ここから本文です
カルティエ番長
カルティエのパンテールのジュエリーやヴィトンのトランク集めてます。売却のご相談はゲストブックまでお気軽に!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

「はいほー、番長さんこんばんは。あたしはどんどん買っちゃう女神様。番長さんもどんどん買うのよう!」

あー女神様こんばんは。
カルティエ番長、女子高生とかには何の興味もありませんが、コスプレで女子高生の格好しているのはまだ許容範囲です。
というか、女神様はまるでアニメに出てくる女子高生のようですねえ?

「あたしのことはどうでもいいのよう。それより番長さん、もっと買いましょう?」

いやもう買い物はいいよー。
カルティエ番長、いま趣味のことで停滞しててさ。
先日、ビューティーピッグのバカな箱を買ったのもちょっと「無駄使いしちゃったなあ〜」と思ってダメージ受けてるんです!

「でも買っちゃうんでしょ?」

うーん、どうかなあ?

開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

カルティエ番長、今まではとても簡単でした。

毎日ヤフオクをチェックしてお安い出物があったり、自分が欲しくて欲しくてずっと探していたものが出品されれば、「パクッ」と食いつけばよかったからです。

と言っても、最初はせいぜい予算が10万円程度の可愛いものでした。
買い専門で特に売ることを考えていなかったため、どんどんコレクションが膨らんでいき、そのうち20万、30万と買いたいものの金額が徐々に高くなってきて、最初の頃に買って少し方向性が違ってきたコレクションを売るようになり、売ったら売ったで購入した金額か少し高くなって儲けが出て喜んで、それを元手にまた違うカルティエを買ったりしてました。

それを…そうだなあ15年くらい繰り返してたかな?

そしたらこの数年、様子が変わってきました。
ヤフオクにカルティエ番長が気を引かれる「出物」がなくなってきたのです。しかも徐々に値段が上がってきて「お安い」とは言えなくなってきました。
ジャブジャブあまっている現金のせいですね。
使い道のないお金が金とかロレックスとかに回ってしまって値段が上がってしまいました。インフレとはまたちがう厄介な経済現象です。

カルティエだけではなく、ビューティーピッグやティファニーとかターゲットを広げても、だいたい同じような結果をたどりました。出物がなくなって、金額が高くなることによる魅力の喪失です。

その結果、コレクションの高密度化というか、1点当たりの金額が跳ね上がってきたのです(まだしばらく高額商品には出物があったため)。

しかしながら高額商品でも徐々に出物がなくなり、コレクションは変動しなくなりました。流度が低くなったのですね。「売って買う」のが少なくなるという事は、経済学的には良くない状況です。コレクションを「現金」と考えると、現金をため込んで使わないのは一見金持ちで良いことのように思えますが、実は経済活動に貢献しないため「現金がない人」と同じパフォーマンスになってしまうのですね。

もちろん楽しくもありません。
「持っていることの満足感」は「買うことの楽しさ」よりずいぶんと小さいからです。
お金がなくて使えない人のストレスがたまるように、お金をため込んで「使えない」人のストレスもかなり高いかと思います〜。

もう一つ。
高額商品は売るのが難しい、という問題もあります。
まあリシャールミルみたいに数千万円にもなったら違う世界が見えるのかもしれませんが、数十〜数百万程度なら流行り廃りで評価額が大きく変動する場合があります(ロレックス以外)。

コレクションの価値や売り先を知っている自分ならともかく、「これはお宝だ〜家宝にしろ!」とか叫んで子供に渡しても迷惑なだけです。二束三文で売られて、大損こいて終わりでしょう。

そんな風に考えると、新規で買うのも買い替えも悩んじゃって手が止まる。
停滞ですな。だから最近ヤフオク…というか、ネット・ハンティングが楽しくないのです。

うーん、どうしよう??
どう後始末着けるのが一番いいのかなあ…。
自分が生きていて頭が働くうちに、ガンガン処分するのが正しいのでしょうけど、割り切れないしなあ…
自分が今までやってきたことが通用しなくなるって、けっこうなストレスです〜。

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事