リタイアライフ満喫中

リタイアライフは、毎日が黄金の時間。その満喫感をありのままに綴ってみます。

少しいいことが…

このブログを止めることにしたのは、自分の最終の目標に向かってチャレンジしたいからだった。その目標に一歩近づけた結果が最近になってようやく出た。 とはいっても、それは目標までのほんの一歩に過ぎないもので、その向こうにははるかな道程が残っている。残された時間を思えば、とうてい達成できずに終わることが予想される。 それでも、これまでには得たことのない成果である。結果を知ったとき、あまり経験したことのないうれしい気持ちを味わった。 そしてやはりこれからもずっと挑戦を続けていこうとの気になっている。というより、今まで以上に迷いのない、まっしぐらな気持ちを抱いて… それは、おそらく目標を達成しないままに終わることを見通している気持ちと矛盾するものではないとも思っている。なぜなら、人生とは、あの『白鯨』のエイハブ船すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

二人の著書に

2018/1/12(金) 午後 0:50

去年の11月から、井上洋治と神谷美恵子という二人の著者の本を熱心に読んでいる。前者はカソリックの神父さん、後者は精神科医にして大学の先生である。 分野は大きく異なっているが、両者に共通しているのが文学、哲学、宗教などその広範囲に及ぶ読書である。そしてその読書の仕方というのが学者のように研究的にではなく、一人の人間として、あくまで自分の生き方をかけて ...すべて表示すべて表示

人生の無常

2017/12/2(土) 午後 3:20

今朝早々、同じ自治会の同年生まれのkさんの訃報が入った。つい先日私宅前でお互いの健康や最近の世相の変化についていろいろ話し合ったところだったのに… この4月には、小学校の同窓生のO君が亡くなった。やはりその何ヵ月か前までメールで互いの近況や連絡事項を送信し合っていた。 二人とも、今年のうちに人生の最期を迎えることになろうとは夢にも思ってい ...すべて表示すべて表示

秋も終わりに…

2017/11/3(金) 午後 2:04

11月に入ると、今年も終わりに近づいたことを日々実感するようになる。年をとるにつれ、その感慨も一層深くなる。 それは淋しくもあり怖ろしくもあるが、世界のすべての宗教がそこに源を有しているのではないだろうか。そしてできうることなら、人は各自の信じる宗教を通して、その淋しさや怖ろしさを脱し、心に平安を求めつづけてきたのではないだろうか。 それ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事