ここから本文です
カルティエ番長
カルティエのパンテールのジュエリーやヴィトンのトランク集めてます。売却のご相談はゲストブックまでお気軽に!

書庫いろんな女神様

記事検索
検索

イメージ 1

「はーい、番長さんこんばんは。あたしはホワイトゴールドの女神様」

あーホワイトゴールドね。確かに使いやすいよね。
カルティエ番長、最近暑くなってきたので、タンクフランセーズの18KWGモデルを愛用しております〜。邪魔にならないしね。

「番長さんはもっとホワイトゴールド増やすのよう!」

無理です。
ムリですって!

開くトラックバック(0)

イメージ 1

「はーい、番長さんこんばんは。あたしはブログサボっちゃう女神様」

はーい、女神様こんばんは。
あれ?今日は何日だっけ?

「今日で2018年の5月はもう終わりなのよう!番長さんはあんまりブログサボっちゃダメよ?」

えええ。
カルティエ番長、ちょっとディープラーニングとかで遊んでたらもう5月が終わりですか!
ビックリ〜。

開くトラックバック(0)

イメージ 1

「はいほー番長さん、こんばんは。あたしは今年もようやく花粉症が終わった女神様」

はーい、女神様こんばんは。
そうだね、やっと終わったね。
カルティエ番長は先週の月曜くらいからマスクなしでも平気になったなあ。

「今年はスギ花粉だけじゃなくて、他の花粉の飛散もひどかったの」

うん、ひどかったね!
2017年は「あれ?花粉症直ったのかな?」というくらい軽かったのに、今年は重症化しました。トホホホ!

「でももう終わったことなの」

うん、やっと終わったね。

「それで4月も終わりなの」

ひええええ〜。早すぎです、女神様!

開くトラックバック(0)

忙しい女神様

イメージ 1

「はーい、番長さんこんにちは。あたしは忙しくてワケわからない女神様」

あああ、女神様こんちには!
カルティエ番長、メチャクチャ忙しくてワケわかんない状態でした!

「これからもっと忙しくなるの」

ひぇ〜!
それにしても女神様はなんか「ジョジョの奇妙な冒険」みたいですね。
素敵です!

開くトラックバック(0)

イメージ 1

「はーい、番長さんこんにちは。あたしはセクハラは絶対ダメよの女神様」

はーい、女神様こんにちは。
カルティエ番長、女性は好きですがセクハラは嫌いなので問題ないです。

「セクハラは痴漢とおなじ病気なのよう」

うん、嫌がる女性の反応を見て楽しむってヤツですね。
病気のせいにするのはダメだけど、男性誰もがセクハラをするわけではないし、むしろセクハラに嫌悪感を持つ人の方が多いんじゃないかなあ?
女性が男性にセクハラするのもありますしね。

それにしてもこの事件ではテレビ朝日が一番ダメでしたね。
危機管理も被害想定もガイドラインもないし、対応が後手後手でオロオロしてるだけだし。
報道しない報道機関に何の価値があるのか?

今回の事件で、テレビ朝日が曝した汚点は以下の通りです。

1)財務次官に気を使って口をつぐむ弱腰体質
2)取引先のセクハラに対するガイドラインが存在しない
3)無能上司がダメ判断をした時のエスカレーション先がない
4)雑誌社の方が報道力が上
5)自社の記者がセクハラ受けても抗議文しか出せない
6)録音データを簡単に社外に持ち出せる管理体制の甘さ
7)朝日新聞もやっぱり頼りにならない

カルティエ番長的には、3)と6)が会社として致命的かな?

カルティエ番長の個人的な想像だけど、テレビ朝日はたぶん局内でもっとひどいセクハラが横行しているので、「え?セクハラぐらい我慢しろよ、揉まれるオッパイ持っててよかったな、お前」くらいな感じだったんだろうねえ。

勇気ある女性記者はこれから徐々に閑職に追いやられて、2年後には退職しているだろうね。そして

8)勇気を出してセクハラを告発したら、報復を受けてクビになる

が追加されるのです〜。

追記:

もう一つあった。女性記者が録音データを雑誌社に渡したことについて、テレビ朝日は「報道機関として不適切な行為で遺憾」とバカなことを言っている。
報道しない報道機関があるのか!という突っ込みはさておき、これはカルティエ番長としては「公益通報」に当たると思います。恥の上塗り〜。

公益通報:公益通報(内部告発)とは、会社の内部の人間が、会社の法律違反行為を、しかるべき機関に通報すること。公益通報の対象となる「会社の法律違反行為」には、「国民の生命、身体、財産等の保護にかかわる法律」として定められた413の法律が含まれる。また、公益通報をする機関には、事業者内部(労務提供先)行政機関(処分等の権限を有する行政機関)その他の事業者外部(被害の拡大防止等のために必要と認められる者)の3つがある。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事