ここから本文です
カルティエ番長
カルティエのパンテールのジュエリーやヴィトンのトランク集めてます。売却のご相談はゲストブックまでお気軽に!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

日本レスリング協会の「栄コーチパワハラやってたね事件」を受けて、会長やどっかの大学の学長がろくに調査もせず「パワハラなんてない!」なんて言ってた問題。

まあこれは問題というか、「昔は殴って教えるのが普通だった」「オレは偉いんだから、威張って何が悪い。オレが選手だった時も、コーチや会長はメチャクチャ威張ってて、今で言うパワハラなんてやりたい放題だった。オレも同じことをして何が悪い!?」という意識のずれがあったかと思うのですね。

世の中はとっくにコンプライアンスを順守して、パワハラだけではなくあらゆるハラスメントを追放し、「社畜は美徳」なんて概念から脱却しているのに、日本レスリング協会の面々は「栄コーチは仲間だから、とにかく守らなくちゃ!」「オレ達が威張って何が悪い!」とマスコミの前で昭和50年代価値観を躊躇せず展開し、大恥をさらしてしまったわけであります。
※本人たちに「恥をさらした」という反省が全くないのは別の問題。

「愚かな人たちだなあ」「こりゃ会長も学長も普通なら辞任するしかないけど、あの協会には自浄能力もないし、絶対辞めないだろうなあ。権力の座に醜くもしがみついて老害をさらすな」とかカルティエ番長は思ってしまったのでありますが、そういえば似たようなことやってね?と我が身を振り返った次第であります。

そうロレハラ。
正式名称は「ロレックス・ハラスメント」でございます(今考えた)。

ロレハラとは、時計好きのオフ会に出かけて40代以上のおっちゃんたちが最近時計好きに目覚めてしまった若い人たちに、
「GMTのフジツボ?昔は高くても30万円台でゴロゴロしてたよ。100万円近くで買うなんて馬鹿じゃないの?」
「デイトナのエルプリ?オレの中じゃ100万円が普通だね。200万以上出すなんて気が狂ってる」
「1803?いくら金無垢でも40万円代ってところだなあ。100万以上出すなんてアホだよ」
なんてぶちかます事です。
※上記相場観はカルティエ番長のごく限られた知識に基づくものです。ちょっと違うかも?

つまり「オレがロレックス買ってた時は良かった」「今の値段で買うやつはバカ」なんて平成10年代価値観で説教しちゃうことですね。
若い人たちから見たら、「そりゃ昔は安かったかもしれないけどタイムマシンもないんだから無理だよ〜」と白けてしまうハズ。

まあ要するに日本レスリング協会の「パワハラなんて当たり前!」という価値観の人たちと同じおバカなことでありますね。

時計好きベテランの人たちは若い人たちに対するロレハラに気をつけましょう!
でもまあ日本レスリング協会のエライさんたちも死ぬまで治らないだろうから、40代以上の時計趣味ベテランさんもロレハラは死ぬまで治らないかもしれません(笑)。

これを防止するには、若い人の前では昔のロレックスの話は絶対にしないと魂に刻むか、あるいは時計オフをベテランのおっちゃんばっかりでやることですね。

カルティエ番長、いい事言った!?

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事