。
Eクリップは最後に余裕度をみてから挿入すること。


開く コメント(0)

最終決定!

この旅の夏季講習の成果がでましたぞ。
献立のお品書きに歓声!


お品書き


Stihl 026
卒塔婆はパワーマッチ16インチキ、数珠72LG。
イメージ 1
48ccなので少々カッターが大きすぎ。
なので、63PSに変更の予定。
イメージ 2
社外品スモールリムドラムセット。
リムは3/8P-7T。
追加工で、、、、、、
後期型の樹脂製レフトハンドルは重い。
前期型の竹輪巻ハンドルにしましたわ。
クランクケース下部が2mmほど切削されているのがどうも気に入らない!
デコンピ付の腰下と交歓会開催だな。

Stihl 024Super
ヘルメット中古品がUSAから届く。
イメージ 3
内部妖怪あれどまずまず・・・・・・
イメージ 4

卒塔婆は純正16インチキ、3/8P、数珠は63PM3。
リムドラムは純正、スモールリム3/8P-7T。
イメージ 5
44ccだからね63PMかPSが一番。

Stihl 024 Super
こちらは昔からある寄せ集めて組んだやつ。

トルクチューンでパワー感は十分。
卒塔婆は純正16インチキ、325P、卒塔婆は32RM。
社外品リムドラムでスモールスプライン、リム325P-7T。
🍆にて留守番をしてもらう。


終わっちまったね。
後は軽く変更はあれど・・・・・・
おわっちまったね。



開く コメント(2)

Why?????

中華帝国に注文したタンクベントが届いた。







・・・・・・・・・・・をい!
どう見てもペタンコだな。
どう見ても中身は入ってねえぞ。
注文したのはタンクベント10個入りだぞ?
んだこら、、、、、、、
開けた形跡があるじゃねえかよ。
イメージ 1
しかもタグの横からではなく全部開けて取り出してからタグを貼っておるわい。

イメージ 2
舐めた真似しおって。

早々にメール。

届いた状態を撮影してメールよこすものだね。
と、出品者。

撮影してメール添付。




こうゆうことは多々あるものだね。
改めて送るものだね。

をい、誤りはしないのかよ。

ま、改めておくるからえぇか。


開く コメント(2)

組みあがった026、ちょいと指導その他。

まず、数珠はリース物件らしく研ぎがメロメロ。
グフフで研ぎ直し。
いつもならコーナーエッジにグフフの角を合わせて30度落として磨ぐのだが・・・・・・
これだと突っ込み斬りが出来なくなる。
そこで少々下げてクチバシが出来るように磨ぐ。
・・・・・・・結構フックになったが。


さて、指導だ。
円陣指導してと、アイドリング。
・・・・・・・・回っているな。
アイドリングで数珠が回っておるわい。
クランク軸、クラッチがバラバラになったときドラムを押して回った。
その時クランクシャフトに傷が・・・・・・・
磨ごうかとおもったが結構面倒だしグリス挿せば逝けるかとおもた。
駄目だな。
いったん外してペーパーかけて均さんと逝けないらしい。

夏季講習は続くらしい。


ちゅうこって、お天道様が照りつける中庭で夏季講習だよ。

キャブレタLHを確認しておく。
L=1.5、H=1.5開けだったね。
L/Hともに1回転戻しにしてと。
しかし指導性は抜群だね。
渋い262XPと違って即反応。
指導させてと・・・・・・・・
アイドリングで絶え間なく回る数珠。
放置プレイ!
グリスが馴染んだかほどなく回転は止まる。
さらに回転を上げてと・・・・・・・
結構な回転まであげて馴染ませる。
オイルもそれなりに吐出、ええ感じだわい。
だいぶ仕上がりましたぞ。

開く コメント(0)

全160ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事